海外の子供が日本の通信教育を受講できる?通信教育選びの注意点や選び方を解説

海外の子供が日本の通信教育を受講できる?通信教育選びの注意点や選び方を解説

「日本への帰国が決まったので、日本の学校に合った教育を子供に受けさせたい」
「現地校の授業だけで将来、日本の勉強についていけるか不安」

このように悩んでいる方はいませんか?

海外在住の子供でも日本の通信教育を受講できます。

日本の通信教育を受講すれば、帰国後もスムーズに日本の教育に馴染めるでしょう。

ただし、海外の子供が日本の通信教育を受講するときにはいくつか注意すべきポイントがあります。

本記事では海外の子供が日本の通信教育を受講するときの注意点や教材の選び方を解説しています。

本記事を読めば、子供に合った通信教育を選べるようになりますよ。

海外子女の生徒さん向けのオンライン家庭教師一覧はこちら

海外で日本の通信教育を受けることは可能か?


海外からも日本の通信教育は受講できます

結論から言えば、海外在住のお子様でも日本の通信教育を受講できます。

通信教育であれば、海外でも自分のペースで勉強ができるので、現地校と帰国してから通う学校の両方の勉強に対応できます。

帰国する予定が決まっている方や受験を控えている方は海外在住時も通信教育を利用するのがおすすめです。

海外在住者が受講できる通信教育はいくつかあります。

中でも知名度が高く、おすすめのものは以下の通りです。

  • Z会
  • 進研ゼミ
  • スマイルゼミ
  • スタディサプリ
  • 海外子女教育財団


近年では、オンラインタイプの通信教育の開発も進んでいます。

従来の通信教育のように紙ベースで学習しなくて良いので、海外在住者でも効率よく費用を抑えて通信教育を受講できます。

本記事で紹介した通信教育の中でも、スマイルゼミとスタディサプリは完全オンラインで学習するタイプの通信教育です。

通信環境が整っていて、タブレットなどが用意できるのであれば手軽に通信教育を試せます。

通信教育を受けるときに注意する点


通信教育の注意点


通信教育を受講するときの注意点を確認しましょう。

海外で子供が通信教育を受講する時の注意点は以下の通りです。

  • 受講の目的をはっきりさせる
  • 紙教材とタブレット教材のどちらが良いか決めておく
  • 教材の受取方法をよく確認しておく
  • タブレット学習はメンテナンス時間も考慮する


それぞれ詳しく確認していきましょう。

受講の目的をはっきりさせる


まず海外の子供が通信教育を受講するときは、受講目的をはっきりさせておきましょう。

  • 帰国したときに日本の学校の勉強に遅れないようにしたいのか
  • 入試対策をしたいのか
  • 現地校で勉強に遅れないようにしたいのか


受講目的によって、選ぶべき通信教育が変わってきます。

例えば帰国したときに、日本国内の学校の授業に遅れないようにしたいのであれば、教科書に準拠した内容の通信教育がおすすめです。

紙教材とタブレット教材のどちらが良いか決めておく


タブレットタイプやインターネットを使った通信教育が年々増えてきています。

子供に合うのはどちらか考えておきましょう。

紙教材で学ぶ場合には、海外発送は割高になる点、配達トラブルの可能性を考慮しておく必要があります。

教材の受取方法をよく確認しておく


通信教育の受取方法をよく確認しておきましょう。

紙教材の場合には送料や配達方法を確認しておくのがおすすめです。

海外への発送は配達トラブルや時間がかかることも多いので、どれくらいで届くのか目安を知っておくと、トラブル時の対応もしやすいです。

タブレット教材で専用タブレットを使う場合は、タブレットの発想自体もできるのか確認しておきましょう。

例えばスマイルゼミは専用タブレットを使用して学習しますが、専用タブレットは海外への発送は不可となっています。

タブレット学習はメンテナンス時間も考慮する


タブレット学習やインターネットを使って通信教育を受講するときには、サーバーメンテナンス時間も考慮しておきましょう。

サーバーメンテナンスは一般的に、日本の子供が学習しないであろう時間帯(日本時間深夜など)に行われます。

時差の関係で、海外の子供が勉強したいときにいつもサーバーメンテナンスと被ってしまうなどとならないようにしておきたいですね。

通信教育を選ぶ時のポイント


学力にあった教材を選びましょう

海外の子供が通信教育を選ぶときのポイントを確認しましょう。

  • 帰国のタイミングを予想しておく
  • 子供の学力に合った教材を選ぶ
  • 子供がやる気になる通信教育を選ぶ


それぞれ詳しく確認していきましょう。

帰国のタイミングを予想しておく


まずは、帰国のタイミングをある程度で良いので、予想しておきましょう。

帰国タイミングが予想できると、受験対策はいつどんな内容をしていけばよいか決めやすくなります。

例えば子供が中学生のときに帰国するのであれば、日本国内の中学校の学習に合わせる必要があります。

具体的に中学何年生のタイミングで帰国できるかも予想できれば、帰国子女枠を使って高校受験するのかできないのかもはっきりします。

このように帰国タイミングがわかれば、子供にとって必要な通信教育がわかります。

子供の学力に合った教材を選ぶ


通信教育は様々なレベルの教材があるので、子供のレベルに合った教材を選ぶのがおすすめです。

必要以上にハイレベルな教材をやらせてしまうと、子供のやる気が失われますし、低レベルな問題を解かせていても時間の無駄になってしまいます。

子供がやる気になる通信教育を選ぶ


最後に子供がやる気になってくれる通信教育を選びましょう。

海外に在住している子供は、現地の生活や教育に慣れるだけでも負担に感じています。

それと合わせて帰国後の勉強の支度をするのは大変です。

少しでも子供の負担を減らすために、子供が自分でやりたがる教材を選びましょう。

本格的な指導を受けるなら


海外で本格的な指導をうけるならオンライン家庭教師

海外の子供が現地での教育や帰国後の教育になじむためには、現地の学校に通うだけでなくご家庭でも対策をしておく必要があります。

通信教育は海外在住の子供でも受講できますし、自分のペースで学べるのでおすすめです。

しかし、

  • 帰国の時期や受験の時期が決まっているので本格的な対策をしたい
  • 通信教育では子供が学習してくれないので授業形式で学びたい


このように考えるご家庭も多いのではないでしょうか。

通信教育よりも本格的に学びたい方や授業形式で学習を進めたい方はオンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師であれば、海外在住の子供でも日本国内にいる子供と同じように授業を受けられます。

インターネット環境があれば、授業が受けられるので海外在住の子供でも気軽に受けやすくおすすめです。

オンライン家庭教師マナリンクでは、様々な先生がご家庭や子供のニーズに合った授業を提案しています。

帰国子女向けの授業を行っている先生もいるので、ぜひご検討ください。

海外子女向けに指導を行っているオンライン家庭教師はこちらからお探しいただけます。

まとめ


物理を教える人

海外の子供は、現地の教育に溶け込む必要がありますが、同時に帰国後に日本の学校教育のレベルについていくための準備をしておく必要もあります。

更に帰国のタイミングが受験とタイミングと被る子供の場合は、受験対策も進めておく必要があります。

海外の子供でも受講できる通信教育は多いのでお子様のレベルややる気に合う教材選びをしましょう。

帰国直前のタイミングや入試対策をしっかりしたい場合には通信教育よりも授業形式で学べるオンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師マナリンクであれば、多数の家庭教師が在籍しているのでご家庭や子供のニーズに合った先生の授業を受けられます。