小学生の英語ってどうすればいいの?

小学生の英語ってどうすればいいの?

2020年から学習指導要領が変更になり、小学生の英語教育が必修になりました。新しい学習環境になり、お子さんの英語学習について心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

小学生の英語ってどうすればいいの?


2020年から小学校の英語教育が必修になりました。文部科学省が公開している新学習指導要領によると、3・4年生では「外国語活動」、5・6年生では「教科」として英語を学習するようになりますが、それぞれ目的が異なります。
 
従来5年生からスタートした「外国語活動」が前倒しし、3・4年生の授業に取り入れられます。具体的には実物を使ったクイズや歌、日常的な生活における挨拶や簡単な会話などを通じて「聞く」「話す(意思疎通・発表)」を学び、英語を使う楽しさを体験することが目的です。
 
5・6年生では担任の先生だけでなく、専門の講師を積極的に招待し、3・4年生のときよりも実践的なコミュニケーションスキルを身に付けることを目的に、授業を実施します。
 
例えば、道端で迷子になったときにどのように質問すればいいのか考えたり、日常生活に関するスピーチを聞き取るなどの内容となっています。また「話す」「聞く」だけでなく、「読む」「書く」という学習内容も同時に勉強します。
 
覚えるべき単語数も増え、以前と比較して、目標が高く設定されていることがわかるでしょう。以前からお子さんの英語学習に関心がある方は、「学校の授業だけで大丈夫なのか」「塾などの補助的な学習がなければ、英語が苦手科目にならないか」と不安になる方もいるのではないでしょうか。
 
参考:文部科学省|新学習指導要領|外国語教育

小学校低学年から学校外で英語を学ぶべきなのか?の詳細についてはこちらの記事で解説しております

低学年から学校外で英語を学ぶべき?|オンライン家庭教師マナリンク

小学生向け問題集の紹介


新学習指導要領による小学生の英語学習に不安がある方は、学校以外でも英語の勉強をさせましょう。学校で習ったことを復習するのはもちろんですが、あらかじめ問題集で予習をすることも効果的です。
 
ですが、英語の問題集を購入しようと考えても、書店や通信販売には問題集が大量にあるので、どれを選択すればいいのか悩んでしまいますよね。以下では、小学生向けの英語の問題集を5つ紹介します。

  • 〈改訂版〉マンガ 小学生の英語 はじめてレッスン 


こちらの問題集は、はじめて英語を学習する方に最適です。柔らかいイラストで描かれたマンガ形式となっているので、気軽に勉強できます。
 
「Hello」などの基本的な挨拶から、学校や家など日常的に使う単語やその関連語を収録しています。漢字には全てふりがなが付いているので、3年生になる前からでも勉強できます。
 
2020年からの新学習指導要領に対応したアルファベット表が付属しているなど、一冊持っておくと安心できる入門書です。

〈改訂版〉マンガ 小学生の英語 はじめてレッスン 
 

  • すみっコぐらし学習ドリル 小学校で習う はじめての英単語 くらし編

 
子どもに大人気のすみっコぐらしがところどころに描かれており、子どもが飽きずに勉強できるよう設計されています。単語を覚えるなどの目標を達成したときに貼れる78枚のかわいいシールが付属しているので、モチベーションの向上にも繋がるでしょう。
 
毎日の生活で使う基本単語334語が搭載されており、学校の復習にも最適な一冊です。

すみっコぐらし学習ドリル 小学校で習う はじめての英単語 くらし編
 

  • 小学英語 きれいな発音・書き方ドリル1 アルファベット・フォニックス

 
単語の暗記学習は、学校の教科書や上記の参考書を読むとできますが、単語は覚えて終わりというわけではありません。単語を組み合わせて英語を話す必要があり、良好なコミュニケーションを取るにはきれいな発音を知る必要があります。
 
きれいな発音を文字だけの参考書だけで習得するのは難しいので、CDが搭載されている本書がおすすめです。正しい発音練習だけでなく、英検などの資格試験に対応したリスニング学習もできます。「英語を実践的に練習したい!」という方におすすめです。
 
小学英語 きれいな発音・書き方ドリル1 アルファベット・フォニックス

  • ドラえもん はじめての英語ドリル 1

 
単語を覚えようとするときに、「覚えないとだめだ」と考えてしまうと、英語が嫌いになってしまいます。特に小学生の場合は、「将来(受験)のために頑張る」という認識がしづらく、ついつい好きな方へ流されてしまうこともあります。
 
本書では、イラストと単語がリンクされて自然と記憶に残るような作りになっており、「英語学習が楽しい!」と思ってもらえる教材となっています。子どもに大人気のドラえもんが登場することで、楽しみながら勉強をでき、英語の基礎を身につけることができるでしょう。
 
ドラえもん はじめての英語ドリル 1
 

  • 小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル改訂増補版

 
小学校の授業とは多少離れますが、英検にチャレンジしたいというお子さんに向けた問題集です。日々の学習に目標がないと、だらけてしまうお子さんは多くいます。そこで英検などの資格試験にチャンレンジすることも、モチベーションを維持するためには有効な手段です。
 
スピーキングテスト対策や学習の成果を本番形式で実践することにより、効率的に試験対策ができます。ある程度英語の基礎が身についたお子さんが、初めて英検に挑戦するときにおすすめの一冊です。
 
小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル改訂増補版
 

英語は問題を解かせるだけじゃダメ!


ここまでは5つの問題集を紹介しました。問題を解いて知識を身に付けることは大切ですが、それだけだと少しもったいないです。
 
そもそも、小学生に英語を触れさせるメリットは、英語を耳になれされるためです。若い方ほど、英語を耳に慣れさせることできれいな発音を習得しやすくなります。
 
つまり問題を解いて知識を身に付けさせるだけでなく、簡単な英単語から耳に慣れさせ、発話することが英語学習において大切になります。
 

第二外国語習得論についてご存じですか?


第二外国語習得論という言葉をご存知でしょうか。
 
日本人の第二外国語は日本語以外、ここでは英語という認識で進めます。日本人が英語を習得する場合、「どのように学習したら英語を習得できるのか」ということを科学的、実証的な研究に基づいて探求する学問が第二外国語習得論です。
 

第二外国語を習得するために必要なこと


第二外国語習得研究の第一人者である白井恭弘教授によると、「英語を身につけるためには、子どもたちが日常的に英語に触れられるよう、インプットの機会を増やることが大切である」と話しています。これは問題を解くだけのインプットではなく、好きなアニメの英語版を音声で聞くなど、英語で話している内容を理解することが重要になります。
 
日本語の習得にも英語の習得にも、インプットによる効果は大きいものです。ただし言語能力が10段階で3のときにいきなり8の内容をインプットしても頭に残らないどころか、わからなくなりすぎて英語が嫌いになるので、注意しましょう。基本的には、現在のレベル+1~2の少し高いレベルのインプットをすることが大切です。
 
またインプットだけではなく、アウトプットすることも大切になります。アウトプットすることで、何が理解できていないのかを知ることができ、次のインプットで気をつけるべき点が見えてくるためです。
 
第二外国語習得論に基づいて英語を学習すると、効率よく学ぶことができます。ここで言われていたことをまとめると、ただやみくもに学校の宿題や問題集を解くのではなく、英語で話されているテレビやCDを聞くことで、インプットを行う。そのインプットを親に話す、先生に話すなどしてアウトプットすることが英語を身につける上で重要であるということになります。
 

インプットする上でおすすめの映像


「好きなアニメの英語版が出ていない」などで、インプットする機会が得られないと考えていませんか。実はテレビさえあれば、インプットは可能です。例えばNHKの「えいごであそぼ」は平日の10分、アニメ形式の「プレ基礎英語」など無料でインプットが可能です。

また最近では、YouTubeでもインプットできる映像が多数あります。特にYouTubeKidsは無料で見ることができ、子供向けの内容なので安心して視聴させることができます。(不適切な動画は、自動的にYouTubeから削除されます。)

YouTubeKidsのおすすめチャンネルは「Super JoJo童謡と子供の歌」「SpongeBob SquarePants Official」です。お子さんも知っているアニメを英語で見ることで、英語に対する抵抗感をなくし英語を楽しく感じてくれる効果を期待できます。

また「BBC Earth」「NATIONAL GEOGRAFHIC」の2つのチャンネルは、動物好きのお子さんにおすすめです。好きなものに絡めて英語を入れていくことで、お子さんの英語に対する興味が自然と湧いてくるでしょう。

他にも季節ごとのイベント(クリスマスなど)に合わせた英語の歌や動画を探して、視聴したり一緒に歌ったりするなど、YouTubeKidsは使い方次第で有効に利用できます。

言語として英語を学ばせましょう


英語を習得するためには、インプットとアウトプットが必要になることを紹介しました。しかしインプットは、NHKの番組や問題集のCDなどを利用できても、どれがお子さんにあったレベルなのか分からないこともあります。
 
アウトプットにおいても、一人で音読することはできても、正しい発音が身に付いていなかったり、親に話してみても細かい発音を教えることは難しいです。学校の先生は、生徒が40人ほどいるので、一人に長時間教えることはできず、お子さんがアウトプットする機会がそれほど多くありません。
 
そこで、英語学習をするには、マンツーマンで指導してもらえるオンライン家庭教師がおすすめです。マンツーマンであればお子さんにあったレベルの学習を行い、発音をしっかりとチェックしてもらえ、オンラインなので塾まで送迎する必要もありません。
 
ただマンツーマンでも指導してもらう先生が、英語に精通していないこともあります。オンライン家庭教師のマナリンクであれば、事前に先生の特徴がわかりお子さんにあった先生が指導しますので、安心してください。
 
また学校の復習や資格取得など、お子さんの目的と学力に合わせた学習計画にすることができます。新学習指導要領による英語学習が不安に感じる方は、オンライン家庭教師のマナリンクがサポートしますので、検討してください。
 
オンライン家庭教師のマナリンク|小学生に対応可能なオンライン家庭教師一覧