プロを指名できるオンライン家庭教師

中学受験、塾の授業についていけないと不安を感じたら?

中学受験、塾の授業についていけないと不安を感じたら?

全国では10人に1人、東京では4人に1人が中学受験にチャレンジしているといわれています。
中学受験をする理由は人それぞれですが、地元の公立中学校よりも充実した環境で学べる、中高6年間の一貫教育で大学受験対策ができる、大学付属校であれば大学へも推薦入学で進学できる可能性が高まる、などの理由が挙げられます。
その中学受験に向けて、お子さんたちは塾に通って懸命に勉強していますが、中には塾の授業についていけない、と不安を感じているお子さんも少なからずおられます。
塾の授業についていけなくなったら、中学受験はあきらめなければならないのでしょうか?
そんな不安を抱えているお子さんと保護者の方に、どんな対策があるかをお伝えします。

塾についていけなくなる理由


悩んでいる女性

小学校では常に成績優秀、テストではいつも満点を取っている、というお子さんでも、中学受験に向けて進学塾に入ったとたん、点が取れないことに驚き、不安を感じてしまいます。

その理由の1つめは、進学塾には各小学校から成績のよいお子さんたちが、中学受験のために集まってきているからです。
トップクラスのお子さんが集まるのですから、今までのように常に1番というわけにはいきません。

2つめの理由は、中学受験で扱う問題が小学校の教科書レベルとは全く違い、かなり難しいからです。
基本ができれば解けていた小学校のテストとはレベルが全く違う、「受験生を振るい落とすため」の難問に向かっていくお子さんは、このレベルに慣れるまで塾の授業に戸惑ってしまいます。

そして最も重要な3つ目の理由は、塾の授業ペースが非常に速いからです。
多くの塾では、6年生の1学期ごろまでにすべての単元を一通り終了させ、夏休みからは応用練習に入ります。
10月になると模試も増えてきます。

また、志望校の過去問を数年分さかのぼって解くことで出題傾向に慣れさせ、同時に苦手分野の分析と克服をしていきます。
塾では受験までのスケジュールに沿って授業を効率よく進めていくこと、お子さんたちの得点を上げるテクニックを伝授することが重要です。

しかし、お子さんたちの理解度は一律ではありません。
授業の内容をすぐに飲み込み問題を楽しんで解いていくお子さんと、
ゆっくりと基本を理解してから少しずつ問題を進めていくほうが向いているお子さんとを、同時に指導していかざるを得ないのが塾の授業です。
ゆっくりペースのお子さんにとっては、ふと気がついたら授業についていけなくなっていた、ということが起きてしまいます。
 

子どもが中学受験に前向きではない場合


授業中

そもそも中学受験をすることは、お子さんの意思でしょうか?
大人が受験しろというから塾に行って勉強している、というお子さんはなかなか勉強のモチベーションが上がらないものです。
この年齢のお子さんは、体も心も伸び盛り、遊びたい盛りにあります。

勉強以外に気になることがたくさんあるので、勉強への意欲を継続できるほうが不思議だといってもいいのです。
お子さんがこのような状態にあるときには、勉強以外にやりたいこと(スポーツやゲーム、趣味など)のための時間もとるようにしてみましょう。
また、お子さんが中学受験の意義を十分に理解されていない場合もあります。

受験へのモチベーションが上がるような経験(オープンスクールに参加する、志望校に実際に通っている中学生の話を聞くなど)をさせるのもよいでしょう。
意義がわかると、勉強への取り組み方が変わってきます。

塾についていけない場合の対策方法


塾についていけない時の対策

クラスを変える


多くの進学塾では、成績や志望校によっていくつかのクラスに分かれています。
今のクラスの進度についていけないのであれば、お子さんのペースに合わせたクラスに変えるのも一つの方法です。

転塾する


難関校向けの塾か、中堅校に特化した塾かによって、授業の難易度やペースが異なってきます。
お子さんの志望校に適した塾に変えることで、授業が理解しやすくなることもあります。

個別指導塾や家庭教師に切り替える


集団指導よりも、自分のペースでじっくりと勉強するほうが向いているお子さんもおられます。
その場合は集団指導塾から、個別指導に切り替えるのもよいかもしれません。
お子さんのペースに合わせながら、また苦手な部分を基礎からゆっくりと理解しながらの勉強によって、少しずつ確実につけた力が最終的に実を結ぶ場合もあります。

塾と家庭教師を併用する


塾にはそのまま通いながら個別指導塾や家庭教師を併用して、塾の授業でわからないところのフォローをしていくという方法もあります。
集団指導の塾では「わからない」ところを教師に徹底的に質問し「わかる」にしていく機会はあまりありません。

家庭教師なら、お子さんがどこでつまずいているのか、どこがクリアできれば「わかる」に変えられるのか、じっくりと絡まった糸をほぐすように指導することが可能です。
「わかる」がひとつずつ増えていくと、お子さんは自信を持てるようになります。
自信がついたお子さんは、塾でも楽しんで授業に参加できるようになるでしょう。

家庭教師の併用をお考えの場合、オススメは「オンライン家庭教師」の利用です。
お子さんも保護者も通塾や宿題、送り迎えなどに忙しい中、移動の時間も家庭教師を自宅に迎える準備も不要なオンライン家庭教師は、大切な時間を1秒も無駄にしません。
オンライン家庭教師のマナリンクには「塾のわからないを解決、算数フォローコース(中学受験)」のように、塾のフォローを専門に行うコースも用意されています。

「オンライン家庭教師」なら自分のペースで受験合格を目指せる!


オンライン家庭教師のメリットは、時間を有効活用できることのほかに、実力のある家庭教師を全国から探せること、お子さんの苦手な科目や苦手な単元だけに絞ってフォローできることなどが挙げられます。
お子さんのペースに合わせた指導で苦手なところの克服をお手伝いする、オンライン家庭教師を紹介しましょう。

受験国語の記述力アップなら!北島オンライン家庭教師


北島 オンライン家庭教師
北島
オンライン家庭教師
自己紹介
私は長年、塾講師や家庭教師、学習アドバイザーとして様々な生徒さんを指導してきました。正しいやり方を続けていけば、必ず力は付いていきますので、一緒に頑張っていきましょう。
学歴
上智大学外国語学部ロシア語学科 卒
プロフィールを見る



国語で差をつけるためには、記述式でどれだけ得点できるかが勝負です!
記述力アップのためのテクニックを習得しましょう。
塾ではなかなかすべては対応しにくい、志望校の過去問対策もOKです。

勉強が苦手な方からハイレベルを目指す方まで!めぐみオンライン家庭教師


めぐみ オンライン家庭教師
めぐみ
オンライン家庭教師
自己紹介
こんにちは。 めぐみと申します。 勉強を通じて生徒さんに自信をつけてもらい、少しでも勉強を前向きにとらえてもらえたら、というのが願いです。
生徒様の声
・思いつきそうだったら生徒のペースにあわせて待ってくれるのでやりやすい・穏やかで話しやすい雰囲気で生徒も落ち着いて受けられている
プロフィールを見る



習い事や塾で忙しい方のための、1回45分のコースも新設。
勉強が苦手な方にも、もっと先へ進みたい方にも、効率よく勉強を進められるよう、しっかりとフォローします。

まとめ


塾の授業についていけない場合、そのままわからない授業に出続けるのはお子さんにとってもつらく不安なものです。
塾でわからないところを「わかる」に変え、お子さんの不安を自信に変えるために、オンライン家庭教師をご検討ください。