【後悔しないために】インターナショナルスクールに通うことを検討しているあなたへ

【後悔しないために】インターナショナルスクールに通うことを検討しているあなたへ

海外赴任や移住で子供をどの学校に通わせるのか悩んだり、日本に住んでいるけれどインターナショナルスクールに通わせたいといった方はこの記事を読むとインターナショナルスクールの良いところ・悪いところがわかります。


近年は「グローバル化」ということが盛んに叫ばれていることもあり、英語の重要性が認識されています。そのため、お子さんに「小さいころから英語を学ばせよう」と、公立の教育機関ではなく、インターナショナルスクールに通わせてようと考える家庭も多くなってきています。しかし、インターナショナルスクールは、日本の学校教育法で認められている教育施設ではないことが多いため、進学などで様々な問題を抱えるようになる可能性があります。この記事では、インターナショナルスクールについて、お子さんを通わせる場合に認識しておくべき事柄や海外赴任が決まった場合のお子さんの教育についての選択肢などを中心に紹介していきます。

インターナショナルスクールに通うことを検討しているあなたへ


ご主人あるいは奥さんの海外赴任などの関係や、お子さんに小さいときから英語教育をしたいなどの目的でインターナショナルスクールに通わせることを検討される場合、まずはインターナショナルスクールについて知っておく必要があります。
日本人の子供のみを対象としている現地の日本人学校と異なり、インターナショナルスクールは、あくまでもその国に在住しているすべての外国人の子弟を対象としています。そのため、授業は基本的にすべて英語です。また、生徒の国籍も様々で、世界中から生徒が集まっています。授業内容は、それぞれの学校に決定権がありますので、学校によって独自の授業があったりします。通わせるメリットとしては、小さいころから多様な文化に触れることができたり、英語で授業をするため英語が得意になりやすいなどがあげられます。デメリットとしては、日本の学校教育法で認められているインターナショナルスクールは数が少ないため、将来的に日本の学校に進学したい場合に高校卒業程度認定試験を受けなければならないことが多いことや、学費の補助があるケースは少なく、教育費が高額になる、日本語の読み書きが苦手になってしまうケースがあるなどがあげられます。

海外転勤でインターナショナルスクールを検討されている方


海外赴任をされる方にとって、お子さんの教育をどうするかということは大きな問題です。
海外赴任の場合、選択肢としては4つあります。

  1. お子さんは日本の両親などにあずかってもらう、あるいは単身赴任をして両親のうち片方が日本に残ってお子さんの面倒をみて日本の学校で教育を受けさせるというものです。短期の赴任の場合はこのケースも多いです。
  2. 海外に家族全員で赴任し、日本人学校に通わせるというものです。この場合は海外赴任が数年単位での長期にわたるケースに多いです。
  3. 現地のインターナショナルスクールに通わせるというものです。この場合、赴任が長期になるため、一家で海外に赴任する方や、長期赴任中に現地で出産することになった方などに多いです。
  4. 現地の学校制度に基づく学校に通わせるというものです。この場合は、赴任がとても長期にわたる方や、現地に定住する方が多いです。


どのご家庭でも、これらの選択肢のうち、どれを選ぶかということは非常に悩むことです。インターナショナルスクールに通わせることを考えるご家庭も多いです。
以下の項では、どの選択肢を選ぶのがよいのかを考える目安などについて紹介します。
 

現地での選択肢は3つある


家族全員で海外赴任する場合に限ると、選択肢は3つあります。

  1. 現地の日本人学校に通わせる。
  2. 現地のインターナショナルスクールに通わせる。
  3. 現地の学校制度に基づいた学校に通わせる。


というものです。どの選択肢にも、もちろんメリットとデメリットがあります。


お子さんの学年に応じた選択が大事


現地でお子さんをどの学校に通わせるかは、お子さんの年齢(年齢によっては日本語と英語どちらもできなくなってしまいます)と、海外赴任がどのくらいの期間になりそうなのか(1-2年くらいまでなのか、もっと長期にわたりそうなのか)、帰国後に日本の学校に通わせる予定があるのかどうかなどが指標になります。以下では、どの場合にどの選択肢をとるのがよいのか紹介します。

現地校に通う

 
この選択肢をとる場合は、海外赴任が長期にわたり、かつ、日本に帰国してから日本の学校に通わせる予定がない場合(帰国する頃にはお子さんが学校を卒業しているなど)がよいです。現地校に通わせる場合、お子さんが現地の言葉や英語に接する時間が長く、現地の文化に触れる機会が多くなることやインターナショナルスクールに通う場合より学費が安い、地域によっては高水準の教育を受けることができるなどのメリットがある反面、地域によっては治安が悪い、日本語を覚えにくくなるなどのデメリットがあります。特に、日本語を覚えにくくなるという可能性があることは、短期で日本に帰国した後、日本の学校に進学した場合に文化や勉強の両面で嫌な思いをすることになりかねません。
 

日本人学校に通う


この選択肢は、海外赴任が数年と短期だったり、日本に帰国した後で、お子さんを日本の学校に進学させる予定のある場合に最適です。文部科学省から学校教育法における教育施設に認定されていますので、日本の学校のカリキュラムに沿った教育を受けさせることができます。そのため、お子さんが帰国後に日本の学校に編入しても勉強についていきやすくなります。また、日本語での教育が行われるため、日本語も覚えることができ、日本に帰国してから、お子さんが日本の学校に進学した場合でも言葉がわかりにくいというハンデを抱えずにすみます。学費もインターナショナルスクールに通う場合よりは安く済むことが多いです。ただ、地域によっては、そもそも日本人学校がない場合や、中学部まではあっても高等部がないという場合もありますので、そこは要注意です。
 

インターナショナルスクールに通う


この選択肢は、海外赴任の期間が少し長めで、お子さんに小さいときから英語や多様な文化に触れさせたいという場合によいです。どちらかというと教育熱心な家庭で通わせることが多いです。インターナショナルスクールには、世界中から様々な国籍のお子さんが通っていますので、小さいころから多様な文化に触れることができます。また、授業は基本的に英語ですので、英語を覚えるのも早いです。ただ、インターナショナルスクールは、日本の学校教育法における教育施設に認定されていませんので、将来お子さんが日本の学校に進学する場合には、高卒程度認定試験などを受験したりする必要があります(ほかにも方法がありますが、後ほど紹介します)。
 

現地の大学に進学する


お子さんが現地に定住して就職も現地でしたいという場合にはこの選択肢がよいです。現地の大学に進学することは、なんといっても現地での就職には有利になります。ただ、就職活動の時になって「やはり日本で就職したい」となったときに、日本の企業では海外の大学を卒業した方向けは国際部門などの英語を活かせる部門での求人が多いのと、大学の卒業時期が日本は春なのに対して多くの国では秋なので、選択肢が狭まることになります。

日本でインターナショナルスクールを検討されている方


日本にも、もちろんインターナショナルスクールはありますし、お子さんを実際に通わせている方もいます。

日本のインターナショナルスクールの例としては、愛知県名古屋市にあり、アメリカ西部地域私立学校協会(WASC)と国際バカロレア機構(IBO)の正式な認可を受けている名古屋国際学園(名古屋インターナショナルスクール)や、大阪府箕面市のあり、同じくWASCとIBOの正式な認可を受けている西学院千里国際中等部・高等部(インターナショナルスクール)などがあります。これらの正式な認可を受けている学校では、英語圏の大学への進学は問題なくできます。

いつからインターナショナルスクールに通うのか


一般的にインターナショナルスクールに通うのは学費が高くなります。一般的なインターナショナルスクールの学費は平均で約200万円/年です。もっとも地域によっても多少の差がありますが、かなり高額になります。私立小学校で学費が高いほうの学校で100万円/年くらいですから、お子さんをずっとインターナショナルスクールに通わせるとなると相当な金額になることを覚悟するべきです。

プリスクールから通う場合


令和元年から幼児教育の無償化の対象にインターナショナルスクールの幼稚部も加えられました。そのため、幼児教育を行うインターナショナルスクールの開校が相次いでいます。ただし、学費は150-200万円/年とかなり高額です。幼児教育無償化の対象となったことで45万円/年の補助がでるものの、105-155万円/年の出費を覚悟する必要があります。

小学校・中学校から通う場合


日本では、小学校と中学校は義務教育です。そのためこの期間は、お子さんを日本の学校教育法における教育施設の条件を満たしている学校に通わせる義務があります。
学校教育法の第一条に「この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする」という条項があり、多くのインターナショナルスクールは、日本の学校のカリキュラムに沿った教育をしていないため各種学校の扱いになり、日本の学校教育法における教育施設とは認められていません。
そのため、小学校・中学校からインターナショナルに通わせることは教育義務違反となってしまいます。実際には地域の公立小学校や中学校を長期欠席していることになっていることが多いですが、このようなリスクを考える必要があります。
 

高校から通う場合


高校からインターナショナルスクールに通わせるのであれば、大学は海外の大学への視野に入れている場合がよいです。特に、WASCとIBOの正式な認可を受けている学校を選べば、英語圏への大学受験は問題なくできます。
 

注意!インターナショナルスクールに通うと進学できない?


日本のインターナショナルスクールのほとんどは学校教育法第一条で認定された教育施設ではありません。そのため、日本の大学を受験しようとしたときには、高卒程度認定試験を受けるなどの準備が必要です。ほかには、WASCとIBOの正式な認可を受けている学校に通って国際バカロレアを受験し合格するという方法などもあります。日本の学校教育法第一条で認定されているインターナショナルスクール一覧は文部科学省のホームページからご覧いただけます。
文部科学省|高等学校相当として指定した外国人学校一覧(令和2年9月30日現在)

大学などの進路について

 
インターナショナルスクールに通った場合、卒業時期が9月と日本の学校とは異なります。そのため、半年のブランクが生じるなど注意が必要です。もっとも、最近は、秋入学を取り入れている大学もありますので、そのようなところを探すのも一つの手です。あるいは、WASCとIBOの正式な認可を受けている学校に通って国際バカロレアを受験し合格したならば、海外の大学を受験して進学するという選択肢もあります。

日本の大学に進学する場合


日本の大学への進学を考えている場合は、まず、通おうとしているインターナショナルスクールが学校教育法第一条の教育施設に認定されているかどうかを確認する必要があります。認定されていなかった場合は、高卒程度認定試験を受験して合格するか、WASCとIBOの正式な認可を受けている学校であれば、国際バカロレアを受験して合格する必要があります。

海外の大学に進学する場合


海外の大学(特に英語圏)への進学を考えているのであれば、WASCとIBOの正式な認可を受けている学校に通って、国際バカロレアを受験して合格することで問題なく受験することができます。
 

まとめ


ここまでインターナショナルスクールについていろいろと紹介してきました。海外赴任することになった場合のお子さんの学校で選択肢の一つになるインターナショナルスクールですが、将来日本の学校に進学する可能性があるのかどうかや肝心のお子さんがどう考えているのかが大きな基準になります。なお、日本でもインターナショナルスクールに通うことはできますが、将来の選択肢が狭まってしまう可能性を頭に入れておく必要があります。