英語の共通テスト対策【リスニング・リーディングそれぞれのおすすめ勉強法を解説】

英語の共通テスト対策【リスニング・リーディングそれぞれのおすすめ勉強法を解説】

「センター試験から共通テストになって、どんな勉強をすればいいかわからない」
「受験勉強を何から始めていいかわからない」

本記事ではこのように悩んでいる方に向けて、英語の共通テストの対策方法を紹介しています。

センター試験は2020年に廃止され、2021年よりは共通テストが行われます。

受験生にとっては、試験問題がどのように変わるのか、それに合わせてどんな受験勉強をすればいいのか不安ですよね。

本記事では共通テストとセンター試験では何が違うのか、受験生はどんな対策をしていけば紹介していきます。

本記事を読めば、英語の共通テスト対策で何をやれば良いかわかり、受験勉強を効率よく進められますよ。

共通テストになって何が変わった?


カフェで勉強する人

まずは今までのセンター試験と、2021年から始まる共通テストの違いを確認していきましょう。

  • 配点が変わる
  • アクセント問題がなくなる
  • 英語外部試験導入は延期
  • 思考力が必要になる問題が出題される


それぞれ詳しく解説していきますね。

配点が変わる


英語の場合はセンター試験と共通テストで配点が大きく異なります。

  • リーディングの配点が100点分減る
  • リスニングが100点になる


リーディングとリスニングの配点が同じになるので、これまで以上にリスニング対策が重要になります。

またリスニングはセンター試験と異なり、2回読みではなく1回しかテキストが読まれなくなります。

ただし大学によっては、リーディングとリスニングの点数の取り扱いを独自に決めている場合もあるので、受験する大学の入試制度を確認するのも重要です。

アクセント問題がなくなる


英語に関していうと、リスニングの配点や試験方式が変わったので、アクセント問題自体が出題されなくなる可能性が高いです。

なので共通テストを受験する方は、アクセント問題対策に使う時間をリスニング対策に使うのがおすすめです。

英語外部試験導入は延期


センター試験から共通テストに変更になる際に、英語は外部試験を導入すると話題になっていました。

しかし結論からいうと外部試験の導入は2024年からに延期になりました。

なので2024年までに共通テストを受ける受験生は、外部試験対策はしなくてもすみます。

思考力が必要になる問題が出題される


英語だけでなく全ての科目でいえることですが、センター試験から共通試験へと変更になって、思考力が必要になる問題が出題されます。

単純に知識だけたくさん持っていれば、点数を取れる形式の試験ではなくなるので、様々な問題を解き思考力を養う必要があるでしょう。

英語のリスニング対策は必須!


リスニング対策のオススメ

続いて、共通テストのリスニング対策方法を確認していきましょう。

共通テストになってから、英語の試験の中でリスニングの比重が高まります。

英語の共通テスト対策は、リスニングを重視して行いましょう。

具体的には、以下の3点を意識してリスニング対策を行っていくのがおすすめです。

  • 音読を勉強に取り入れる
  • リスニング問題にたくさん触れて集中力と先読み力を養う
  • 文法などリスニングと直接結びつかない勉強も手を抜かない


それぞれ詳しく解説していきますね。

音読を勉強に取り入れる


リスニング対策というと、英語をたくさん聴けば良いと考える学生は多いですが、実際は英語を聴く練習よりも自分で音読をするのが効果的です。

自分で英文を読みながら意味を理解できるように、音読をしてみてください。

意味を理解しながら読むと、文全体のアクセントや単語の区切り方などを意識できます。

リスニング問題にたくさん触れて集中力と先読み力を養う


音読練習だけではなく、可能であればリスニング問題にたくさん触れて集中力と先読み力を養いましょう。

リスニング試験は慣れが重要になってきます。

特に共通テストになってからは、リスニングの試験問題は1回しか読まれなくなるので集中力が重要です。

文法などリスニングと直接結びつかない勉強も手を抜かない


文法や単語などリスニングと直接結びつかない英語の勉強も、リスニングには役立ちます。

リスニングで聞き取った英語だけで問題を解くのではなく、文法や単語力など自分の持つ英語の知識全てで問題を解く練習をしていきましょう。

オンライン家庭教師マナリンクの山田先生や高木恵子先生なら、英語の指導経験も豊富で幅広い知識を学べます。

リーディング対策ならこの勉強法


丘の上で本を読む人

続いて共通テストのリーディング対策を確認していきましょう。

従来の英語の受験勉強に加えて、以下の2点を重視してみてください。

  • 単語の勉強に力を入れて語彙力を増やす
  • 問題をたくさん解いて言い換え表現を身につける


それぞれ詳しく解説していきますね。

単語の勉強に力を入れて語彙力を増やす


センター試験から共通テストに変更されて、試験に出題される単語数が増えたというデータもあります。

そのためこれまで以上に、単語の勉強に力をいれた方が良いでしょう。

単語の勉強といっても難しく考えすぎる必要はありません。

受験するレベルに合った単語帳を用意して、1冊を完璧に学習していきましょう。

問題をたくさん解いて言い換え表現を身につける


リーディングでは、本文の言い換え問題がよく出題されます。

問題をたくさん解いて、言い換え表現のパターンに慣れておくのが重要です。

オンライン家庭教師マナリンクの山田先生は英語科教員免許も持っている家庭教師なので、問題を解く中で様々な補足知識を生徒に教えてくれます。

若田部先生はカウンセラーとしての知識をいかして、生徒一人ひとりに合った授業を提案してくれます。

英語の共通テスト対策ならオンライン家庭教師がオススメ!


従来のセンター試験から共通テストに変更になって、不安を抱えている受験生も多いと思います。

試験方法が変わり、どんな受験勉強をしたらいいかわからない学生も多いのではないでしょうか。

「共通テスト対策として、どんな勉強をすればいいかわからない」
「共通テスト対策を含めた受験勉強のスケジュールを知りたい」

このように考えている方は、オンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師であれば、インターネット環境を通じてマンツーマンで授業を行うので、生徒一人ひとりに合った指導をしてくれます。

オンライン家庭教師マナリンクに在籍している家庭教師は、プロの家庭教師ばかりで指導経験も豊富です。

そのため共通テストに関する知識も豊富で、共通テスト対策もしっかりとしてくれます。

本記事ではオンライン家庭教師マナリンクに在籍している家庭教師の中で、英語の共通テスト対策におすすめの先生を3名紹介していきます。

  • 山田先生
  • 高木恵子先生
  • 若田部先生


山田 オンライン家庭教師


 
  
   山田 オンライン家庭教師  
  
   
山田
   
オンライン家庭教師
  
 
 
  
   
自己紹介
   
はじめまして、山田と申します。 目標や夢を見つけるお手伝いを、そしてそれを叶えるお手伝いを一緒させてもらえたら幸いです。パソコンの向こう側でお待ちしております。
  
  
   
合格実績
   
横浜国立大学 慶応義塾大学 早稲田大学他多数
  
 
   プロフィールを見る  



山田先生は指導歴20年のベテランの家庭教師です。

本業では作曲家として活動されています。

英語科教員免許も取得している家庭教師なので、英語を中心とした幅広い科目の指導が可能です。

模試などの志望校判定でD・Eの子も、合格させた実績を山田先生は持つので、目標に向かって挑戦したい生徒にぴったりの先生です。

高木恵子 オンライン家庭教師


 
  
   高木 恵子 オンライン家庭教師  
  
   
高木 恵子
   
オンライン家庭教師
  
 
 
  
   
自己紹介
   
はじまして。高木恵子と申します。 札幌近郊ののどかな町で家庭教師をしながら留学生のお世話、古民家再生などをしております。
  
  
   
学歴
   
北海道教育大学札幌校教育学部日本語教師養成過程修了
  
 
   プロフィールを見る  



高木恵子先生は、英語に特化したオンライン家庭教師です。

札幌近郊で家庭教師をするかたわらで、留学生のお世話や古民家再生にも力をいれています。

高校生向けには学校授業フォロー、定期テスト対策、大学受験対策や英検準2級、2級、準1級対策、TOEIC対策まで幅広いレベルの指導に対応しています。

若田部 オンライン家庭教師


 
  
   若田部 オンライン家庭教師  
  
   
若田部
   
オンライン家庭教師
  
 
 
  
   
自己紹介
   
「科目の専門性」×「学習理論」×「モチベーション」=「なりたい自分へ」
はじめまして!若田部と申します! 「なりたい自分になろう!」がモットーです。なりたい自分になるために必要なサポートを、勉強を通じて、ご提供したい!と思っております。
  
  
   
合格実績
   
早稲田大学、慶應大学、上智大学、学習院大学
※一部抜粋
  
 
   プロフィールを見る  



若田部先生は家庭教師だけでなく、地元である栃木でカウンセラー・コーチ・セラピストとしても活動されている先生です。

カウンセラー・コーチ・セラピストの経験をいかして、生徒一人ひとりに寄り添った授業を得意としています。

「どんな方法で勉強していいかわからない」「自分の苦手の原因がわからない」こんなお悩みを抱えている生徒にぴったりの先生です。

まとめ


センター試験から共通テストに変わり、受験生は今までと違った受験勉強の進め方をしていく必要があります。

英語に関して言えば、今まで以上にリスニング対策に力をいれる必要があるでしょう。

しかしリスニング対策に力を入れるからといって、英語を聞く勉強だけをしていればよいわけではありません。

読む、書く、聴く、話すの英語の4技能をバランスよく鍛えていけば、共通テストの得点力も身につけることが可能です。

勉強方法に不安があるならば、オンライン家庭教師を利用してあなたに合った受験勉強のアドバイスをしてもらうのもおすすめです。

オンライン家庭教師には指導経験豊富な家庭教師が多数在籍しているので、あなたに合った受験勉強法を提案してくれますよ。