はじめての共通テスト、数学の対策はどのように行うべき?

はじめての共通テスト、数学の対策はどのように行うべき?

2021年度入試から、いよいよ「大学入試共通テスト」(以下、共通テスト)が始まります。
何度もの見直しを経て、ようやく方針が決定したことに胸をなでおろしている受験生の皆さんも多いことでしょう。
共通テストの数学ⅠAに関しては、当初考えられていた記述式問題の導入こそ見送られましたが、試験時間は従来よりも10分長くなって70分に、そして共通テストの最大のねらいである「思考力・判断力・表現力」を盛り込んだ内容へと変わります。

数学ⅡBについては、これまで通り試験時間は60分です。
では、これから共通テストの数学対策をしようと考えている方に向けて、出題傾向や勉強法について紹介していきましょう。

共通テストの数学の出題傾向


テスト中の様子

これまでのセンター試験では、「公式や知識を使って正解を導き出すことができるか」が問われていました。
しかし、共通テストでは公式や知識の活用に加えて、「日常生活や社会の問題を数学的にとらえることができるかどうか」についても問われます。
平成29年度と30年度の試行調査(プレテスト)の問題で、センター試験とは大きく異なるものとして注目されるのが「会話文形式」「身の回りのものと関係させた形式」です。

たとえば、三角比と身近な階段の傾斜角度とをからめた問題や、正弦定理の公式を証明する穴埋め問題などが出題されています。
とくに、2人の対話を通して問題について考察を進めていくタイプの出題では、
長い問題を素早く読み、内容を理解したうえでその中から回答に必要なことが書いてある箇所を読み取って、解答への道筋を考える必要が出てきます。

解法の丸暗記ではなく、公式や定理をその過程までしっかりと理解しておくこと、読解力、論理的思考力などあらゆる力と、知識をすべて使って解くことが重要です。
問題文量の多さに対して試験時間は短めなので、問題文を速く正確に理解することを意識しておきましょう。

センターの過去問を使った対策は可能?


机の上にあるペンとノート

共通テストは2021年度にはじめて実施されますので、過去問は当然まだありません。
とはいえ、解答の数値や選択肢をマークして答える、マーク式の試験であることはセンター試験と変わりませんし、
教科書の範囲から出題されていることも変わりません。

センター試験と同様の計算問題や、正しいものを選択する問題が出ることも予想されます。
共通テストに向けてセンター試験の過去問はしっかりと解いておきましょう
問題の全体を把握し、時間配分を考えながら解答の道筋を立てていくためには、センター試験の過去問が非常に有用です。

数学の勉強法はこれがオススメ


出題傾向が変わったといっても、出題される内容は変わりません。
目先の変化に惑わされず、まずは確かな数学力を身につけましょう。
基本的な計算が速く正確にできるようにしておくこと、公式や定理が導かれる過程までを含めて深く理解しておくことが第一です。
これまで通り、教科書内容の理解を徹底し、問題演習を繰り返します。
記述式がなくなったからといって、解答の道筋を自分で立てて考えることが不要になったわけではありません。
二次試験で通用するレベルの高い数学力がある人ほど、共通テストでも得点が取れるのは当然のことです。

2021年度のはじめての共通テストを受験する方は、とくに公式や定理の証明の過程を復習すること、また、ひとつの問題に対して別の解答ができないかを考えるようにしておくことが得点につながるでしょう。
共通テストの全容がまだはっきりとわからないのはあなただけの不安ではなく、受験生全員の不安です。
皆が同じ状態ですから、焦らず落ち着いて対策を進めましょう。

来年度以降の受験者なら、今はしっかりと基礎力を蓄えておくときです。
教科書や基本問題集を疎かにせず、数学力の土台を築いておきましょう。
また、数学は積み上げの必要な科目ですので、苦手分野がある場合には早いうちに克服しておくことが重要です。

共通テストの対策問題を解き始めるのはいつからがベスト?


秋になったら、過去問や予測問題を解くべき

共通テストの出題傾向に慣れておくための方法のひとつに、「模試」があります。
高3以前から年に数回のペースで模試を受けておくことで、問題量や時間配分、出題傾向などを知ることができます。
高3の秋までは、この模試をベースとした対策で十分です。
まずは共通テストの新しい問題形式ばかりに気を取られず、基礎力の充実に努めましょう。

高3の夏ごろまでは、慌てずにしっかりと基礎を身につけることに集中することが合格への近道です。
秋になったら、センター試験の過去問や共通テストの予想問題集などを使って、応用練習をはじめます。
遅くとも11月下旬ぐらいには対策問題に取り掛かりましょう。
共通テストの出題傾向に慣れること、どのように思考して解答に導いていくかの訓練をしておくことがこの時期からの課題です。

共通テストの数学対策ならオンライン家庭教師がオススメ


共通テストは「思考力・判断力・表現力」を問われる新しいタイプのテストなので、不安や戸惑いを感じている方も少なくないでしょう。
もし、ひとりで学習をするのに限界を感じるなら、オンライン家庭教師に相談してみませんか。
インフルエンザをはじめ、風邪やそのほかの病気にかかるリスクを極力避けたい受験直前の受験生には、通塾も自宅に訪問する家庭教師さえも脅威ですが、インターネットを介して指導してくれるオンライン家庭教師なら、感染不安を感じる必要はありません。
あなたに合わせた学習計画を立て、あなたの不安に寄り添って指導してくれるオンライン家庭教師とともに、共通テストの対策を進めていきましょう。

オンライン家庭教師のマナリンクなら、豊富な合格実績を誇る実力講師が見つかります。

共通テスト対策をサポート可能な先生はこちら

まとめ


当初の予定から複数回にわたって変更が加えられ、いよいよ本番を迎えるはじめての共通テストに対し、誰もが不安を持っています。
しかし、基礎的な数学力を十分につけ、じっくりと対策問題に取り組んで落ち着いて解答できる準備を進めておけば、焦ることなく共通テストに望めます。
不安な気持ちがあれば、オンライン家庭教師に相談してみましょう。
やれるだけの準備をしたという安心感こそが、試験日のあなたの力になるでしょう。