低学年から学校外で英語を学ぶべき?

低学年から学校外で英語を学ぶべき?

新小学校学習指導要領が2020年からスタートし、「外国語活動」という名称で「教科」ではなかった英語が、国語などと同じように「外国語」という正式な「教科」になりました。


低学年から学校外で英語を学ぶべき?

新小学校指導要綱が開始された影響で、2020年度から、小学校でも3・4年生で英語教育の準備、5・6年生で本格的な英語教育がはじまりました。また、世界がグローバル化へ動き出していく中で、英語教育の必要性は、今後ますます高まっていくと考えられます。「外国語教育は、早いほうが覚えやすい」とされていることから、お子さんが小さいころから英語に慣れ親しんだほうがよいのではないかと考えているご家庭も少なくありません。
一方で、「あまりに早い時期から英語教育を始めてしまうと、日本語を覚えなくなる」という意見もあり、お子さんにいつごろから学校外でも英語教育を受けさせたらよいか悩んでいるご家庭も多いです。
この記事では、小学校低学年から学校外でも英語教育を受けさせている家庭の割合や、学校外での英語教育にはどのような方法がよいのかなどについて紹介していきます。
 

英語学習をはじめる時期が早まってきている

 
前述のように、2020年度からの新小学校学習要綱の開始に伴い、英語学習の開始時期が小学校5年生からに引き上げられ、準備時期も小学校3年生からになりました。また、そのため、小学校でも英語の授業が必修とされるように改訂されています。これまでも、小学校の5年生より、英語に慣れるための授業はあったのですが、新小学校学習指導要綱の開始で、国語などのように正式な授業科目となり、必修化されました。このように、英語学習の開始時期が、中学校から小学校へと早まってきています。
この改定により、小さいころから英語に慣れ親しむことで英語でのコミュニケーションがスムーズにできるようになって、世界のグローバル化に対応できる人材が育つことや、中学校での英語の授業についていきやすくなるなどのメリットが期待されています。
 

旧小学校学習指導要綱

 
これまでの旧小学校学習指導要綱では、小学校の3・4年生から、主に英語による外国語活動という授業が行われていました。これは、地域によっては、小学校1年生から行われる場合もありました。小学校5・6年生になると、週に1コマ、年に35コマの割合で外国語活動という時間があり、英語の授業が行われていました。
しかし、旧小学校学習指導要綱では、英語の授業は、「外国語活動」といい、国語などとは異なり、正式には「教科」の扱いではありませんでした。
 

新小学校学習指導要綱

 
2020年度から始まった、新小学校学習指導要綱では、それまでは「外国語活動」という名称で「教科」ではなかった英語が、国語などと同じように「外国語」という正式な「教科」になりました。
そのことで、小学校3・4年生で週1コマ、年に35コマの外国語活動の授業が、小学校5・6年生で週2コマ、年に70コマの教科としての「外国語」の授業が行われることになりました。
そも結果、高学年になると家庭科や音楽の授業数よりも英語の授業数のほうが多くなります。これは保護者様からしたらなかなか衝撃的なことではないでしょうか。

新学習指導要領はこちらからご確認いただけます。
新学習指導要領について|文部科学省

この小学校指導要綱改定で重要視されることとしては、まずは「聞く」「話す」があげられます。そのことによって、英語への抵抗感をなくし、中学校での英語の授業についていきやすくするという目的があります。また、中学校での「読む」「書く」が中心の英語の授業とのギャップを子供たちが感じないよう、「読む」「書く」の授業も行われます。
また、この改定は、大学入試の英語が、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を取り入れた形に変わるのも視野にいれたものとなっています。
 

2020年から小学校で英語が必修に

 
前述したように、2020年度より始まった、新小学校学習指導要綱から英語学習が必修化されました。小学校の3・4年生から英語になじむための「外国語活動」という科目がはじまって、小学校5・6年生で、正式な「外国語」という教科が始まります。これは、2019年度まで小学校5・6年生で行われていた「外国語活動」が小学校3・4年生からに繰り下げて行われるようになり、中学校から行われていた、正式な「教科」としての英語学習が小学校5・6年生からに繰り下げて行われるようになったということです。このことによって、より小さいころから英語に親しむことができるようになり、現在世界中で進んでいる、様々な分野でのグローバル化の動きに対応できる人材が育つことが期待されます。
 

具体的にどうなったの?

 
この項では、それでは、具体的にはどのように変わったのかということを紹介していきます。まず、概要を大まかにいいますと、小学校3・4年生までは、英語は正式な「教科」ではないので、2019年度までと内容がすごく異なるということはありません。小学校5・6年生では、英語が「外国語」という正式な「教科」になったので、国語などと同じように、専用の教科書を使用しています。
 

小学校3・4年生では

 
小学校3・4年生では、英語は「外国語活動」という授業で、週1コマ、年に35コマ学んでいます。正式な「教科」ではないので、ほかの教科のような教科書は使用せず、文部科学省が配布した教材を基にした授業が行われており、内容としては、まずは「聞く」「話す」ことを中心とした学習がされています。このことによって、子供たちに英語に慣れてもらい、スムーズに正式な「教科」としての英語の授業に入れるようにすることが目的です。
 

小学校5・6年生では

 
小学校5・6年生では、英語は「外国語」という正式な教科として、週に2コマ、年に70コマ学んでいます。正式な「教科」になったので、ほかの教科と同じように、教科書を使用した授業が行われており、内容としては、3・4年生で慣れ親しんだ「音」としての英語について、語句や表現などの「読む」「書く」も学ぶようになっています。このことは、「音」で親しんだ英語を読み書きできるようにすることで、中学校で行われる英語の授業についていけるようにすることが目的です。
 

みんな英会話教室に通っているの?

 
前項では、小学校の指導要綱について、新指導要綱で英語教育がどのように変わったのかなどについて紹介してきましたが、それでは、学校以外で英会話教室など英語教育の教室に通っているお子さんはどのくらいいるのでしょうか?この項では、実際の状況について、ベネッセ教育研究所が行った調査の結果を基にして紹介していきます。
参考元:第1回小学校英語に関する基本調査(保護者調査)|ベネッセ教育研究所

この調査によると、全国の4718人の小学生へのアンケートの結果、英会話教室へ通うなど何らかの形で学校外での英語学習をしている児童は全体の18.8%でした。約2割の児童が学校外でも英語学習をしていることになります。しかし、残りの約8割の児童は、学校外では英語学習をしていないという結果であり、大部分の児童は学校での英語学習のみという結果です。これは、小学校での英語教育が始まってまだあまり年月が経っておらず、小学生のうちからの英語教育がまだあまり浸透していないことが一因と考えられます。



また、調査対象の地域によっても、この多少割合に変化があり、東京などの大都市や中規模の都市部では約2割ですが、小規模の都市や、地方都市などでは、1割を切っているという結果になっています。これは、大都市などでは、英会話教室などが比較的数が豊富なうえ、公共の交通機関などの利便性もよく、通いやすいことや、教育面でも教育熱心な家庭が多いことなどが原因と考えられます。
次に、男子と女子に分けて学校外での英語学習を行っているかどうか結果をまとめたところ、男子では学校外での英語学習を行っている児童は16.2%で残りの83.8%の児童は学校外での英語学習は行っていないと回答したか、無回答でした(行っていない83.4%、無回答0.4%)。


一方、女子では、学校外での英語学習を行っていると回答した児童は21.4%で残りの78.6%の児童は学校外での英語学習は行っていないと回答したか、無回答でした(行っていない78.3%、無回答0.3%)。このことは、理由はあまりはっきりとはしませんが、女子のほうが、学校以外でも英語学習を行っている割合が少し高めであることを示しています。



さらに、学校外での英語学習を行っている児童の割合の結果を、学年別にまとめたところ、1年生が16.1%、2年生が18.6%、3年生が20.1%、4年生が16.2%、5年生が16.7%と3年生が少し高めなものの、おおむね横ばいなのに対して、小学校6年生では、24.0%と高くなっています。これは、旧学習指導要綱でも、中学校になると本格的に正式な「教科」としての英語学習が始まるので、小学校6年生になるとその準備のために学校以外での英語学習を始めるお子さんが多いためと考えられます。また、小学校3年生で一度、割合が少し高めになるのは、小学校3年生くらいになると、中学校受験をするお子さんが、そのころから受験の準備のために、塾や英会話教室に通い始めるケースがあるためと考えられます。
ここまでの結果をまとめると、小学校では、おおむね全体の8割くらいのお子さんは、学校以外での英語学習は行っていませんが、女子や小学校6年生のお子さんでは、学校以外でも英語学習を行っている割合が少し多くなります。
つまり、多くのご家庭では、お子さんに学校以外での英語学習をさせていません。お子さんを英会話教室などに通わせたりするかどうかは、お子さんの性格や興味などを把握したうえで、お子さんとよく話し合ってからでも決して遅くはありません。むしろ、お子さんが嫌がっているのに、無理やり通わせたりすると、そのことがきっかけとなって、お子さんが英語嫌いになるということにもなりかねませんので注意が必要です。
 

英語学習をするならマンツーマンで

 
それでは、学校以外での英語学習をする場合に、どのような形式などを選ぶとよいのでしょうか?
まずは、あんふぁんwebの「こどもリサーチ」を参考に、選ぶポイントについて紹介します。
参考元:あんふぁんwebの「こどもリサーチ」

選ぶときのポイントの1つ目は、「マンツーマンのオンライン形式」です。これですと、双方向のコミュニケーションが取れますので、わからなかったときにすぐに質問できます。そのため、身につきやすいのです。
2つ目は、同じ先生からずっと教われることです。指導方法が一貫しているので、混乱を起こさずに済みます。
3つ目は、日本語のできるスタッフによるサポートが可能なことです。何かあった場合に、日本語で伝えることができるので安心できます。

これらのことを念頭に置いて、「こどもリサーチ」において行ったアンケートの結果を見ると、オンライン英会話で一番選ばれているのは「DMM英会話」、満足度第一位は「リップルキッズパーク、リピート率で第一位は「ネイティブキャンプ」でした。この3つは、順位は入れ替わっているものの、すべてで選ばれています。

また、マナリンクでもプロのオンライン家庭教師が小学生向けの英語指導コースを開講しております。中には小学生のいる教育現場でのご経験がある先生もいらっしゃいます。ぜひご検討ください
オンライン家庭教師のマナリンク|小学生に対応可能なオンライン家庭教師一覧