教員採用試験の勉強が間に合わない原因と対処法【効率的な勉強法も紹介】

教員採用試験の勉強が間に合わない原因と対処法【効率的な勉強法も紹介】

「教員採用試験の勉強をやってもやっても終わらない」
「教員採用試験の勉強が間に合わない。当日が不安」

本記事ではこのようにお悩みの方に向けて、教員採用試験の勉強が間に合わない原因や対処法、効率的な勉強法を紹介していきます。

教員採用試験の出題範囲は幅広く、計画的に勉強しないと間に合わなくなってしまいます。

教員採用試験の勉強をするときは、過去問分析や教員採用試験を受験した先輩の話を聞き、出題傾向をつかむのが大切です。

教員採用試験の勉強に間に合わない方向けに、原因や効率的な勉強法を紹介していきます。

本記事を読めば、教員採用試験の勉強を効率よく進められるようになりますよ。

教員採用試験までに間に合わないと感じる原因とその対処法


顔を覆って悩んでいる人

教員採用試験の勉強が間に合わないと感じる原因と対処法を紹介します。

  • 試験科目や出題範囲が幅広い
  • 面接対策や小論文対策も必要
  • 受験する自治体によって受験形式や問題に差がある


それぞれ解説していきますね。

試験科目や出題範囲が幅広い

教員採用試験の試験科目は多く、出題範囲も幅広いです。

  • 教職教養
  • 一般教養
  • 専門教養


これらの科目をまんべんなく勉強する必要があります。

一般教養や教職教養は暗記する部分が多いので、何度も繰り返し学習しないといけません。

それまでの学生生活で、受験勉強は経験したとしても教員採用試験の勉強に戸惑ってしまう方は多いです。

教員採用試験の受験勉強をするときには、時間に余裕を持って早めに対策を始めましょう。

面接対策や小論文対策も必要

教員採用試験は先ほど紹介したペーパー試験だけではなく、面接対策や小論文対策も必要です。

ペーパーテスト対策に気をとられていて、面接対策や小論文対策が疎かになってしまうケースは意外とあります。

しかし本当に重要なのは、あなたの教員になる意欲やあなたの人柄を知ってもらう面接試験や小論文試験です。

ペーパー試験対策は足切りに合わないことを目標にして、ある程度勉強したら面接対策や小論文対策を早めに始めるのが良いかと思われます。

受験する自治体によって受験形式や問題に差がある

教員採用試験は受験する自治体によって過去問が異なります。

なのでご自身が受験する自治体の過去問対策をしっかりと行っておかないといけません。

また別の自治体の過去問とよく似た問題が別の年度の教員採用試験として出題されるケースが多いです。

  • 受験する自治体の過去問分析を徹底的に行う
  • 少しでも出そうな問題に触れるため受験しない自治体の過去問にも触れておく


この2つを意識して過去問分析を行いましょう。

実際に教員採用試験を受験、合格した知人が身近にいるならば、話を聞いておくと試験の感覚や雰囲気をつかみやすくなります。

教員採用試験の効率的な勉強方法


教員採用試験の効率的な勉強方法

教員採用試験の勉強は効率よく行っていきましょう。

効率よく勉強する方法は以下の通りです。

  • 教養科目はまんべんなく繰り返し学習をする
  • 面接対策や小論文対策は早めに始める
  • 受験する自治体の出題傾向をつかむ


それぞれ詳しく解説していきますね。

教養科目はまんべんなく繰り返し学習をする

教養科目は以下の3科目を勉強しないといけません。

  • 教職教養
  • 一般教養
  • 専門教養


出題範囲も幅広いので、計画的に学習していく必要があります。

教員採用試験の勉強でよく失敗してしまうパターンは以下の2つです。

  • ひとつの科目の勉強に時間をかけすぎてしまう
  • 繰り返し学習をせずに勉強した内容を忘れてしまう


上記を防ぐためには、「今月は教職教養、来月は一般教養」といった具合に1ヶ月ごとに集中して勉強する科目を変えて、繰り返し学習をするのがおすすめです。

面接対策や小論文対策は早めに始める

教員採用試験の勉強は、成果がわかりやすい教養科目を重視しがちですが、本当に重要なのは面接対策や小論文対策です。

教養試験に合格してから面接対策や小論文対策をするのでは遅すぎます。

教養試験の勉強と並行して、面接対策や小論文対策を行っていきましょう。

自分一人で面接対策や小論文対策を行うのが不安であれば、プロの手を借りて教員採用試験の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

オンライン家庭教師マナリンクの末永先生は、教員採用試験受験者向けの授業コースも用意しています。

受験する自治体の出題傾向をつかむ

先ほども解説したように、教員採用試験は受験する自治体によって出題傾向が異なります。

なのでご自身が受験する自治体の過去問分析をしっかりと行い、出題傾向をつかんでおきましょう。

過去問分析をしっかりと行うと、試験にも慣れるので試験当日も必要以上の緊張をせずにすみます。

教師になった時をイメージして、モチベーションを高めよう!


飛び跳ねる二人

教員採用試験の勉強は1年程度かけてじっくりと対策をしていく方も多いですよね。

1年間、試験勉強を続けるとモチベーションが低下してしまうときもあるでしょう。

学生のうちに教員採用試験合格を目指す場合、教員採用試験を受けない周りの学生が遊んだり、興味のあることに打ち込んでいる姿を見たりすると「自分ばっかり勉強している」という気分になってしまいがちです。

また既に社会人として働いている方が教員採用試験を受ける場合、仕事や家事と教員採用試験の勉強のどちらも頑張らないといけなく大変です。
教員採用試験の勉強に対するモチベーションが低下してしまったときは、初心にかえるのがおすすめです。

ご自身が教員採用試験に合格したいと思ったきっかけや教師になりたい理由を思い出しみてみましょう。

あなたの純粋な希望を思い出すことができれば、教員採用試験の勉強に対するモチベーションも再び取り戻せるはずです。
また、教員採用試験の試験勉強は長期戦でモチベーションが下がってしまうときもあると考えておくのも良いですね。

「モチベーションは上がるときもあれば、下がるときもある」と考えてみてください。

モチベーションが下がったとしても、最低限こなす勉強を決めておけばノルマをこなした後は罪悪感なくリフレッシュに自分の時間を使えます。

もし自分一人で勉強のモチベーションを保つのが難しい、モチベーションが下がり過ぎて勉強が間に合わないと感じるのであればプロの手を借りましょう。

オンライン家庭教師マナリンクの末永先生は教員採用試験受験者向けの授業コースも用意しています。

プロの家庭教師と二人三脚で教員採用試験合格を目指したい方におすすめです。

教員採用試験の対策はオンライン家庭教師と一緒に頑張ろう


教員採用試験の出題範囲は幅広いので、計画的に学習を進める必要があります。

また受験する自治体によって、出題傾向が異なるので過去問分析も徹底して行わなければいけません。

  • 幅広い出題範囲を計画的に学習する
  • 過去問を徹底的に分析する


この2つの勉強法は独学でも可能ですが、独学の場合時間がかかってしまい非効率になってしまう可能性が高いです。

教員採用試験に確実に合格したいのであれば、プロの手を借りて試験勉強を進めるのがおすすめです。

教員採用試験向けの予備校やスクールもありますが、お金がかかる、授業の時間に別の予定が入っているなどで受講をためらっている方もいるかもしれません。

そんなときは、オンライン家庭教師の利用をご検討ください。

オンライン家庭教師であれば、ご自宅でインターネットを活用して授業を受けられます。

講師が生徒の自宅に通う必要がないので、授業時間の調整もしやすいです。

また、授業料に関しても予備校や対面式の家庭教師と比較すると割安な場合が多いです。

オンライン家庭教師マナリンクには、教員採用試験受験者向けの指導を行う家庭教師が在籍しています。

末永 オンライン家庭教師


 
  
   末永 オンライン家庭教師  
  
   
末永
   
オンライン家庭教師
  
 
 
  
   
自己紹介
   
こんにちは。オンライン家庭教師の末永(すえなが)です。 「学ぶ楽しさ」は,トークや雰囲気ではありません。「わかった」「できた」「点数が上がった」「合格できた」を本当の“楽しさ”だと考えています。
  
  
   
合格実績
   
東大(理Ⅰ3名・文Ⅱ),京大(法・経済 ),東工大(物質理工),東北大(医・農)※一部抜粋
  
 
   プロフィールを見る  



末永先生はご自身も公立小学校教員として働いた経験をいかして、現在はプロの家庭教師として、教員採用試験受験者向けの指導を行っています。

過去に何人もの生徒を教員採用試験に合格させた実績も持っています。

末永先生は教員採用試験の受験ノウハウや効率の良い勉強方法を知っているので、まずは一度末永先生の体験授業を受けてみるのもおすすめです。

まとめ


教員採用試験の出題範囲は広く、試験勉強の期間も1年程度と長くなりがちです。

幅広い出題範囲を効率よく行うために、計画的に勉強を進めていきましょう。

また教養試験は暗記問題が中心なので、一度勉強しておしまいにするのではなく、何度も繰り返し学習を心掛けましょう。

「教員採用試験の勉強に間に合わないと不安」
「教員採用試験の勉強を何から始めていいかわからない」

上記のようにお悩みの方は、プロの手を借りて教員採用試験の対策をしてみてはいかがでしょうか。

オンライン家庭教師マナリンクには教員採用試験受験者向けの指導を行っている家庭教師も在籍しています。