プロを指名できるオンライン家庭教師

中学受験と習い事は両立できる?習い事を続けた子の割合と共におすすめの勉強法を紹介

中学受験と習い事は両立できる?習い事を続けた子の割合と共におすすめの勉強法を紹介

小学4年生以降になると、中学受験対策が本格的にスタートします。

中学受験目的の塾に通う頻度も増えてきて、これまでやっていた習い事と両立するのが難しいと考えるご家庭も多いのではないでしょうか。

中学受験を成功させるのであれば、習い事を一度整理して中学受験勉強に専念するのがおすすめです。

しかしどうしてもお子様が習い事を続けたいのであれば、環境を整えて習い事と中学受験勉強の両方を頑張ってみてもいいでしょう。

中学受験と習い事の両立をしたいのであれば、時間を有効に使うためにもオンライン家庭教師がおすすめです。

本記事では中学受験と習い事の両立について解説していきます。

本記事を読めば、中学受験を控えている子にとっての習い事のベストな選択肢がわかります。

習い事は中学受験時に辞めさせるべきか?


入道雲

習い事は中学受験のために辞めておくべきか紹介します。

結論からいうと、中学受験のために習い事は辞めてしまう方がいいでしょう。

理由は主に2つ。

・時間的に余裕がない
・惰性で続けていた習い事は辞めどき

それぞれ詳しく解説していきます。

時間的に余裕がない


まず中学受験対策で塾に通っている場合、スケジュールはどんどん過密になります。

小学5年生くらいまでは塾と合わせて習い事に通えていた子でも、小学6年生になると習い事をやめてしまうパターンが多いです。

塾に通う時間以外にも、自習をする時間や塾の予習復習、宿題をする時間も必要。

そのため時間の余裕がないから、中学受験のために習い事を辞めるご家庭は多いです。

惰性で続けていた習い事は辞めどき


中学受験のために習い事を辞めてしまう2つ目の理由は、惰性で習い事を続けていた場合です。

習い事をはじめたときは親子でやる気があったとしても、習い事を続けるにつれどちらかのモチベーションが下がってしまいます。

モチベーションが下がって惰性で続けていた習い事を、塾の勉強が忙しくなったタイミングで辞めるケースは多いです。

また中学受験には塾の費用や受験費用もかかります。

経済的な負担がかかるので、習い事を減らして少しでも教育費を確保しようと考えるご家庭もあります。

習い事を続けている人の割合


絵を描いて悩んでいる

実際に中学受験を経験した人が習い事をどのようにしていたかアンケート結果を紹介します。

習い事をすべて続けた:17%
4年生で一部習い事を整理した:15%
6年生で一部習い事を整理した:12.9%
6年生ですべてやめた:12.4%

アンケート上位の回答は以下の通りです。

意外かもしれませんが、習い事をやめずに続けていた方も17%います。

しかし逆に言えば、全体の83%のご家庭は中学受験のために習い事を整理したとも言えます。

中学受験を成功させるには習い事を辞めるなど、一度ご自身で整理してみましょう。

そして学年別にみると、以下の結果となりました。

4年生で辞める・整理:31.6%
5年生で辞める・整理:33.3%
6年生で辞める・整理:35.1%

学年が上がるにつれて、習い事を整理する方が多い傾向にあります。

中学受験を控えても習い事を続けていい場合


はしゃぐ二人

先ほどのアンケート結果からもわかるように、中学受験をした方の17%は習い事を辞めていません。

「中学受験をする=習い事は辞めなければいけない」わけではありません。

中学受験を控えていても習い事を続けていい場合は以下のケースです。

・子どもが続けたがっている場合
・中学入学後も続けたい習い事
・数は1個に絞る

それぞれ詳しく解説していきます。

子どもが続けたがっている場合


まず習い事を子どもが続けたがっている場合は、習い事を続けてもいいでしょう。

子どもが中学受験に対しても習い事に対しても、やる気ならギリギリまで習い事を続けてみてもいいですね。

中学入学後も続けたい習い事


また中学入学後も続けたい習い事があるなら、中学受験の際も続けてみてはいかがでしょうか。

習い事の種類にもよりますが、中学受験勉強の負担にならず受験勉強のリフレッシュにもなるならば、習い事を続けてみるのもアリです。

数は1個に絞る


そして中学受験をするにしても、習い事を続けると選択した場合でも習い事の数は1つに絞りましょう。

中学受験目的の塾のスケジュールは過密です。

本人のレベルと志望校にもよりますが、学年が上がるにつれてほぼ毎日塾に通うケースも多いでしょう。

現実的に考えても、複数の習い事と中学受験の塾の両立は難しいです。

中学入学後、習い事を再開させるなども考えつつ、中学受験を最優先に考えましょう。

習い事を絞って続けるにしても、中学受験勉強が最優先であることや成績次第では、習い事を中断する可能性があることはご家庭であらかじめ考えておきましょう。

どうしても習い事を辞められない場合はオンライン家庭教師がオススメ


指導をする風景

中学受験もしたいけれど、習い事も辞めたくない場合はオンライン家庭教師がオススメです。

オンライン家庭教師であれば、塾よりも時間の余裕を作りやすいです。

・通塾の必要がない
・全国各地から先生を探せるので希望の時間帯を合わせやすい
・自分に必要な授業をおこなっている先生が探しやすい

オンライン家庭教師には上記のメリットがあります。

オンライン家庭教師は自宅で授業が受けられるので、通塾の必要がありません。

通塾に使っていた時間も勉強や他の時間に使えるので、習い事と中学受験の両立をしやすいです。

そしてオンライン家庭教師は全国各地から先生が探せるので、授業時間などの条件調整をしやすいです。

夜遅めの時間にも、オンライン家庭教師なら対応してもらえます。

そしてオンライン家庭教師は全国各地で先生が探せるので、ご自身に必要な授業のみ受講できます。

中学受験と習い事を両立するためにオンライン家庭教師を利用するなら、オンライン家庭教師マナリンクがオススメです。

マナリンクには中学受験に特化した人気の家庭教師が多数在籍しています。

塾のフォローにオンライン家庭教師を使うのもオススメ


中学受験対策で塾に通う場合、塾の授業以外も自主学習しないと授業についけなくなってしまいます。

・塾の授業の予習復習
・塾の宿題
・塾でわからなかった部分、苦手な部分
上記の勉強は塾の授業以外に自分で勉強しないといけません。

自主学習の勉強をオンライン家庭教師にフォローしてもらうことで、勉強の効率がアップします。

習い事と中学受験の両方を頑張りたい場合、自主学習も効率よく行う必要があります。

自主学習を効率よく行うために、オンライン家庭教師を活用して効率よく勉強を進めていきましょう。

オンライン家庭教師を利用して、自分の時間を上手に使えば中学受験対策と習い事を併用できます。

中学受験にオススメのオンライン家庭教師


風を仰いでいる人

今回はオンライン家庭教師マナリンクでとくにオススメの家庭教師を2名紹介いたします。

どちらの先生も中学受験対策に特化している先生なので、質の高い授業を受けられます。

・千明 公司先生
・kuro先生

千明 公司 オンライン家庭教師


千明先生

千明 公司先生は早稲田大学政治経済学部卒の家庭教師です。

小学5・6年生に向けた授業を行っています。

指導歴は5年で生徒が自学学習できるような指導をこころがけているそうです。

kuro オンライン家庭教師


kuro先生

続いてkuro先生も中学受験に対応している先生です。

kuro先生は模試や過去問の解説を中心とした授業を行っています。

生徒が希望する模試や過去問の解説授業をしてくれるので、志望校や学力レベルに合った授業を受けられます。

kuro先生の授業と習い事を併用するだけではなく、kuro先生の授業を中学受験対策用の塾のフォローとして活用するのもオススメです。

まとめ


石の上にある本

中学受験と習い事の両立は大変です。

中学受験を控えている小学生のうち、習い事を続けていた方の割合は17%しかいません。

83%のご家庭では中学受験に向けて、小学4年生から6年生の間に習い事を辞めるなど整理をしています。

中学受験のために塾に通うのであれば、習い事は辞めた方がよいでしょう。

・時間的な余裕がない
・惰性で続けていた習い事を辞めるタイミング

上記のように考えて、中学受験に備えて習い事を整理するのがオススメです。

どうしても習い事を続けたいのであれば、時間に余裕ができやすいオンライン家庭教師を受講するのがオススメです。

オンライン家庭教師であれば、通塾の必要もありませんし、全国各地からお子様に合った家庭教師を探せます。