プロを指名できるオンライン家庭教師

中学受験と高校受験どちらが良い?受験のメリット・受験に向く子の特徴とは

中学受験と高校受験どちらが良い?受験のメリット・受験に向く子の特徴とは

 毎年夏休みが終わる頃になると、中学受験を考えている方の学校探しや塾探しが増え始めます。その一方で、周りが中学受験をすると聞いて、うちの子はどうしようと悩まれている方も増え始める時期でもあります。

中学受験か高校受験かを考えるときに、周りに合わせたり何となく決めたりすると、後悔が残る受験になる可能性があります。
子どもにとって後悔のない受験にするには、子どもの性格や興味、ご家庭の教育方針に合わせてどちらを受験するのか選ぶことが大切です。

中学受験・高校受験のそれぞれのメリット、中学受験・高校受験に向いている子の特徴を知り、わが子にぴったりな受験を見つけましょう。

中学受験を受けるメリット


桟橋

中学受験を受けるメリットには、以下の3点が挙げられます。

1.特色ある教育を受けられる

受験する中学校は、「私立中学校」「公立中高一貫校」「国立附属中学校」の3つに分けられます。
受験に受かった場合は、それぞれの学校が持っている特色ある教育を受けられることが、大きなメリットです。

<私立中学校>
私立中学校には、伝統的な教育理念や教育方針が存在しています。
学校と家庭の教育方針が同じで、子どもの性格が校風に合っていれば、家庭と学校が一丸となり、子どもの個性を伸ばしていくことができるでしょう。

<公立中高一貫校>
公立中高一貫校は、6年間の教育を見据えた長期的・計画的な学習を受けることができます。
大学進学に向けた独自のカリキュラムが組まれ、進学率が高いのも特徴です。
また、高校受験がない分、部活動に打ち込むこともでき、文武両道型のお子さんにもオススメです。

<国立附属中学校>
国立附属中学校は、大学の教育研究や教育実習の場として設立された学校です。
そのため、大学の最新の研究から生まれた学習指導を受けられたり、文部科学省による学習指導要領改訂を踏まえた新しい学習に取り組んだりと、最先端の教育を受けることができます。

2.子どもの心の成長

受験勉強では、問題が難しくて分からないなど、壁にぶつかることも多く経験します。
そんな時でも諦めることなく、考えたり、乗り越えたりすることで、子どもは小さいながらも「自分はやればできる」という強い心を持った子に成長していきます。
受験に受からなかった場合でも、努力した過程や悔しい気持ちは、必ず将来に生きてくる力となります。

3.親子の絆が深まる

中学受験では、子どもの頑張りと同じくらい親の関わりが重要になります。
中学受験をする11~12歳の年頃では、学習内容の理解度を客観的に判断することは難しく、モチベーションを保つことも容易ではありません。
親が子どもの勉強内容や学習理解度を把握しつつ、適切な接し方や声かけで子どもをサポートしてあげることが大切です。
子どもと二人三脚で頑張ってくれる親の姿は、子どもに安心感を与え、親子の絆を深めることに繋がります。

中学受験はこんな方におすすめ!


色鉛筆

中学受験では、親の関わり方が大切とお話してきましたが、わが子が中学受験に向いているか判断することも大切なポイントです。
中学受験に向いている子の特徴についてご紹介します。

1.勉強が好きで学力が高い

もともと勉強が好きで、学校の授業もよく分かり、テストで毎回高得点を取れる子は、中学受験向きです。
中学受験の勉強では、小学校の学習範囲を超えた学習内容を理解し、知識を活用して考える力・表現する力が必要となります。
知らないことにも好奇心を持ち、学ぶことが楽しいと思える子は受験勉強も頑張りぬくことができるでしょう。

2.自己管理能力が高い

自分が今やらなくてはならないことを理解し、自分の意志で行動できる子も中学受験に向いていると言えます。
自己管理能力が低い子は、勉強中も気が散ってしまったり、勉強より遊びたくなってしまったりと、受験勉強に身が入りません。
自分がやり遂げたいことを見据え、今やるべきことを考えられる子は確実に伸びていきます。

3.目的意識がある

将来の夢がある子や、勉強と同じくらいスポーツなど夢中になってやりたいことがある子も中学受験に向いていると言えるでしょう。

将来なりたい夢のためにこの学校で学びたいと考えている子は、夢を叶えるために勉強を頑張ることができます。
勉強と大好きなことにこれからも打ち込んでいきたいと思っている子が合格した際には、高校受験がない分、勉強と好きなことを両立しながらのびのびと学生生活を送ることができるでしょう。

中学受験対策ならオンライン家庭教師!


pcをみつめる猫

中学受験と一言に言っても、私立中学校、公立中高一貫校、国立附属中学校など、受験する学校によって問題の出題範囲や難易度、受験科目はさまざまです。
そのため、志望校の出題傾向に合わせた学習をどれだけ行えるかが、志望校合格のカギとなります。

志望校の出題傾向に沿った中学受験対策には、オンライン家庭教師を利用するのがオススメです。
オンライン家庭教師とは、インターネットを利用して一対一の個別指導が受けられる学習方法です。オンライン家庭教師マナリンクでは、中学受験対策を得意とするプロの家庭教師が多数在籍しています。

ここでは、中学受験対策にオススメな2人の先生をご紹介します。

kuroオンライン家庭教師


kuro先生

個別指導プロ講師歴11年
教材作成スタッフ歴16年
大手予備校にて、現代文模試の作成を担当(センター形式、記述形式)しています。


東京大学文学部を卒業後、家庭教師や個別指導プロ講師として、多くの受験生を合格へ導いています。
指導コースでは、どうやって勉強したらいいか分からない方から過去問にトライしたい方まで幅広く対応しています。志望校やお子さんのペースに合わせたオーダーメイド学習が可能です。

千明 公司オンライン家庭教師


千明先生

早稲田大学政治経済学部を卒業後、家庭教師として小学生・中学生を主に指導しています。
指導コースでは、算数がよく分かるようになりたい子から入試の過去問を使用して勉強したい子まで幅広く対応しています。

高校受験を受けるメリット


飛び跳ねる二人

高校受験を受けるメリットには、以下の2点が挙げられます。

1.多様な価値観を学べる

中学受験をして受かると、学力が同じくらいで価値観も似ているような子たちと過ごすことになります。
それに比べて、公立の中学校に通う場合には、学力や価値観、家庭環境などもさまざまな子たちと過ごすこととなり、自分とは異なる多様な価値観に触れることができます。
多様性が重要視される現代において、多様性のある環境で過ごすことは、今後社会に出てからも必ず生きてくる力となります。

2.高校受験を生かして大学受験に臨める

高校受験をした場合には、3年後に控える大学受験を見据えて、高校受験の経験を生かした大学受験対策をすることができます。
中学受験をした場合には、6年間受験とは無縁の期間ができてしまいます。
一方、高校受験をした場合には、自分に合った受験勉強の方法やモチベーションの保ち方など、高校受験で培った力をそのまま大学受験に生かすことができます。

高校受験はこんな方におすすめ!


空を仰ぐ人

中学受験時には、性格や精神的な成長の未熟さがあり中学受験向きではなかった子も、高校受験時には、精神的にも能力的にも成長をし、志望高校に見事合格する子も多くいます。

また、成長のスピード以外にも、習い事やスポーツなど、勉強よりも楽しくて夢中になれることがある子には、高校受験がおすすめです。
勉強よりもやりたいことがある場合には、子どもの意志を尊重し、中学の受験勉強よりも熱中できることに取り組ませてあげましょう。
子どもは中学受験よりも大切な学びを熱中できることから得て、高校受験の際に力を発揮する可能性もあります。

高校受験対策ならオンライン家庭教師!


丘で本を読む人

中学受験対策と同様に、高校受験対策もオンライン家庭教師がおすすめです。
オンライン家庭教師マナリンクでは、高校受験対策を得意としているプロの家庭教師も多数在籍しています。
今回は、高校受験対策を行っているオンライン家庭教師を2名ご紹介します。

山田オンライン家庭教師


山田 オンライン家庭教師
山田
オンライン家庭教師
自己紹介
はじめまして、山田と申します。 目標や夢を見つけるお手伝いを、そしてそれを叶えるお手伝いを一緒させてもらえたら幸いです。パソコンの向こう側でお待ちしております。
合格実績
横浜国立大学 慶応義塾大学 早稲田大学他多数
プロフィールを見る



法政大学文学部英文学科を卒業後、約20年間、主に高校・大学受験の指導をして多くの受験生を合格へ導いてきました。
指導コースでは、基礎から志望校合格まで、お子さんの志望校やペースに合わせたオーダーメイド指導が可能です。

よっしーオンライン家庭教師


よっしー オンライン家庭教師
よっしー
オンライン家庭教師
自己紹介
こんにちは、家庭教師のよっしーです。 よっしーと呼んでください。 2014年から家庭教師をしています。
学歴
千葉大学法経学部総合政策学科 2013年3月卒
プロフィールを見る



千葉大学法学部を卒業後、家庭教師として、主に勉強が得意でない子を指導しており、生徒からも定評のある先生です。指導コースでは、主要5教科の受験対策を行っています。

まとめ


横並びのりんご

今回は、中学受験と高校受験どちらが良いかについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

中学受験・高校受験それぞれにメリットがあり、子どもによって向いている受験があります。
もしお子さんの進みたい方向が決まったら、志望校の傾向に合わせた受験勉強を効率よく行うために、オンライン家庭教師を利用することが効果的です。

オンライン家庭教師マナリンクには、学習面のはもちろん、心のサポートもしてくれる先生が多く在籍していますので、お子さんにぴったりな先生がきっと見つかるはずです。
ぜひ一度ご相談ください。