プロを指名できるオンライン家庭教師

中学受験の準備は低学年から始めるべき?低学年で塾に通うメリット・デメリットを紹介

中学受験の準備は低学年から始めるべき?低学年で塾に通うメリット・デメリットを紹介

中学受験の準備が始まる時期が年々早まりつつあります。

1985年から比較して、小学校低学年で学習塾に通いだす児童の割合が増えています。

低学年のうちから中学受験の準備をするメリットは以下の通り。

  • 勉強の習慣が身につく
  • 余裕を持って受験勉強できる


低学年で中学受験の準備をするときには、勉強の意欲を高めて子供を勉強好きにしてあげるのが重要です。

そして学習意欲を高めて、子供の性格や学力に合う先生を見つけるためには学習塾だけでなく家庭教師もおすすめです。

家庭教師であれば、子供にとってリラックスできる環境でその子供にピンポイントに合った授業をしてもらえます。

本記事では低学年のうちから中学受験の準備を始めるメリットやデメリット、受験対策で意識したいことを紹介していきます。
本記事を読めば、子供に合う中学受験の対策法がわかります。

低学年から中学受験の準備をするべきか


ヘッドフォンをつけている少年

まずは低学年から中学受験の準備をするメリットとデメリットを紹介していきます。

低学年から準備をするメリット


低学年から中学受験の準備をするメリットは以下の2つです。

  • 勉強の習慣が身につく
  • 余裕を持って受験勉強できる


まず低学年から中学受験の準備をしておくと、勉強の習慣が身につきやすくなります。

中学受験はただ塾に通えば良いわけではなく、自宅で家庭学習を行う必要もあります。

低学年のうちから勉強をする習慣が身についていると、受験勉強が本格化したときにもスムーズに対応しやすいです。

そして低学年のうちから中学受験の準備をしていると、中学受験本番まで時間があるので余裕を持って受験勉強に取り組めます。

ハイレベルの中学受験を目指すご家庭なら、低学年から中学受験対策をするのがおすすめです。

低学年から準備をするデメリット


低学年から中学受験の準備をするデメリットは以下の2つです。

  • 受験勉強以外に取り組む時間が減ってしまう
  • 子供が受験勉強に反発する可能性がある


低学年から受験勉強をしていると、どうしても受験勉強に使う時間が多くなってしまいます。

そのためお友達との遊びや習い事や趣味などに取り組む時間が減ってしまいます。

また低学年のうちは子供が受験勉強に反発する可能性もあります。

小学1〜3年生の間に塾に通わせている人の割合


定規

小学1年生から3年生までの間に塾に通っている児童の割合は以下の通りです。

  • 小学1年生:約15%
  • 小学2年生:約19%
  • 小学3年生:約22%


上記の結果のように、学年が上がるにつれて学習塾に通う生徒の割合は増えていきます。

学年が上がるにつれて、中学受験の準備を始めている児童が増えてきていることがわかります。

また小学生の通塾率の年ごとの推移を確認すると、1985年から徐々に通塾率は増えてきています。

つまり、より多くの小学生が低学年のうちから中学受験の準備を始めています。

  • 絶対に通いたい中学校がある
  • 余裕を持って中学受験に臨みたい


上記のように考えるご家庭では、早い段階から中学受験の準備をしていくのがおすすめです。

低学年の頃から塾に通わせるのは正しい?


はてな

時間に余裕を持って中学受験の準備を進めるには、低学年のうちから学習塾に通わせるなど中学受験の準備をしていくのが大切です。

しかし保護者の立場で考えると、
「中学受験の準備を早くから始めるのが正しいのか?」
「低学年から子供を塾に通わせるのは本人のためになるのか?」
と不安になってしまうかと思います。

低学年のうちから、学習塾に子供を通わせるときには以下の部分が障害になりやすいです。

  • 子供が学習塾に通うのを嫌がる
  • 両親が共働きの場合、学習塾に通わせるのが難しい
  • 子供に合う学習塾を見つけるのが難しい


低学年のうちは学習塾に通っている児童の割合も少ないです。

そのため子供の周りにも同じように塾に通っている友達が少ない傾向があります。

「友達と遊びたい」「友達は学習塾に通っていない」などの理由で塾通いを嫌がってしまう子も多いです。

そして両親が共働きをしている場合、学童などの関係で学習塾に通わせるのが難しい可能性もあります。

そもそも学習塾の授業時間に保護者は仕事をしていて、送り迎えが出来ないといったケースも多いです。

低学年のうちから中学受験対策をしてくれる学習塾は少なく、子供の性格や学力レベルに合う塾選びが難しい場合もあるでしょう。

勉強を好きになってもらうには?


山積みの本

低学年のうちから中学準備の準備をしていて、最も避けたいのは勉強の詰め込み過ぎが原因で子供を勉強嫌いにしてしまうことです。

子供が勉強嫌いになってしまうと、いくら学習塾に通わせて中学受験対策をしても結果が出にくい場合が多いでしょう。

逆に子供が勉強に対して意欲的なケースでは、中学受験対策で学んだ内容をどんどん吸収してくれます。

低学年で中学受験の準備を始めるときには、子供に勉強好きになってもらうことを意識してみましょう。

低学年のうちは、本格的な受験対策をするよりも学習習慣を身につけるのが大切です。

  • 勉強ができる喜びをしってもらう
  • 毎日机に向かう習慣を身につける
  • 集中力を身につける


上記を意識して子供の学習環境をサポートしてあげましょう。

勉強を好きになってもらうためには、学習環境を整える必要があります。

学習塾を選ぶ場合でも、中学受験対策に定評があるかだけでなく子供の性格に合うかを基準に選ぶのがおすすめです。

そして学習塾に通わせるのがゴールではなく、ご家庭でも子供の勉強内容に興味を持つようにしましょう。

  • 学習塾で学んだ内容を保護者も確認する
  • 子供の興味を持つ分野について一緒に調べる
  • 子供が好きなことや得意なことを伸ばせる環境を整える


机に向かう勉強だけでなく、生活や遊び、家族とのかかわりの中で好奇心を育てるのが重要です。

もしお住まいのエリアに子供に合いそうな学習塾がないのであれば、家庭教師など別の学習方法もご検討ください。

自宅からプロの指導を受けてみませんか?


「近くに低学年向けの中学受験対策に対応した学習塾がない」
「学習塾はあるけれども子供が乗り気じゃないな..」

上記の場合であれば、学習塾に通うのであればオンライン家庭教師を検討してみるのもおすすめです。

オンライン家庭教師であれば、自宅で全国各地のプロの家庭教師に勉強を見てもらえます。

オンライン家庭教師には以下のメリットがあります。

  • 時間を融通してもらいやすい
  • 生徒の性格や学力に合った授業をしてもらえる
  • 自宅で授業を受けられるので保護者も授業内容を確認しやすい


勉強の意欲を育てるのが何よりも大切な低学年の中学受験対策にオンライン家庭教師はぴったりです。

オンライン家庭教師マナリンクであれば、全国各地から子供に合うプロの家庭教師を探せます。

低学年の指導におすすめの家庭教師


対面指導教師

本記事では家庭教師マナリンクに在籍している中でも特におすすめの家庭教師を紹介します。

低学年で中学受験の準備を始めたい方はぜひご参考ください。

本記事で紹介するおすすめの家庭教師は以下の1名です。

・千明 公司先生

先生の特徴を詳しく紹介していきます。

千明 公司 オンライン家庭教師


千明先生

千明 公司先生は社会人の家庭教師です。

趣味は子供と遊ぶことと公言している先生で親身になった授業をしてくれます。

算数の授業を得意としていて、子供が自分で学習できるように指導をしてくれます。

科目の指導だけでなく、子供に勉強習慣を身につけたいと考えているご家庭におすすめです。

どちらの家庭教師も生徒の性格や学力に合った授業を提案してくれます。

既に通っている学習塾のフォローとしてなども利用できるので、中学受験の準備を早くから始めたい方はご検討ください。

まとめ


色鉛筆

低学年のうちから中学受験の準備をするメリットは以下の通り。

  • 勉強の習慣が身につく
  • 余裕を持って受験勉強できる


そして低学年で中学受験の準備をするデメリットは以下の通りです。

  • 受験勉強以外に取り組む時間が減ってしまう
  • 子供が受験勉強に反発する可能性がある


メリットとデメリットを把握して、子供に合った受験対策を進めていくのが重要です。

また低学年の中学受験対策では、子供の学習意欲を伸ばして勉強好きにしてあげることを意識しましょう。

低学年のうちに勉強好きになってくれれば、学年が上がって、中学受験の準備が本格化したときにも嫌がらずに進んで勉強してもらえます。

子供の学習意欲を高めるための授業を受けたい方は、学習塾だけでなくオンライン家庭教師もご検討ください。

オンライン家庭教師マナリンクであれば、お子様に合った家庭教師を全国各地から探せます。