電験三種の勉強を独学で行うメリットやデメリット【おすすめの勉強法も紹介】

電験三種の勉強を独学で行うメリットやデメリット【おすすめの勉強法も紹介】

「電験三種に合格したいけど、独学での勉強は可能?」

上記のようにお悩みの方に向けて、本記事では電験三種を独学で勉強するメリット、デメリットを解説していきます。

電験三種は試験科目も多く、出題範囲も広いので初心者が独学で合格を目指すのは難しいです。

とはいえ、

  • 資格取得費用を抑えたい
  • 仕事をしていて資格スクールに通う時間がない


などの理由で、電験三種を独学で取得したい方も多いですよね。
今回は、電験三種を独学で勉強する際に意識すべきことも合わせて紹介しています。

本記事を読めば、電験三種を独学でも効率よく学習できるようになりますよ。

電験三種試験に独学で受かる勉強法


絵を考えている人

まずは電験三種に独学で合格するための勉強法を紹介します。

独学で勉強する際に意識したいことは以下の5つです。

  • 同じ単元を何度も繰り返し学習する
  • 計画的に学習を進める
  • 基礎の参考書・問題集も活用する
  • 毎日繰り返し勉強する
  • 過去問演習では得点源の問題を意識する


それぞれ解説していきますね。

同じ単元を何度も繰り返し学習する


一度勉強しただけでは、完璧に覚えられないので同じ単元を何度も繰り返し学習しましょう。

問題集も1周するだけではなく、2周・3周と繰り返すのがおすすめです。

計画的に学習を進める


たくさん問題を解き、繰り返し学習するために勉強計画を事前に立てましょう。

計画にはゆとりを持たせて、苦手な単元があらわれたら時間を多く割けるようにしておくのも重要です。

基礎の参考書・問題集も活用する


過去問や頻出問題集のみではなく、基礎の問題集や参考書も活用しましょう。

電験三種は丸暗記のみでは合格は難しく、基礎の部分からしっかりと理解しておく必要があります。

毎日繰り返し勉強する


勉強しない期間が空けばあくほど、勉強した内容を忘れてしまいます。

社会人の方は仕事もあり、忙しいかと思いますが毎日継続して学習していきましょう。

勉強時間の確保が難しい際には、スキマ時間を上手にご活用ください。

過去問演習では得点源の問題を意識する


試験が近づくと過去問演習をする機会もあるかと思います。

過去問演習をするときには、得点源の問題を意識してください。

電験三種の試験問題は例年ややこしい文章題や応用問題が出題されます。

試験当日、上記の難しい問題に時間を使いすぎると、得点源の問題を逃してしまう可能性があります。

  • どの問題で点を取るのか
  • 問題を解く時間配分


上記2点を意識して問題演習を行いましょう。

電験三種試験対策を独学でするメリット・デメリット


電験三種の勉強を独学で勉強するのにはメリットとデメリットがあります。

電験三種を独学で勉強するメリット


電験三種を独学するメリット

電験三種を独学で勉強するメリットは以下の通り。

  • 資格取得までにかかる費用を節約できる
  • 自分のペースで学習を進められる
  • 場所や時間を選ばずに試験勉強ができる


独学で電験三種の勉強をする場合、通信教材やスクールを利用するよりも費用を抑えられます。

資格スクールに通って電験三種を取得しようとすると、20万から30万程度かかるのが一般的です。

その一方で独学で勉強する場合、テキスト代や受験費用を全て合わせても3万円以内で済みます。

更に独学で勉強する場合、カリキュラムが決まっている資格スクールと違ってご自身のペースで勉強を進められます。

  • 苦手な単元に勉強時間を多く割く
  • 理解しやすい単元・科目から勉強する


上記のように、ご自身で工夫しながら勉強することが可能です。

資格スクールは授業時間が決まっている場合が多いです。

それに対して独学で勉強する場合、ご自身の空き時間に自由に勉強を進められます。

仕事をしている方でスクールに通う時間的余裕がない人は、独学での勉強に向いています。

電験三種を独学で勉強するデメリット


続いて電験三種を独学で勉強するデメリットは以下の通りです。

  • 試験までのモチベーションを保ちにくい
  • 疑問点があったとき自力で解決しないといけない


電験三種は4科目からなる試験であり、出題範囲も幅広いです。

資格取得までは長期戦になりがちで、モチベーションが下がってしまい独学で勉強してもはかどらない可能性があります。

また通信教材や資格スクールを利用していない場合、勉強していてわからない部分を誰かに相談しにくいです。

わからない部分をそのままにしていると、試験へのモチベーションも下がってしまいますし、合格可能性も下がります。

「電験三種を独学で勉強したいけれど、不安」と感じる方はオンライン家庭教師を利用するのもご検討ください。

初心者向けのコースや質問し放題のコースなど様々なコースが用意されていますので、ご自身に必要なサポートをピンポイントで受けられます。

独学に失敗する原因


石の横で落ち込む人

電験三種を独学で勉強して失敗してしまう原因を解説します。

電験三種の独学での勉強に失敗してしまう主な原因は以下の3つです。

  • 各単元を一度しか勉強しない
  • 過去問しか使わないで学習している
  • 暗記に頼りがち


それぞれ詳しく解説していきますね。

各単元を一度しか勉強しない


人間はどうしても忘れる生き物ですし、一度の学習で全て理解できる人は稀です。

そのため、電験三種の試験範囲を何度も繰り返し学習しない人は試験でも結果を残しにくいです。

過去問しか使わないで学習している


過去問しか使わないで学習している人も、電験三種の勉強に失敗しやすいです。

過去問のみを使って勉強してしまうと、ついつい答えや解き方のみを覚えてしまうからです。

電験三種は丸暗記のみでの合格は難しく、考え方や理論を理解していないと合格はできません。

特に初心者の場合、いきなり過去問を解き始めても問題の内容すら理解できないパターンが多いです。

初心者で電験三種の勉強をどのように進めていけば良いかわからない場合は、オンライン家庭教師を利用するのもおすすめです。

暗記に頼りがち


先ほども解説したように、電験三種の試験は丸暗記のみでは合格できません。

基礎部分からしっかり理解しないと、なぜその公式を使うのか、その解き方をするのかがわからずに初見の問題に対応できなくなります。

効率よく勉強するならオンライン家庭教師がオススメ!


電験三種の試験範囲は特殊であり、基礎的な部分を理解していないと合格は難しいです。

電験三種の勉強を始めたばかりの初心者
計画的に勉強して電験三種に最短で合格したい人

上記の方は電験三種を独学で勉強するのではなく、プロの手を借りるのがおすすめです。

「通信教材や資格スクールは費用がかかってしまうから嫌だ」と感じる方は通信教材や資格スクールよりも費用が抑えられるオンライン家庭教師を利用するのがおすすめです。

オンライン家庭教師であれば、インターネットを利用してご自宅でマンツーマン形式で電験三種の指導をしてもらえます。

オンライン家庭教師マナリンクであれば、入会金や教材費は不要で家庭教師に払う授業料のみの負担で指導を受けられます。

オンライン家庭教師であれば、通信教材や資格スクールよりも節約しながら、マンツーマンの指導を受けて効率よく学習することが可能です。

家庭教師、というと学生や受験生が利用するものと思いがちですが、資格取得をサポートしてくれる家庭教師もいます。

まとめ


 電験三種を独学で勉強するメリット・デメリットはそれぞれ以下の通りです。

  • 資格取得までにかかる費用を節約できる
  • 自分のペースで学習を進められる
  • 場所や時間を選ばずに試験勉強ができる
  • 試験までのモチベーションを保ちにくい
  • 疑問点があったとき自力で解決しないといけない


メリット、デメリットを踏まえて1番自分に合う勉強法を選びましょう。

「独学は不安だけれど、資格スクールに通うのは避けたい」と考えている方はオンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師であれば、インターネットを活用して電験三種のマンツーマン指導を受けられます。