プロを指名できるオンライン家庭教師

オンライン家庭教師は東大受験にもおすすめ!【東大入試の特徴や受験勉強の進め方と共に解説】

オンライン家庭教師は東大受験にもおすすめ!【東大入試の特徴や受験勉強の進め方と共に解説】

「東大に合格したい」
「東大の受験対策は何から始めればよいのだろう」

上記のように悩んでいる方はいませんか?

東大は受験科目数が多く、二次試験の問題レベルもかなり高いです。

学習すべき内容が多く、高いレベルが求められるので、しっかりと計画を立てて受験勉強を進めていく必要があります。

本記事では、東大入試の特徴や受験勉強の進め方を解説していきます。

東大入試対策におすすめのオンライン家庭教師も紹介していきますので、本記事を読めば東大合格のためにどんな勉強をすればいいかわかりますよ。

東大の合格実績があるオンライン家庭教師


言うまでもなく、東大の大学入試はハイレベルです。

そのため通常の大学受験対策ではなく、東大入試独自の受験対策を行う必要があります。

東大の合格実績を持つ家庭教師ならば、東大入試対策も把握しているので効率よく受験指導をしてくれます。

オンライン家庭教師マナリンクでも東大への合格実績を持つ家庭教師が在籍しています。

後藤 オンライン家庭教師


後藤 オンライン家庭教師
後藤
オンライン家庭教師
自己紹介
オンライン指導可能です。まずは無料相談+無料体験授業からはじめましょう!
合格実績
国立大学医学部医学科/九州内全ての国立大学(医学部医学科含む)多数
プロフィールを見る



後藤先生は個別指導塾を経営するかたわら、オンライン家庭教師も行っている先生です。

長年の指導経験をもとに、生徒が自分の力で考えられるようになる指導を行っています。

東大入試対策はとにかくやるべきことが多いです。

そのため家庭教師の授業時間以外も自分で考えて、勉強を進めていく必要があります。

後藤先生の授業を受ければ、家庭教師の授業時間以外も自分で考えて東大入試対策を進められるようになりますよ。

後藤先生の他にもオンライン家庭教師マナリンクには、多くの家庭教師が在籍しています。

ご自身の学力に合った家庭教師も見つけられますし、無料体験授業も可能なので、東大合格を目指している方はぜひご検討ください。

東大入試の特徴


物理を教える人

東大入試の特徴を解説していきます。

東大入試は以下の2種類に分かれます。

  • 一般選抜の前期日程
  • 学校推薦型選抜


2016年に後期日程が廃止されたので、学力試験で東大合格を目指すには前期日程しかチャンスがありません。

共通テストは文類の場合5教科8科目または6教科8科目、理類の場合は5教科7科目を受ける必要があります。

共通テストの科目数が多いだけではなく、足切りに合わないように高い得点率を確保しなければなりません。

共通テストは基礎的な問題が多く出題されるので、基礎を確実にして取りこぼしのないようにしておく必要があるでしょう。

東大入試は二次試験の科目数も多いです。

二次試験では、文類・理類ともに4教科で試験が行われます。

共通テストと異なり、二次試験は東大独自の難易度が高い問題が出題されます。

過去問を何度も解き、問題を解く対策だけではなく時間配分など試験を乗り切るための準備もしておきましょう。

東大入試のその他の特徴としては、前期日程の試験は共通テストの得点は110点に圧縮されてしまいます。

二次試験の440点と合わせて合計550点満点で合否が決まるので、共通テストで高い得点率を確保できても二次試験の特典率が低いと合格できません。

  • 共通テストで足切りに合わない得点を取る
  • よりウェイトが重い二次試験対策をしっかりする


上記2点をしっかりと意識して受験対策を進める必要があります。

東大に受かるための勉強法


合格するために必要な勉強

東大合格のための勉強法を解説していきます。

東大に合格するために必要な勉強は以下の通りです。

  • 苦手科目を作らない
  • 効率よく受験勉強を進めていく
  • 答案作成力を身につける


それぞれ確認していきましょう。

苦手科目を作らない


東大入試は科目数が多いです。

共通テストでは、文類の場合は5教科8科目または6教科8科目、理類の場合は5教科7科目を受験しなければなりません。

また二次試験では文類、理類ともに4教科の試験を受ける必要があります。

学習しなければいけない範囲が広いだけではなく、ハイレベルな受験競争に勝たなければいけません。

苦手科目が足を引っ張る状態だと、東大合格は難しいと思っておきましょう。

効率よく受験勉強を進めていく


東大入試は科目数が多く、学習すべき範囲も広いです。

そのため効率よく受験勉強を進める必要があります。

また東大入試では共通テストと二次試験で対策すべき内容が大きく変わるので、それぞれの対策が必要です。

共通テスト対策は足切りに合わないようにするために、基礎レベルを幅広く学習をしていきます。

二次試験では東大入試ならではのハイレベルな問題が出題されるので、過去問を何度も解き応用問題を解く力を身につけなければいけません。

東大合格を目指すのであれば、受験終了までしっかりと計画を立てて臨む必要があります。

答案作成力を身につける


東大合格のためには答案作成力を身につける必要があります。

東大の二次試験ではハイレベルな問題が出題され、記述式で解法も書かせる問題が多いからです。

  • 採点者に自分の解答をわかりやすく伝える能力
  • 限られた試験時間で解答を書き上げる能力


上記2つの能力は自然と身につくものではなく、繰り返し問題を解くことで身につきます。

なので東大入試対策では、暗記だけでなく問題を何度も解いてみることも重要です。

東大入試に向けたスケジュールの立て方


スケジュール帳

東大合格に向けた受験勉強のスケジュールを解説していきます。

東大合格を目指すためにやるべきことはたくさんありますが、受験勉強の進め方自体はシンプルです。

  • 基礎固めの時期
  • 共通テスト直前対策時期
  • 二次試験直前対策時期


具体的には上記3つに分けられます。

基礎固めの時期


受験委必要な知識をまんべんなく学んでいきましょう。

東大入試の二次試験で出題されるような応用問題も、基礎ができていないと解けません。

応用問題を解くための土台作りを行っていきましょう。

大手予備校が主催する模試などを定期的に受けて、客観的に自分のレベルを確認しておくのも重要です。

共通テスト直前対策時期


高3の11月終わりくらいには、共通テスト直前対策をしていきたいです。

東大入試では共通テストの配点が低いので、足切りに合わないレベルを目指しましょう。

二次試験直前対策時期


共通テストが終わったら二次試験直前対策をしていきましょう。

過去問を解き、応用問題に慣れておく必要があります。

東大の過去問のみでなく、他の難関大の過去問を解くのも参考になります。

大学受験にはオンライン家庭教師がオススメな理由


飛び跳ねる二人

大学受験対策にはオンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師がおすすめな理由は以下の2つ。

  • 時間が有効に使える
  • 全国各地から質の高い家庭教師を探せる


それぞれ確認していきましょう。

時間が有効に使える


オンライン家庭教師であれば、予備校と違い通塾の必要がありません。

そのため通塾にかかる時間を節約でき、効率よく受験勉強を進められます。

特に東大は受験科目数が多いので、限られた時間で効率よく受験勉強をしていく必要があります。

全国各地から質の高い家庭教師を探せる


オンライン家庭教師であれば、家庭教師の先生が遠く離れた場所にいても授業を受けられます。

そのため、お住いのエリアに関係なく全国各地から家庭教師を探せます。

オンライン家庭教師マナリンクに在籍している後藤先生のように東大合格実績を持つ先生から授業を受けるのも可能です。

まとめ


東大入試は科目数が多く、試験レベルも高いので、受験終了までの計画をしっかりと立てて臨む必要があります。

とはいえ、基礎固めが出来ていないと東大入試のような応用問題を解くのは難しいのでまずは基礎固めをしっかりとしていきましょう。

東大合格のためにどんな勉強をしたら良いかわからない方は、オンライン家庭教師の授業を受けるのもおすすめです。

オンライン家庭教師マナリンクには後藤先生のように東大合格実績を持つ先生も在籍しています。

オンライン家庭教師であれば、通塾に時間もかからず全国各地から家庭教師を探せるので、質の高い授業を受けられます。