プロを指名できるオンライン家庭教師

中学受験はいつから始めるべき?確実に準備するために必要な期間を解説

中学受験はいつから始めるべき?確実に準備するために必要な期間を解説

中学受験を受けさせたい方にとって、いつから準備をすれば良いのかを解説していきます。

中学受験はいつから準備するべき?


絵を考え中の人

受験校によって多少の誤差はありますが、小学4年〜5年生の間から準備することが平均的です。
実際に生徒の方が中学受験を志望している場合は、とにかく早く始めることをおすすめします。
全国的に有名な進学校の場合はもっと早く、小学1年から学習塾などに通わせる保護者もいらっしゃいます。
大体の教育関係の塾や個別指導では小学4年生(塾によっては3年の2,3月から)から進学するためのプログラムのコースが始まり、5年生から本格的になります。
授業時間やスケジュールが密になり、受講生も友達と遊ぶ時間がほぼなくなってしまいます
そのため、保護者、受験生共に覚悟が必要です。

塾や個別指導はどれを選ぶべき?


授業を受けている様子

生徒の性格によって適材適所があります。
学校の仲間や他校の競争相手がいることで勉強を進めることができる場合は、塾を選ぶことをおすすめします。
テスト結果の順位を張り出して競争したり、合宿のようなプログラムを提供している塾もあります。
塾によっても学習スタイルも異なりますので、見学授業などを受講してどこがお子様に合っているのかを必ず確認してから選びましょう。
競争する・比較されることが苦手、他校の生徒と馴染みにくい・すこし人見知りである場合は個別指導・家庭教師がおすすめです。
周りに人がいないため、1対1でわからないところを随時質問できる・質問しやすい特徴があります。
それぞれのデメリットもあります。
学習塾はカリキュラム通りに授業が進みます。
理解が甘いときは授業外で補ってもらうようになっています。
学習に遅れをとってしまうとついていけなくなる可能があるにもかかわらず、個人的なサポートは充実していない場合もあります。
また、非常に優秀な生徒も在籍していますので、簡単なことが質問しにくいと感じてしまうこともあります。
個別指導・家庭教師の中には学習カリキュラムが甘い・生徒の理解度の進捗に依存してしまうこともあり、最後の方に時間がなくなることもあります。
周りの進み具合に刺激を受けて真面目に勉強する性格であれば学習塾、真面目に勉強に取り組めるが、人見知りしやすい場合は個別指導塾・家庭教育がおすすめです。

自宅学習での中学受験は可能?


パソコンをみる猫

現代では十分に可能です。
スマートデバイスの普及・動画コンテンツの充実する前までは、どれだけ真面目に勉強しても独学では学力が伸びなくなることがありました。
大手学習塾の方が圧倒的成果を出していることがほとんどでした。
しかし、現代はオンライン家庭教師・学習系オンラインサービスが非常に充実しています。
代表的なオンライン家庭教師にマナリンクが挙げられます。
マナリンクはオンライン授業を受けたい生徒と、オンライン家庭教師がマッチングできるプラットフォームを運営しています。
オンラインで授業が行われるので、学習塾・家庭教師が合わなかった、自宅の近くにサービスがない、などのお悩みを解消してくれます。
1科目・1分野から受講できる強みがあり、無駄なく自分の苦手克服や得意科目をさらに飛躍させたいなど細かなニーズに応えてくれます。
そのため、現代であれば十分に自宅で中学受験対策は可能になりました。
学習塾や家庭教師などはカリキュラムに沿って進めないといけないため、苦手分野も得意分野も同じ時間しか取れません。
しかし、オンライン家庭教師では苦手な部分をたくさん受講したり、得意な分野にもっと時間を充てることもできたりします。
生徒毎に最適な学習の進め方がオンライン家庭教師は可能です。

いくら必要になる?


金額の計算中

小学4年から中学受験を始めた場合、大手の学習塾であれば約150万円〜、個別指導塾・家庭教育なら約70万〜が目安と考えておきましょう。
しかし、通常授業のみの平均的な料金なので、夏休みの講習や集中学習など特別授業を受講するとさらに費用が発生すると考えておきましょう。
特に、大手学習塾の夏期合宿は非常に高額なことで有名です。
学習塾ではおおよそ月額2万〜5万円が発生し、入会金・全国模試のテストなどあらゆる場面で費用が発生します。
結果的な費用としては200万〜300万円かかってしまった、ということも起こります。
必ずしも全て参加する必要はないので、受講生の成績やスケジュール、費用面を考慮して取捨選択が必要です。
個別指導塾・家庭教師の場合、月額料金は1万5千〜3万円程度と費用も抑えられていることがほとんどです。
合宿などもなく、夏休みなどは授業数が増える程度となります。
オンライン家庭教師などのサービスの場合はさらに安く、1万円〜3万円程度となります。
入会金も特別な費用もないため、最終的にかかる費用は一番抑えることができます。
自宅含め、オンラインである場所であればどこでも受講可能なので、送り迎えや電車の交通費などもかかりません。
ほぼ授業費用のみで受験の準備が可能です。
学習塾と比べて個別指導・家庭教師・オンライン家庭教師などは、自分が志望校に対してどの程度の順位にいるのかが把握しにくいことは考慮しておきましょう。
そのため、定期的な模試の受講はほぼ必須となります。

どんな人が中学受験に向いている?


笑顔の男性

自己管理能力があること、しっかり受験する意識がある人が向いています。
中学受験は、親の方の意向が強い印象を持たれる方もいます。
しかし、最終的には受験する生徒が行きたいかどうか、中学受験と向き合う覚悟があるかが合否を決めます。
一つ目の自己管理能力があることから説明します。
小学生にとって友達との遊びやそのほかの娯楽は大切です。
中学受験をするとなると、その遊びを一切断ち切らないといけません。
誘惑に惑わされない自己管理があるかどうかは非常に大切な指標になります。
二つ目の受験する意識があるかどうかについて解説します。
中学受験を決めるのは親の意向が強いケースもありますが、結局のところ、子供がなぜ受験するのか?を理解していないと受験に向きません。
無理やりやらされている感覚を持ったまま勉強してしまうと、内容が身につかなくなります。
親の方もお子様も相互に納得し、目的を共有して受験に向かうことが大切となります。

中学受験にオススメのオンライン家庭教師


飛び跳ねる男女

マナリンクでは中学受験におすすめのオンライン家庭教師が多数在籍しています。

千明 公司 オンライン家庭教師


千明先生

数学を担当されています。
自学自習をできるようにすることを目標として教材やワークをどのように使うと身につくのかまで教えてくれます。

kuro オンライン家庭教師


kuro先生

文科系科目を中心としていますが、理科や数学も対応されます。
オンラインですが、illustrator(描画ツール)を使い、実際の板書のようにリアルタイムでどこを解説しているのかがわかる授業が特色です。
自習学習で進学した経験をもとに、いかにして独学で受験に挑むかなどの勉強法も必要に応じて教えてくれます。


マナリンクでは実際に生徒からの質問に対して、先生の回答を見ることができます。
生徒への回答を見ることによって先生の特徴や性格がわかるので、先生とのミスマッチを防ぎます。
実際に塾に行くのはハードルが高い、もう少し気軽に始めたい方にぴったりとなっています。

まとめ


パソコンを見つめる女性

中学受験の準備をいつから始めればよいのか、についてさまざまな観点から解説してきました。
受験生の方の意気込みがあれば、早ければ早い方が良いことには違いありません。
平均的には4年生からの準備を始めると、余裕をもって堅実な準備が可能です。

生徒にとって現代の教育サービスの選択肢は学習塾、個別指導、家庭教師があります。

最近では、マナリンクのような自宅や場所問わず、オンラインの環境があればどこでも受講可能なオンライン家庭教師サービスも存在しています。
しっかり自分のお子様の性格ややる気をみて、どこが適しているのか?を検討してみましょう。