学習障害のお子様には家庭教師がオススメ?その理由とベストなサービスを解説!

学習障害のお子様には家庭教師がオススメ?その理由とベストなサービスを解説!

「学習障害」は見過ごされる可能性も高く、近年では発生率の高い障害の一つです。
そんな学習障害の概要と、有効な学習法について見ていきましょう。

学習障害とは?


空色の部屋

学習障害(限局性学習症)とは、注意欠如・多動症(ADHD)や自閉症スペクトラム障害と同じく、発達障害の一種です。
ただし知的水準や身体の機能に大きな傾向はないため、小学校に上がるまで保護者も周りの大人も症状に気付きにくいという特徴があります。
なぜ小学校に上がると判明するかと言うと、本格的な学習が始まるからです。

学習障害は、別名LD(Learning Disability)とも呼ばれています。

その名の通り、読み書きや計算など特定分野の学習を極端に苦手なお子さんが多く、
様々な刺激を脳に取り込む際の部分的な遅れや偏りによる「機能障害」が原因とされています。
ある分野にだけ強いこだわりを持っていたり、視覚や聴覚などが異様に優れているまたは劣っているなど、
認知面にその子ども特有の発達的特徴が反映する場合が多いです。

また学習障害は他の発達障害同様に、男児の方により多く見られる傾向があります。
そのため「男の子だから発達がゆっくりしている」「元気がいいだけ」といったように、発達の幼さを許容されやすく、見過ごされやすい側面もあります。
学習障害は他の発達障害と併存するケースが多く、学業成績が低くなる傾向にあります。

自身と周囲との違いを認識することで、抑うつ症状や不安症といった精神的不調をきたすことも少なくありません。
平成18年度と平成25年の人数を比較すると、学習障害は約8倍に増加しています。

また2012年の文部科学省の調査結果によれば、学習障害含む発達障害の可能性があるとみなされた全国の小中学生は、全体の6.5%に上ります。
この数字は医師によるものではなく、小中学校の教師の判断によるものですが、結果に基づいて試算してみると、発達障害の可能性のある生徒は実に30人学級に2人程度となります。
令和2年の現在において、その割合はますます高まりを見せています。
学習障害には、根本的な治療方法がありません。
本人の理解力に応じた適切な教育を受けることと、症状と上手く付き合いながら生きていく術を身に付けることが大切です。

学習障害のお子様の特徴


学習障害のタイプ

上述した通り、学習障害には外見的な(目に見える)特徴はありません。
あくまでも学習に対峙した際に、ある特定の課題の習得だけが困難です。

学習障害の多くは、学校での勉強が1~2学年程度遅れています。
また、習得困難な分野は主に次の3つに分けられます。

読字障害(ディスレクシア)

学習障害の中で一番多い症状です。
文章を読むのが極端に遅い・読み間違いが多い特徴があります。

書字障害(ディスグラフィア)

「文字が書けない」「書いてある文字を写せない」症状です。
また、文字が読めるのに書けない場合も該当します。

算数障害(ディスカリキュリア)

1、2、3…などの基本的な数字や、「×」「+」などの計算式で使う記号の認識が困難です。
数字を揃えて書く、バランスを考えることも苦手です。
幼児期から文字に興味を示さない、数を数えられないといった特徴もあります。
その他には、上述したようにADHD、自閉症スペクトラムと併発するケースが多いため「注意力や集中力が散漫」「周囲とのコミュニケーションに難あり」などの特徴があります。

家庭教師が学習障害のお子様にオススメの理由


フードをかぶって微笑む少年

学習障害のお子様には、複数人で学習する環境は最適とは言えません。
なぜなら、授業についていけなかったり、周りに他の生徒がいることで集中できなかったりするからです。
その点家庭教師であれば、お子様とマンツーマンで授業ができます。

他の生徒を気にする必要もなく、さらにコミュニケーションを図りながら授業を行うことで、お子様のモチベーションアップにつながりやすい特徴があります。
学校や学習塾では、生徒一人ひとりとの時間が限られているため十分なコミュニケーションを取ることは難しいので、家庭教師ならではの特性と言えるでしょう。

お子様と家庭教師がダイレクトにコミュニケーションを取ることで、「この先生(=授業)は楽しい!」と認知してもらいやすく、学習効果が高いです。
さらに、授業は自宅で行うため普段と環境が変わらず、リラックスできるというメリットもあります。

家庭教師を探すならオンライン家庭教師 マナリンクがオススメ!


オンライン家庭教師マナリンクは、豊富な講師陣と生徒をつなぐプラットフォームです。
専用ホームページからプロフィールなどの詳細ページを閲覧し、講師を指名できます。
講師によってコースは様々、各教科のスペシャリストから高品質な授業を受けられます。

曜日や時間の融通がつけやすいため、忙しいご家庭にもピッタリ。
就学したてのお子様から社会人まで、多くの方々にご利用頂いています。

学習障害のお子様のサポートをしているオンライン家庭教師を紹介!


オンライン家庭教師マナリンクには、様々な講師が在籍しています。
中には、学習障害・ADHD・自閉症スペクトラムのお子様への指導経験のある講師もいます。
学習障害のお子様の指導の際は、上述したように勉強はもちろん、「コミュニケーション」が非常に大切です。

マナリンクのオンライン家庭教師は、お子様と対話することで興味を引き出したり、勉強への意識づけを促したり、やる気をアップさせることに長けています。
勉強に苦手意識を持っているお子様にも、ピッタリのところから指導することで勉強が好きになることも十分可能です。
そんなオンライン家庭教師マナリンクのオススメ講師を2名ご紹介します!

大門オンライン家庭教師


 
  
   大門 オンライン家庭教師  
  
   
大門
   
オンライン家庭教師
  
 
 
  
   
自己紹介
   
はじめまして。発達障害児専門の家庭教師歴7年になります、大門と申します。発達障害や精神疾患、子育て支援などの専門的経歴を有しております。ご安心してなんでもご相談くださいませ。
  
  
   
指導実績
   
発達障害児者専門講師として、六年間、発達障害と診断された子どもや、昨今増えつつあるボーダーと称される小学生から高校生までの発達障害児・者、および不登校児・者への学習サポートを行ってまいりました。
  
 
   プロフィールを見る  



大門先生は、発達障害児専門講師として6年間、学校の補修や進学準備指導にあたってきました。
「ボーダー」含む発達障害・不登校の生徒にはオリジナル教材による学習サポートを提供。
発達障害や精神疾患、子育て支援などの専門的経歴をお持ちで、保護者にとっても心強い味方になってくれます。

そんな大門先生の指導コースは英語(ローマ字の書き方から)、算数(不登校・登校渋りコース)、5科目(発達障害支援コース)など多彩。
発達障害コースでは「将来ひとり立ちする算段を一緒に立てる」をモットーに指導されています。

生徒の趣味や好きなテレビ番組なども趣味に取り入れ、会話のきっかけにしています。
専門的な知識をお持ちの大門先生と、よりよい学習習慣を身に付けませんか?

めぐみオンライン家庭教師


 
  
   めぐみ オンライン家庭教師  
  
   
めぐみ
   
オンライン家庭教師
  
 
 
  
   
自己紹介
   
こんにちは。 めぐみと申します。 勉強を通じて生徒さんに自信をつけてもらい、少しでも勉強を前向きにとらえてもらえたら、というのが願いです。
  
  
   
生徒様の声
   
・思いつきそうだったら生徒のペースにあわせて待ってくれるのでやりやすい・穏やかで話しやすい雰囲気で生徒も落ち着いて受けられている
  
 
   プロフィールを見る  



不登校、ADHD、ディスレクシア傾向の生徒の指導経験を多数お持ちのめぐみ先生。
家庭教師歴5年目で、オンライン家庭教師としても人気の先生です。

転職コンサルタントのご経験もあり、悩み相談もしやすい気さくな人柄が魅力。
先生付きの「オンライン自習」コースや英語「基礎」コース、不登校専用コースなど、指導コースは多彩です。
プライベートな趣味はダイビング、スキー、登山などアクティブな傾向。
感謝の声が多数寄せられているめぐみ先生と一緒に、学力アップを目指しましょう!

まとめ


学習障害などの発達障害は、年々増加しています。
ぜひオンライン家庭教師で、お子様に「ピッタリ」の勉強をスタートしましょう!