プロを指名できるオンライン家庭教師

中学受験にかかる費用は?合格するための賢いお金の使い方とは?

中学受験にかかる費用は?合格するための賢いお金の使い方とは?

中学受験にはいくらかかるのでしょうか?私立、国公立それぞれの費用と塾に通う費用についてまとめました。

中学受験の費用について



お子さんが中学受験をすることになった場合、一番気になるのが受験費用や授業料などの費用です。

この記事では、中学受験をする場合にかかる費用や、私立中学を受験した場合と公立の中高一貫校を受験した場合にかかる費用、入学してからかかる費用などについて紹介していきます。

受験準備における概要


お子さんが中学受験をする場合、ほとんどの家庭では塾に通わせることになります。その場合、3年間通うとして、大手の塾では平均で200万円前後の出費を考える必要があります。

もちろん、塾を2つ以上通わせたり、家庭教師もつけたりすれば、その分費用が上積みされていきます。

また、公立の中高一貫校のみを受験するのか、私立中学も受験するのかによっても異なり、受験科目や重点を置く科目が異なるため、両方を受験する場合は塾での受講が必要な科目数も増えますので、その分費用が上積みされることになります。

さらには、受験料のことも考えなくてはなりません。

私立中学を受験する場合、学校によっても異なりますが、都内ですと、受験料は平均で2-3万円/校となります。
つまり、3校受験するのであれば、受験料だけで4-6万円くらい必要です。

入学してからの費用


中学を受験して無事に合格した後に必要になるのが、入学金や授業料といった諸経費です。

私立中学の場合、入学金の平均は約26万円で学校ごとの差も大きいですので十分に下調べをする必要があります。
また、授業料の平均は3年間で141万円です。

この額はかなりの巨額になりますので、受験する学校が本当にお子さんに合っているかどうかや家計的に支払いが大丈夫かなどを慎重に検討する必要があります。

なお、公立の中高一貫校の場合は、基本的に中学に当たる最初の3年間は、義務教育扱いのため、授業料が無料です。

受験準備のための費用


中学受験を考える場合、多くのお子さんは小学校3−4年生くらいから塾に通い始めます。

現在は塾といっても、従来型の集団指導を受ける形式の塾だけでなく、オンライン形式でマンツーマンでの個別指導を行う塾などもあります。塾の指導形式などがお子さんに合うかどうかも考えて塾を選ぶ必要があります。

早稲田アカデミーや四谷大塚といった大手の塾の場合、入塾金が2-3万円、授業料は、大体4年生が2-4万円/月、5年生が3-5万円/月、6年生が3-8万円/月となっていて、3年間にすると大体200-240万円くらい必要となります。

このくらいの支出をしても家計が大丈夫かどうか事前によく考える必要があります。

なお、これは授業料だけのお話で、これに夏期講習、冬期講習、春期講習、公開模試などの費用が加算されることも忘れてはいけません。
さらには、塾によっては、教材費や塾独自のテスト代、年会費などが別途かかる場合があり、その分の費用も用意しておく必要があります。

参考までに大手進学教室3校の費用の表を引用しておきます。


1・早稲田アカデミー
入塾金             22,000円
受講料
4年生/Sコース・4科コース   27,500円
5年生/Sコース・4科コース   43,010円
6年生/Sコース・4科コース   44,000円
備考   別途年会費2,900円(税込)/月・教材費・必修テスト代が別途かかります。
参考元:費用のご案内 | 進学塾・学習塾なら早稲田アカデミー(2021年4月現在)


2・四谷大塚
入会金             22,000円
受講料
4年生/4教科本科コース      36,300円
5年生/4教科本科コース      45,100円
6年生/4教科本科コース(~7月) 57,750円
6年生/4教科本科コース(9月~) 79,750円
備考   講習費、志望校判定テスト代,合不合判定テスト代などが別途かかります。
参考元:四谷大塚ドットコム/四谷大塚 入塾案内(2021年4月現在)



3・日能研
入会金         22,000円
授業料/月(2月~7月の前期月額費用) 
4年生/Wコース4科 20,900円
5年生/Wコース4科 26,334円
6年生/Wコース4科 32,076円
備考   期間講習、学習力育成テスト、学習力育成テスト、教材費等、副教材費が別途かかる。
参考元:通い始める前に | 日能研まるわかりガイド(2021年4月現在)

私立に進学した場合


お子さんが私立中学に進学する場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

まず念頭に入れておくべきは、上記に記したように、受験の準備だけで塾の費用など3年間にすると大体200-240万円くらい必要となるということです。

その上で、東京都内の私立中学を例にとって考えてみると、受験料がまず平均で2-3万円/校かかります。

そこに入学金の平均が25万8066円、施設費が平均で4万2036円、授業料が平均で48万0950円、制服などの諸経費が18万9479円で、合計すると初年度にかかる費用は97万0531円かかります。

入学金や制服代など、初年度のみの経費のことを考慮した上で、交通費や修学旅行積立金などこの中に含まれない費用も考えると、一貫校の場合、中高の6年間で600-700万円ほどの支出を考えるべきです。
 
なお、最新の入試傾向や試験日などを総括すると、まず、入試のキーワードとなるのは、実倍率、所在地、中堅校の3つです。

近年は安全志向が顕著になってきたため、難関校と言われる学校よりは、関東であれば、芝浦工大付属など、タワーマンションが多い地域からアクセスがよく、前年の実倍率が2倍以上3倍以下の中堅校と言われる学校が人気になっています。

また、入試問題の傾向として顕著なのは、国語で図やグラフなどを読み解く問題が多くなってきたことです。
従来型の長文読解の比率が減って、図やグラフなどから読み取る力を見る問題が増えています。

算数では数学記号の意味を説明させるなど記述式の問題が増えてきました。
国語や算数のこのような変化は、発想の柔軟さや考える力を見たいものと考えられます。理科や社会ではあまり顕著な変化は見られません。
 
入試の日程に関しては、首都圏の場合、ほとんどの中学は2/1-2/4に集中しています。

この日程ですと、同日でも午前の試験のところと午後の試験のところがありますので、掛け持ち受験も可能な場合があります。
詳しくはhttps://www.inter-edu.com/edunavi/educational-information/201028-03/
が参考になります。

なお、年度によっても入試の日程は変更になることがありますので、正確な日程は受験希望校のホームページなどで確認することをお勧めします。

公立に進学した場合


お子さんが公立の中高一貫校に進学した場合は、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

私立中学に進学する場合と同じく、まず念頭に入れておくべきは、受験の準備だけで塾の費用など3年間にすると大体200-240万円くらい必要となるということです。

その上で、東京都内の公立中高一貫校を例にとって考えてみると、受験料がまず平均で2200円/校かかります。
そこに入学金の平均が約15-40万円、授業料は最初の3年間はありません。

制服などの諸経費が約7万円で、合計すると初年度にかかる費用は40万円前後かかります。

入学金や制服代など、初年度のみの経費のことを考慮した上で、交通費や修学旅行積立金などこの中に含まれない費用も考えると、一貫校の場合、中高の6年間で60-80万円ほどの支出を考えるべきです。

しかし、私立中学に進学した場合より1/10前後の費用に抑えることができます。なお、公立の中高一貫校の場合、年収910万円以下の世帯は基本的に授業料が無料です。
 
なお、公立中高一貫校の場合、入試で合否を左右するのは、小学校が作成した調査書と、いわゆる学力検査の代わりの適性検査です。

この適性検査は、様々な教科の枠を超えた総合的な問題が出されるものですが、社会問題や身の回りの事象などを題材に文章や図などで解答させるもので、私立中学受験のような受験勉強ではなく、総合的な考える力をつける必要があります。

また、毎年の傾向にあまり差がないので、過去問の練習が有効です。
 
入試の日程に関しては、都道府県によって異なりますが、東京都や神奈川県の場合、令和3年度は2/3でした。(参考元https://resemom.jp/article/2020/06/12/56712.htmlhttps://www.shozemi.com/jyukenjoho/column/2020/2021_5.html

受験する場合は、希望校のホームページなどで正確な入試日程を確認することをお勧めします。
 

特待生制度や奨学金について



「お子さんに中学受験をさせてあげたいけど学費など経費が心配」という方のために、この項では様々な特待生制度や奨学金制度について紹介します。

上手に活用すれば、学費などをあまり心配することなく中学受験に踏み切ることができます。

ただ、奨学金制度などの中には、条件付きのものや賞与型のため将来的に返済義務が生じるものがありますので、条件などをよく吟味してから選びましょう。

特待生制度について


私立中学の中には、特待生制度がある学校があります。

一口に特待生制度といっても、入試の際に一般入試の中から成績上位者を制度の対象とするところと最初から特待生向けの入試を行うところがあり、学校によって異なりますので、希望する学校のホームページなどで詳細な条件などを事前に調査しておく必要があります。

また、特待生として合格しても、中高の6年間の学費全額が免除になるのか、数年間だけなのかなど学校によって異なります。

ところで、特待生として中学に入学することのメリットやデメリットですが、メリットとしては、何といっても高額な学費が免除あるいは減免されるということが最も大きいです。

そのことによって、家計的に公立の中高一貫校でないと難しいという場合でも私立中学への通学が可能になる場合がありますし、滑り止めとしての私立中学の受験を考えることもできます。

ほかのメリットとしては、公立の中高一貫校より私立中学のほうが入試が早いことが多いので、私立中学に特待生として合格した場合、そこに進学するのであれば、それ以降の受験費用が必要なくなるということです。

さらには、特待生枠での受験のほかに、私立中学の一般入試、公立の中高一貫校の入試と受験の選択肢が最大3回に増えることもメリットです。

突然の体調不良や交通機関のハプニングなどで1つ受験の選択肢を逃してしまったとしても、ほかに2回残っていることになります。

このことは精神的な余裕とさらにはよい結果につながることになります。

一方で、特待生としての入学には、デメリットももちろんあります。

学校によって特待生制度の内容や条件が異なるので、学校によっては、毎年特待生になれるわけではないということに注意しなければなりません。
そのため、特待生制度を利用したい場合は、事前に希望する学校の特待生制度の内容や条件、人数などについて入念に下調べをする必要があります。

奨学金制度について


私立中学などでは、学校独自の奨学金制度を設けている学校もあります。

また、大阪府など一部の自治体では、私立中学生向けの補助金制度があり、実質的に奨学金のような役割をしています。

学校独自の奨学金制度を設けている学校には、都内ですと、桜蔭中学や麻布中学、青山学院中等部などがあります。内容や条件は学校によって異なりますので、学校のホームページなどでの確認が必要です。

自治体の補助金や奨学金についても、補助金や奨学金の有無、内容、条件は各自治体によって異なりますので、自治体のホームページなどでの確認が必要です。

中学受験をすることのメリット


中学受験には、中学と高校の6年間で授業のカリキュラムを組む学校が多いため、学校独自の特色のある教育を受けることができることや、将来的に大学などへの進学実績の良い学校が多くあるなどのメリットがあります。

特待生制度や奨学金制度などを上手に利用して、お子さんが中学受験を希望しているのであれば、かなえてあげる方法をこの記事で見つけることができたならうれしいです。