大学受験するなら、予備校と家庭教師どちらがいいか徹底比較!

大学受験するなら、予備校と家庭教師どちらがいいか徹底比較!

大半の友達は予備校に行ってるから予備校のほうが良いかもと安易に決めないほうが良いかもしれません。
家庭教師も家に来ないオンライン家庭教師なども!

予備校の特徴・メリット


・周りの勉強仲間と同じ場で勉強できるためモチベーションが上がる
・集団指導に特化した(全体最適された)カリキュラムに沿って指導を受けられるため、受験に向けての道筋を予備校側で作ってくれる
・授業とは別に、自習室で勉強をすることが出来る


家だとダラダラしてしまい勉強に集中できない・・・勉強をする仲間と一緒に同じ空間で頑張りたいと
といった方には予備校はオススメです。また、意外とあって良かったという意見が多いのが自習室です。
予備校によっては1科目/1カリキュラムの取得から自習室は使い放題という予備校もあるため、自習室メインで利用をしたい方はそういった使い方も可能かと思います。

予備校のデメリット


・生徒1人1人に先生が手厚いサポートが出来ない場合もある
・質問する時間が限られている/出来ない
・集団授業なのでついていけない場合は辛い

集団指導ということは複数の生徒さんに最適な、つまり誰にでも意味がある役に立つ指導を心掛けます。当然、先生のレベルも高い場合もありますが、それがあなた(その特定の生徒さん)に最適化されているかどうか?とはまた別の話になってしまいます。

これは、メリットとの裏返しになってしまうのですが、集団指導のデメリットは1人1人に家庭教師なみのマンツーマンのサポートは先生も当然できません。そういった意味でも、自分がどちらにスタイルにあっているのか考えながら選ぶことをオススメします。

家庭教師の特徴・メリット




・マンツーマン指導なので生徒さんのレベルに合わせてしっかり伴走できる
・生徒さんの苦手意識など深いところまで確認できるので振り返りの指導からスタートできる
・あなた(生徒さん)独自の勉強カリキュラムの作成ができる

マンツーマンだからこそ、こういったメリットがあるということですね。
先程の予備校の場合は、たとえ生徒さんが今やっている範囲から少し遡っておさらいしたいと思っても、当然他の生徒さんがいるため出来ません。そういった意味で家庭教師というものはあなた専用の先生になるため生徒さんに合わせたカリキュラムやサポートが可能となります。

家庭教師のデメリット


家庭教師のデメリットは、ずばり良い先生を見つけることが難しいことです。
集団指導の場合は複数人の生徒さんに教えるといった(教壇に上がる)と意味でもある種、指導が上手な先生が多いです。ただ、距離が遠く届かないといったデメリットは先程お話したとおりです。

では家庭教師の場合は、いわば私は家庭教師ですといえば、誰でも家庭教師になることが出来ます。
資格なども当然無いですし、実際に相性や良い先生かどうかは生徒さんの反応を見るまで分かりません。

また実際にどんな先生が在籍しているのか確認出来ないため、そこだけが少し気をつけなければいけない点となります。


***

いかがでしたでしょうか?
ただ、オンライン家庭教師マナリンクの場合は、先生1人1人の見える化を行っており、自己紹介動画などでも事前にチェックが可能です。
無料体験指導も行っておりますので、ぜひ公式LINEよりご連絡ください。