高校受験対策で塾か家庭教師かで悩んだら

高校受験対策で塾か家庭教師かで悩んだら

料金のことや子供の状況に合わせてうまくバランスをとって一番良いものを利用したいことは誰しもが思いますが
実際に初めてだらけのご家庭も多いのではないでしょうか。そこで今回は高校受験対策でどういった利用パターンがあるかをまとめてみます。

プロのオンライン家庭教師を探す

まず、高校受験とは改めて

高校受験をする際に志望校がまず公立なのか私立なのかによって異なってきます。
公立校を目指しているのかそれとも私立校を目指しているのかをまずはっきりさせましょう。

科目数が違う


一般的に公立は5教科、私立は3教科が一般的です。
私立のほうが科目数が少ないから簡単!というわけではなく公立5教科は教科書の範囲内・レベルからの問題が多いですが私立の場合は教科書より難易度の高い問題が出されるため決して簡単ではありません。

よって公立なのか私立なのかによって高校受験対策の前提はまず変わってきます。

3年間の学校成績も影響する


公立入試の場合は一般入試でも3年間の学校の成績も加味されます。
よって、中学3年生になってから頑張ろう!だと少し遅いんですね。そういった意味でも高校受験対策というものは中学1年生から既に始まっているといえます。

前置きが少し長くなってしまいましたが、では高校受験対策として塾と家庭教師どちらが良いのか?
これは結論、生徒様の状況だったりタイミングだったりと一概にどれが良いのかはご家庭によって変わってきます。

集団塾の良いところ


集団塾の場合は塾自身も当然「高校受験」をゴールにしており、複数の生徒に高校受験に向けて逆算したカリキュラムを提供するため、カリキュラムや受験を意識した授業の内容といえば一番質が高いです。

ただ、一方でその良い内容のものを100%生徒様が消化できるか出来ているかは別問題のため、親御様がしっかり理解度をコミュニケーションを取りながら見ていく必要があります。

よくあるのが合格実績もしっかりある塾に通わせているから安心と思ってしまうケース。
これはあるあるですがどれだけ良い環境・内容があったとしてもそれについていけてるのかは全く別の話のためしっかりと確認をする必要があります。

では個別指導が良いのか?


個別指導の場合は集団授業ではなく1対2だったり1対3だったりとある程度1人の生徒様に時間を掛けることが出来ます。
ただ、1人の生徒様に100%寄り添うことはできないため、中途半端になっているかどうかはしっかりチェックする必要があります。

集団塾の場合はプロの先生が一斉授業をするため質が高いがついていけてるのかは別問題。
一方個別指導の場合は生徒様のペースに合わせる↔カリキュラムを進めるがある種相反してしまう可能性もあります。

一見、美味しいとこ取りのように見えてしまいますがそれは逆を返せば中途半端になってしまうケースもあるため、その点は集団塾どうように生徒様にあっているかはしっかりご家庭がチェックをする必要があります。

では家庭教師はどうか?


ここまで書いてきたようにではマンツーマン指導ができる家庭教師が良いのか?というと当然家庭教師でも注意が必要です。
特に高校受験を前提にお願いしている場合は学生家庭教師ではなく受験対策の経験がある先生がオススメです。

よくご家庭が勘違いされるのが「良い大学に在籍している先生は優秀」と考えてしまうことです。

例えば、○○大学在籍の先生、指導歴1年目と指導歴5年目の社会人の先生。どちらが良いでしょうか?
冷静に考えれば後者なのですが大学名だけで選んでしまうケースもあるため注意が必要です。

自分が優秀で大学に入ったと教えることが上手いことは全く別問題です。
さらにいうと高校受験対策として考える場合は過去に経験がある先生のほうがより安心できますよね。


高校受験で家庭教師を考えているならオンライン家庭教師がオススメ

ここまで書いてきたようにマンツーマン指導をする際は経験のある家庭教師がオススメですが
では周りにそういった経験のある家庭教師がいるか?ってなかなか探せないですよね。
だからこそ場所に関係なく最高の先生を探せるオンライン家庭教師はオススメです。

オンライン家庭教師のマナリンクでは先生1人1人のプロフィールを事前に確認できますので高校受験対策の経験がある先生に指導をお願いすることももちろん可能です。

ご相談やお問い合わせは無料ですのでいつでも公式LINEよりご連絡ください!