プロを指名できるオンライン家庭教師

小学生で勉強を習慣化させるコツとは?とっておきの方法をご紹介します

小学生で勉強を習慣化させるコツとは?とっておきの方法をご紹介します

小学生のうちから子供の勉強を習慣化させるには、どうしたらいいんだろう…
世の中には「勉強よりも遊ばせることが大事」という考えもありますが、あまりに家庭学習をしないお子さんだと、心配になってしまいますよね。

小学生は、まだまだ集中力が持続しなかったり、学習の仕方が分からないことが多く、大人のサポートが必要な年齢です。
今回は、そんな小学生のうちから勉強習慣をつけるコツと、オンライン家庭教師が有効な理由について解説します!

勉強を習慣化する方法


勉強を習慣化する方法

まず、小学生に勉強を習慣化する有効な手段について、考えてみましょう。
もっとも大事なこと、それは「勉強を強制的にやらせる」はしないことです。

勉強はある程度習慣化がつくまで、親がサポートするべきです。
ですが、それは強制させるのとイコールではありません。
まずは勉強に興味をもってもらい、そこから日々できることまで落とし込むところから、始めてみましょう。

毎日決まった時間にする

学習習慣をつけるために最も効果的な方法は、「時間を決める」ことです。
これは、時間の長さというよりも、開始時間という意味です。
例えば、「おやつの後」だったり、「晩御飯の前」などですね。

小学生はまだあまり集中力が持続しませんので、30分~1時間といったスパンで、キリのいいところまで仕上げる、という「学習の濃さ」が大切になります。
一度習慣化してしまえば、保護者の方が声掛けする前に、お子さん自身が勉強しなきゃ!という気持ちになるでしょう。
場合によっては、やらないと何かスッキリしない…というような気持ちになることも。
小学生のうちから自発的に学習を行う習慣がつくことは、大きな財産となるでしょう。

保護者の見える場所でする

近年では「リビング学習」という言葉があるように、自室で学習するよりも保護者の方の目の届く範囲で学習を行うのが一般的になりつつあります。
ある程度自立心が発達するまでは、保護者の方とコミュニケーションを取りながら行える環境の方が、学習がスムーズに進むと言えるでしょう。
分からない問題を都度聞きに来る必要もないため、保護者にとってもお子さんにとっても効率的な学習の仕方ですよね。

また、学校から帰ってきてランドセルをリビングに置き、何の宿題が出たかなどをその場で確認すれば、すぐにその勉強に取り掛かれるというメリットもあります。
一度自室にランドセルを置いてしまうと、次の日の準備をするまで放置しがちになってしまいがちです。
そのような悪循環を避けるためにも、リビングやダイニングでの学習は有効です。

適度に褒める

小学生のお子さんのみならず、大人になっても褒められるのは嬉しいものですよね。
叱咤されてやる気が出るお子さんまたは大人は、なかなかいないでしょう。
そのため、毎回きちんと学習できたり、解けなかった問題が解けるようになったり、テストでいい点数が取れた時などは、タイミングを逃さず褒めてあげましょう。
モチベーションがアップし、また頑張ろうという意欲に繋がります。

また、テストの点数が悪かった時、宿題ができなかった時は責めるのではなく、理由を考えさせることが大切です。
このように、アメとムチを使い分けることが、学習習慣を身に付けるのに有効となります。

宿題をあまりやらない時は?


悩んでいる人

お子さんが学校から出された宿題をないがしろにしてしまう…よく聞くお悩みですね。
そんな時には、どのような対処法があるのか、考えてみましょう。

毎日、確認する

上述したように、まずはお子さんが帰宅してから、ランドセルを自室に放置…という事態を避けることが大切です。
低学年か高学年かでも変わってきますが、宿題の提出率が低いお子さんの場合は、まだ学習管理を一人で行うのは難しいと判断できます。
そのため、帰宅したらリビングで中身を確認し、宿題の有無を一緒に確認するといいでしょう。
その上で、提出期限が早いものから優先的に学習させる癖をつければ、自分一人でスケジュール管理をする自立心が養われます。

保護者と一緒にやる

「一緒に」と言っても、学習を手伝うという意味ではありません。
もちろん、中には隣に座って見守っている期間も必要かもしれません。

しかし、保護者の方にも仕事や家事など、タスクは多いですよね。
そのため、いずれは一人で宿題を行える状態が必要で、その時期は早ければ早いほどいいと言えるでしょう。
この場合の「一緒に」は、例えば保護者の方が「洗い物」だったり「お風呂洗い」だったりといった家事などを行う時間を、お子さんの宿題タイムにする、ということです。
「同時に」と言い換えることもできますね。
なかなか宿題を始められない場合は、「よ~い、ドン!」といって競争形式などにすると、ゲーム感覚で行えるかもしれません。

ご褒美を与える

場合によっては、きちんと宿題をできたご褒美として、お菓子を与えたりゲームをさせてもいいでしょう。
宿題をきちんとすれば、気兼ねなくゲームができる…これは、一種の刷り込みですね。
好きなことを目前にするとやる気になるのは、大人でも一緒です。
適宜、ご褒美を取り入れながら、楽しく癖づけしましょう。

小学生の頃から勉強習慣を付けさせる必要性について


本をみて驚く少年

小学生の頃から勉強習慣を付けるメリットは、ズバリ中学生以降の勉強をスムーズにするためです。
中学生になると、小学生の時とは比べものにならないくらい授業の進度が早くなります。

そのため、授業についていけない生徒が続出する事態となってしまうのです。
そして、小学生のうちに勉強する習慣が無かった生徒が、いきなりその習慣を身に付けようと思っても、時既に遅し、間に合わなくなってしまう場合が多いです。
そうすると中学生以降もずっと、テストや授業に振り回されることになります。

また、小学生の頃から勉強習慣を身に付けることは、興味の芽を育てることにもなります。
学習がスムーズにいかない生徒は、勉強全体を嫌いになりがちです。

これは、とてももったいないことです。
子供に限らず、大人だって得意分野と苦手分野がありますが、できるだけ得意分野を見つけて、生活を充実させる手段を持っていたいですよね。
そのためには、基礎的な学力をキープした上で、様々な体験をさせたり、いろいろなジャンルの学問や活動に触れることが大切です。
お子さんの才能を開花させるために、「基礎学力を身につけること」に着目しましょう!

オンライン家庭教師と一緒に勉強を習慣化しましょう!


オンライン家庭教師「マナリンク」では、各教科のスペシャリストが授業を行ってくれます。
ご自宅のパソコン、スマートフォン、タブレットなどを通して簡単に学習をスタートでき、教科ごと、または苦手分野だけ家庭教師を付けるといったことも可能です。
学習時間や曜日も自由に選べるため、ご家庭・生徒のスケジュールに合わせられます。

普段接したことのない大人の講師に褒めてもらうことが刺激となり、自宅学習にメリハリが付くというメリットも。
ぜひ一度、マナリンクの豊富な講師陣と、指導コースをチェックしてみてください!

若田部オンライン家庭教師


若田部 オンライン家庭教師
若田部
オンライン家庭教師
自己紹介
「科目の専門性」×「学習理論」×「モチベーション」=「なりたい自分へ」
はじめまして!若田部と申します! 「なりたい自分になろう!」がモットーです。なりたい自分になるために必要なサポートを、勉強を通じて、ご提供したい!と思っております。
合格実績
早稲田大学、慶應大学、上智大学、学習院大学
※一部抜粋
プロフィールを見る



青山学院大学文学部をご卒業後、大手塾に勤務し、集団授業~個別指導を行ってきた先生です。
現在はカウンセラーやコーチのかたわら、オンライン家庭教師として活動されています。
「なりたい自分になろう!」をモットーに、英語・小論文の指導コースを提供中です。
スポーツ、映画、音楽などプライベートの趣味が多く、生徒とのコミュニケーションは抜群!

北島オンライン家庭教師


北島 オンライン家庭教師
北島
オンライン家庭教師
自己紹介
私は長年、塾講師や家庭教師、学習アドバイザーとして様々な生徒さんを指導してきました。正しいやり方を続けていけば、必ず力は付いていきますので、一緒に頑張っていきましょう。
学歴
上智大学外国語学部ロシア語学科 卒
プロフィールを見る



上智大学外国語学部をご卒業後、大手学習塾勤務、学習アドバイザーのご経験をお持ちの先生です。
指導経験はなんと16年にわたり、マンツーマン指導のできるオンライン家庭教師に転向されました。
学力の要であり、最も教えるのが難しいとされる「国語」の指導にあたっています。

生徒一人ひとりに寄り添い、一緒に考えたり悩んだり喜んだり…
その全てにやりがいを感じている北島先生の暖かい指導が、得点アップに繋がります!

まとめ 


オンライン家庭教師「マナリンク」では、多数の講師が在籍しているので、どんなお子さんにもピッタリの先生が見つかります。
ぜひ、小学生のうちからお子さんの勉強習慣を付けるために、マナリンクをお役立てください!