【中学生向け】夏期講習とお子さんの見極めできていますか?

【中学生向け】夏期講習とお子さんの見極めできていますか?

夏期講習を有効活用しませんか?夏休みはまとまった勉強時間がとれるので苦手の克服や先取りなど成績アップを狙える時期になります。しかし多くの方が夏期講習の内容とお子さんの学習状況をきちんと分析しないまま夏を迎えてしまっています。この記事を読めばライバルに一歩差をつける夏前の準備について知ることができます。

【中学生向け】夏期講習とお子さんの見極めできていますか?


中学生の夏休みは平均して約40日あります。夏休みは学校がない分、勉強する時間を確保でき、上手に計画を立てて勉強することで、今後の成績上昇につなげることもできます。一方で、特に計画を立てずに過ごしていると、朝起きる時間や夜眠る時間がバラバラになり、生活リズムが崩れてしまうことも考えられます。
 
夏期講習という決められたスケジュールのなかで、勉強をすることによって生活リズムを維持しながら学習習慣を身につけることもできるでしょう。ただ夏期講習といっても、具体的にどのような内容のことを勉強するのか、分からない方もいると思います。
 
以下では、中学生1・2年生の場合、3年生の場合に分けて夏期講習を受ける目的を紹介します。
 

中学1・2年生の場合


中学1・2年生の場合は、夏期講習に行く目的として、基本的にはここまで習った範囲の復習を行うことが挙げられます。中学3年生、受験に向けて最も大事な土台となる基礎力を夏期講習で身に付けれるでしょう。
 
また学校の成績は良く、ここまで学んだことが十分に理解できている学生は、2学期以降に学ぶ内容の先取り学習をすることもあります。夏休みの間に2学期以降の先取り学習をしておくことで、学校の授業が復習になり、より定着率があがっていくでしょう。
 
後ほど紹介しますが、集団塾の夏期講習は基本的に高額になります。そのため、特別な難関校を志望していたり、学校の授業についていけてない場合を除いては、すべての講義に参加する必要がないかも知れません。お子さんの進路や学校の成績を考慮して、決めましょう。
 

中学3年生の場合


中学3年生の夏休みは、受験生として自分の苦手分野を克服するラストチャンスです。
また約40日間という長い夏休みを利用して、中学校1年生から中学校の3年生1学期までの総復習をしたり、志望校の出題傾向に沿った授業を受けて周りの受験生との差を離したいなど、今後の受験勉強を有利に進めましょう。
 
夏休みに勉強する習慣を身につけておくことで、受験本番までの半年間を乗り越えやすくなります。
 

夏期講習ってどんな勉強をするの?


夏期講習を受ける目的を紹介しましたが、どこの塾でも同じことをしているわけではありません。以下では、大手が実施している夏期講習の内容について、料金や時間なども含めて紹介します。
 

大手の塾の夏期講習について

  • SAPIX


SAPIXの夏期講習から参加したい方は、入室テストを受ける必要があります。5/29(土),6/12(土),7/3(土)(中3は除く),7/10(土)に実施していますので、申し込みを忘れないようにしましょう。

SAPIXに通塾する中3生については、夏期講習全授業のポイント動画を配信します。動画では、各授業での重要な部分を教えてくれるので、弱点克服や志望校合格に向けて有効に使えます。

SAPIXの公式ホームページはこちら

  • 駿台中等部




駿台中学部では、AI教材「atama+」を導入するなど、最先端の技術を利用して夏期特別講座を実施します。AIが一人ひとりの弱点を分析するので、弱点克服に向けて最短ルートで進むことができます。

駿台中学部の公式ホームページはこちら

  • TOMAS




TOMASは完全個別指導で、回数や曜日、時間帯等も自由に設定ができます。また無料で自分だけの合格逆算カリキュラムを作成してくれますので、遠回りすることなく合格に近づけます。

TOMASの公式ホームページはこちら

  • 栄光ゼミナール




栄光ゼミナールは、10名程度の少人数クラスで授業を行います。多すぎず少なすぎない人数なので、全員が授業の主役となり、お互いを切磋琢磨しながら、成績アップを目指しています。

また夏期講習が前期と後期に分かれていることが、特徴的です。前期では主に7月までの総復習を行い、後期では9月以降の先取り学習を行います。
 
栄光ゼミナールの公式ホームページはこちら

夏期講習だけ別の塾に通うのは可能?




普段は別の塾に通っていて、「夏期講習で他の塾も体験してみたいけど、通えるのだろうか?」と考えているご家庭は、多くいるのではないでしょうか。
 
結論から話すと、多くの塾で夏期講習だけを申し込むことはできます。現在通っている塾では自習室の開放がなく、授業がないときは家で勉強しているけど、夏休みの間は自習室が欲しくなって、自習室目当てで申し込む方もいます。
 
夏期講習を別の塾で受けるメリットとして、自分の立ち位置を客観的に把握できます。普段通っている塾では成績は悪くて、受験に対して焦りが出ていたけど、新しく通った塾の中では上位の方で、安心することもできるでしょう。もちろんその逆もありますが、複数の塾に通うことで、自分が志望校までにどれくらいの勉強量が必要なのかが分かり、適切な勉強を行えます。
 
別の塾に通う注意点として、検討している塾の夏期講習が「完結型」なのか、「カリキュラム」の一環として実施しているのか確認する必要があります。
 
完結型とは、その夏期講習だけで終了するプランで、特定の範囲(数学の集中講座や志望校別の受験対策など)に絞って受講できることが多いです。
 
反対にカリキュラムの一環となっているとは、通常授業の一部として扱っていることを指します。そのため夏期講習の前後の授業を受けている必要があり、夏期講習だけ受講しても中途半端な理解になってしまうことがあります。
 
塾の併用として、オンライン家庭教師を検討してみるのもいいでしょう。オンライン家庭教師であれば、必要な単元のみを受講でき、ネットとパソコンがあれば塾に通う必要もありません。
 
オンライン家庭教師のマナリンクであれば、お子さんの学習状況に合わせて、塾の補習といった形で授業をすることも可能です。たとえば鶴田先生は元進学塾の先生でその塾が海外進出する際に現地で代表として携われました。その後も家庭教師・教材執筆・児童指導員として11年以上ご活躍されてきました。進学塾の授業内容も把握していてかつ、自らも指導をすることができる鶴田先生は授業内容にも隙きがありません。
 
鶴田先生の紹介ページ|オンライン家庭教師マナリンク

マナリンクならお子さんに必要な授業を選ぶことができます


大手塾の夏期講習の費用は、10万円~20万円がほとんどでした。決して安くはない費用で、取らなくても大丈夫な講座でも「周りが受講しているから」「セットでないと申し込めないから」などの理由で、申し込む人が多いのではないでしょうか?

オンライン家庭教師のマナリンクでは、月額料金で利用することもできますが、短期コースもあります。
 
今後夏休みが近くなってくると短期コースが続々と開講されますので、マナリンク公式ホームページでご確認頂くか、マナリンク公式ラインでお子様に合わせた指導コースをマナリンクコンサルタントがご提案することも可能です。ご登録していただくと新しい先生のご紹介や夏期講習コースのご案内を受け取ることができます。
 
このように休みの長さや学びたいところだけを重点的に学べるなど、柔軟に対応できるところもマナリンクの強みです。中学校の勉強内容に不安がある方や、高校受験が不安だと感じる方は、いつでもマナリンクにご相談ください。

中学生に対応可能なオンライン家庭教師一覧|オンライン家庭教師マナリンク