プロを指名できるオンライン家庭教師

1対1指導なら対面よりむしろオンライン指導のほうが良い!


宮崎県で個別指導塾 W)alkアルクを運営、マナリンクではオンライン家庭教師として活躍中の後藤オンライン家庭教師に高校数学のオンライン指導についてインタビューしました。

オンライン指導は一方的にならないことが大事


ーーオンライン指導で気をつけている点とかってありますか?

教えることに一生懸命にならないことが重要ですね。もちろん教えること教えるのですが先生が指導に熱くなってしまうと、生徒が置いてけぼりになっちゃう可能性もあるのできちんとついてこれれているかなどに確認を都度しながらバランスをとることが大切だと思います。
生徒側からしたら、説明を受けている時間よりも、自分で手を動かして問題を解いている時間が「成績が上がる」時間なので、説明と演習のバランスは意識しながら進めています。

普段はZoomというビデオ通話システムを使って指導を行いますが、Zoomだとホワイトボード機能や画面共有機能がありますのでそちらも利用しながら指導をしていく感じですね。

ーーホワイトボード機能...!! 便利な時代ですね笑

そうですね笑。また、生徒さんに理解してくれるかどうか確認するために質問をすることも大切にしています。「これは分かった?」のような聞き方をすると曖昧になってしまうため、「この問題の解き方を説明してみて」といった具合に生徒さん自身に口頭で説明をしてもらいます。これはオンライン家庭教師といった1対1の指導だから出来る点ですね。

ーー確かに解き方の説明を生徒さん自身ですればほぼ100%理解してもらうことが可能ですね。

・対面指導のスタイルをオンライン指導にそのまま持ち込むのではなく、オンラインの良さを活かす

ーー指導の際に何か工夫している点などはありますか?

お互いにパソコンだったりタブレットを用いて授業をしているためそういったツールで出来ることは積極的に取り入れています。

例えば関数の授業であれば、実際にツールを利用してグラフを動かしながら説明をすることが可能です。

例えばaの値によっての最大値・最小値を求める問題だとして、グラフがどのように変化するってすごくイメージすることが難しいんですよね。

ーーノートとかでどのようにグラフが変化するとか説明するの難しそうですね・・・

ただ、このように動かせると静止している状態のものが値が変わることによってどのように変化するかを直感的に生徒さんが理解することが可能です。


(式や値を変えることによってグラフが自由自在に動きました...!すごいです)

また、ここに書き込むことも可能ですので、生徒さんはノートや黒板で説明されるよりも分かりやすいかと思いますね。




添削も話しながら分かるまで説明ができる


あとは通信教育とかと比べると先生が添削して生徒さんへ渡すだけだと、その時まだわからない場合はどうしようってところがありますよね。

私も生徒さんの質問や宿題を添削したりもしますが、それを送るだけではなく、
実際に画面共有してリアルタイムに口頭で補足することも出来るのでそれは分かりやすいかと思いますね。



ーーそれは安心できますね。

あとは、生徒さんの途中過程なども見れるので、そこでどこまで理解できているかなども把握できます。

例えばこれだとノートの一部が生徒さんが解いたものなのですがこれだと「恐らく理解していない」って分かるんですよね。

ーーえ!そうなんですか?



はい、これだとなぜこの解き方をしたかを恐らく分かっていないんですよね。解法としては合っているのですが、付け足した部分の記載が無いということはおそらく解法を暗記していてこういった問題が出た場合はこれを当てはめるというやり方をしているんですよね。

そういったときに、暗記で乗り越えるのではなく、原理原則を理解してもらうことが重要なのでこういった場合にも画面共有しながらオンラインで私がグラフを書いて説明して理解してもらうことが可能です。

思考の過程をみてもらう


また私自身がどのように解いているかを実際に生徒さんに見てもらう方法もよくしますね。
これって実は板書とかだと結構難しいんですよね。

ーーえ!実際に黒板やノートに書くのと同じだと思っていました。

板書しようと思うと、もともとの問題が背景にあるわけではないので、「この問題のどこを見て、この解法に気づくんだよ」といったようにダイレクトに生徒さんに伝えられないのですね。オンライン指導であれば同じ問題を画面で共有していて更にその上に書き込みができるので非常に説明もしやすいし、もちろん生徒さんも理解しやすいです。


(緑のマーカーを引きながら説明。確かにこれだと分かりやすい...!)


完成形を最初から見せてしまうと、なぜその形に行き着いたのかが生徒さんがどうしても理解できないときがあります。だから、1から先生はこう考えて、ここに着目して、だからこう解いたんだよねといった具合に動的に説明できるんですよね。

オンライン指導はマンツーマンであれば全く問題ない


ーーマナリンクでもオンライン指導にご興味を持つご家庭も増えてきたのですが、実際に先生から見てオンライン指導はどうですか?

1対1の指導であれば全く問題ないですね。
むしろオンライン指導のほうが科目によってはわかりやすいと思います。
むしろオンラインの良さを活かせば、これまでの生の授業では実現が難しかった教え方も可能で、メリットになる部分もかなり大きいと感じています。


見ているもの(問題)が一緒で説明のほうもリアルタイムなので、対面指導とほぼ遜色ないと思います。


ーーなるほど、すごくわかりやすかったです!後藤先生、本日はありがとうございました!