プロを指名できるオンライン家庭教師

国公立大学に総合型選抜で合格するには?

国公立大学に総合型選抜で合格するには?

私立大学・短期大学の8割以上が実施している総合型選抜(旧AO入試)。
しかし、近年では国公立大学の導入も盛んになっています。
ただ、国公立大学における総合型選抜には注意点があります。

そんな国公立大学の総合型選抜の特徴と対策を見ていきましょう。

総合型選抜(旧AO入試)で受けられる国公立大学はある?


国公立大学でも総合型選抜で受験可能

2021年度において、総合型選抜を実施する国公立大学は多数あります。
代表的なところで言いますと、京都大学や北海道大学、東北大学、九州大学といった「旧帝大」も募集枠を設けています。
国公立大学は言うまでもなく、私立大学よりも学費面の負担が少なくて済みます。

そのため、現在の不安定な経済状況下においては狙い目の受験と言えます。
総合型選抜はAO入試同様、大学が決めた基準を満たした学生であれば誰でも出願できます。

しかし、総合型選抜への切り替えとともに、変化したことがあります。
それは、多くの大学が「学力」を重視した評価方法を採用することです。

具体的には共通テストや、教科・科目に関わるテストの点数が活用されます。
国公立大学においては、大半が共通テスト必須の募集条件となっています。
1月に実施される共通テストの点数が反映する場合、合格発表は2月上旬~中旬になります。

そのため総合型選抜の出願期間は9月15日からにも関わらず、出願開始を12~1月としている大学も珍しくありません。
中には第1次選抜=共通テスト、第2次選抜=面接・小論文としているところもあります。
従来のAO入試の際に存在した、9~10月に出願し11~12月に合格発表(年内に合格が決まる)というパターンは、国公立大学の受験においては減少しています。

総合型選抜の対策方法


黒板の公式をチョークで差す人

総合型選抜の対策方法は、一般的に難しいと言われています。
なぜなら、一般入試では事前の模擬試験などで合格率を推測できますが、総合型選抜の場合はできないからです。

ただ、最も大切なのは「志望理由」とされています。
AO入試に引き続き総合型選抜でも求められるのは「アドミッションポリシー(受け入れ方針に基づいた、期待する人物像)」に合致しているかどうかです。

そのため、大学や学部が求めている人物であるとアピールする志望理由が重要です。
志望理由書を書く際には、入学案内書や大学のホームページ見たりオープンキャンパスに参加するなどして、アドミッションポリシーを把握しておきましょう。

その上で、その大学・学部等の目的をはっきりとさせ、伝えることが大切です。
また一般的に総合型選抜の選抜方法は、「学力型」「対話型」「実技型」に大別されます。
「学力型」は共通テストや論文、「対話型」は面接やプレゼンテーション、「実技型」は芸術系や体育系の学部・学科における実技や作品提出などが該当します。
国公立大学では、多種多様な資料を提供され、ボリューム感のある論文作成が求められる傾向にあります。

面接においては上述した志望理由がカギとなり、プレゼンテーションは主に大学で学びたいことについて提案することになります。
学校の先生や専門家に添削してもらい、完成度を高める必要があります。
また、どの大学でも必ず書類審査がありますので、学生生活や課外活動に積極的に参加しておくといいでしょう。

共通テストの対策もしておいた方がいい?


重複するようですが、今後共通テストの需要はますます高まっていきます。
また共通テストも総合型選抜同様、2021年度からの実施ですので、学校の先生や予備校も対応に追われている状態と言えます。

共通テストでは、センター試験と比較して大幅な変革が行われている科目もありますので、試行調査の設問をヒントに、センター試験の過去問などで万全な対策が必要です。
共通テストを導入した国公立大学の総合型選抜の合格発表は2月になりますので、一般受験とほぼ同じスケジュールで学習を進めていくケースも多いでしょう。

スケジュール管理が難しいと感じた場合は、専門家に伴走してもらうこともオススメです。

国公立大学に共通テストで受験する際はオンライン家庭教師がオススメ!


オンライン家庭教師は、苦手科目「だけ」ピンポイントに受講できる学習サービスです。
入試までといった短期間でも、各教科のスペシャリストから効果的な指導が受けられます。
都合のいい時間や曜日に合わせて受講できるため、忙しい受験生にもピッタリ。

自身が受験をくぐり抜けてきた経験を持つ講師が、あなたの合格率を高めます。
ぜひ人生のターニングポイントを伴走するオンライン家庭教師を見つけてみませんか?
今回は、「共通テスト」に強いオンライン家庭教師を3名ご紹介します!

あじきオンライン家庭教師


あじき オンライン家庭教師
あじき
オンライン家庭教師
自己紹介
私は現役の予備校講師で、西日本の各校舎を曜日ごとに周って授業をしています。また勉強は勉(つとめて)強(しいる)と書きますが、決して苦行ではありません。楽しみながら学んでもらいたいです。化学ではなく化楽を!
指導実績
現役予備校講師11年
高校化学(基礎クラス〜東大クラス)
個別では数学や理科を指導
プロフィールを見る



あじき先生は九州大学をご卒業後、個別指導塾、集団指導塾、家庭教師、予備校講師として約20年の指導歴をお持ちの、ベテラン講師です。
現在は全国展開の予備校で、西日本の各校舎を曜日ごとに回りながら授業をされています。
ご専門は「物理・化学・生物」。
化学では、“あの“最難関大学の攻略コースを設けています。
生徒の多くは高校生で、浪人生、社会人も指導対象です。
モットーは「勉(つとめて)強(しいる)ではなく、楽しんで学ぶ」こと!
あじき先生の指導で、化学が化楽に変わる勉強法を身に付けませんか?

吉本オンライン家庭教師


吉本 オンライン家庭教師
吉本
オンライン家庭教師
自己紹介
初めまして!吉本といいます。 今年の3月まで6年間高校で教員をしていました。 是非一緒に振り返りからしっかりと数学の理解を深めていき、テスト対策、受験対策をしていきましょう!
合格実績
広島大学、島根大学など
プロフィールを見る



吉本先生は、数学のエキスパートです。
大学在学中に家庭教師と塾講師を、ご卒業後は6年間高校教員として勤務したご経験をお持ちです。
振り返り学習、質問できる環境、達成感の3つの要素を重視し、指導にあたっています。
対象生徒は、中学生から高校生、浪人生、社会人まで幅広く対応可能です。
高校時代に吉本先生を数学好きに導いてくれた先生同様、数学に興味関心を持ってくれるような指導を展開しています。
ぜひ吉本先生と一緒に、共通テスト対策、受験対策を行いましょう!

末永オンライン家庭教師


末永 オンライン家庭教師
末永
オンライン家庭教師
自己紹介
こんにちは。オンライン家庭教師の末永(すえなが)です。 「学ぶ楽しさ」は,トークや雰囲気ではありません。「わかった」「できた」「点数が上がった」「合格できた」を本当の“楽しさ”だと考えています。
合格実績
東大(理Ⅰ3名・文Ⅱ),京大(法・経済 ),東工大(物質理工),東北大(医・農)※一部抜粋
プロフィールを見る



末永先生は、公立小学校教諭として20年のキャリアをお持ちです。
退職後は学習塾講師、家庭教師、東京アカデミー講師、予備校講師と幅広い学習機関に携わり、指導経験が豊富なベテランです。
共通テストコース(数学・物理・化学)、教員採用試験対策講座(小学校全科)、数検コースと提供コースも多彩。
プライベートでは音楽を愛する、ハイスペックな末永先生と一緒に合格を目指しましょう!

まとめ


共通テストの導入と同様に、国公立大学の総合型選抜も変革期を迎えています。
ぜひ皆さん、オンライン家庭教師による共通テスト対策で、桜の花を咲かせましょう!