「ほんとうはこんなに出来たんだ!」と思ってもらえるようにする授業です!

「ほんとうはこんなに出来たんだ!」と思ってもらえるようにする授業です!

和歌山大学 経済学部 ビジネスマネジメント学科 卒 坂口オンライン家庭教師にインタビューを行いました!


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


はじめまして、こんにちは。
坂口と申します。

私は主に小学生、中学生の不登校の生徒さんの家庭教師をしております。
私自身、2児の母でもあり、今、学校に行くきっかけを失ってしまった生徒さんをとても身近に感じています。

保護者の方とお話をしていますと、学校に行ってないという事実より、
行っていない事で「お子さんの可能性が狭まってしまう」その事が1番心配なんだな、、と感じています。

どんなに賢い子でも、教科書を読んで1から自分で学ぶなんて途方もない事ですよね。

ただ学校が、今たまたま自分に合う環境じゃなかっただけで能力を眠らせてしまっているのだとしたらもったいないです。

私の授業は、勉強が苦手!何をしていいか分からない!と思っている生徒さんに、「ほんとうはこんなにデキたんだ」と思ってもらえるようにする授業です。

問題はたいてい、いくつかの基礎を組み合わせてできています。生徒さんがどの段階から分からないのかを見極めて、遡って、ひとつひとつ謎解きをする感じで一緒に解いていきます。

易しい基礎の謎解きから、少しづつ小さな自信を付けてもらい、それを組み合わせて、最後にボスの問題をやっつける!というイメージです。

できた事を一緒に喜び、目標に向かって共にがんばる同士のような先生でありたいと思ってます。
将来の選択肢を広げるため、私と一緒に少しづつがんばりましょう!