パッと閃くことが増えてきます!

パッと閃くことが増えてきます!

北海道教育大学養護学校教員養成課程 卒 友香子オンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次

Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


私は幼・小・中・特別支援の免許を持ち、教員として13年、その後の海外での教育活動を含めると20年の指導経験を持っています。
現在はオンライン講師として、小学生から高校生まで、国内外のお子様と学習をしております。
今までの経験の中で、お子様が問題に躓いたとき、私が良く言う言葉は、 「イメージしてみよう」です。

言い換えると
「知識を活用する思考力」と
「見方を変える柔軟性」といえます。

例えば、
・国語の文章からその情景がイメージできるか
・算数、数学の問題を小さな数で置き換えたり、一旦忘れてちょっと違う視点で考えてみたりできるか
・英語なら、その空間に自分がいるイメージが持てるか

この学びで、熟語が覚えられるようになった、長文の内容の順序が記憶に残りやすくなった、苦手な科目の点数や成績もあがった!
などの言葉をいただいています。

どの学習でも、漢字、計算、単語などの基本の力は必要となります。 それだけでかなりの問題が解けます。
では、そこからの一歩は 「イメージを持つこと」です。

ある時から、パッと閃くことが増えてきます。
これは決して無駄な時間ではなく、その過程が楽しみに変わり、自信や成績にもつながっていきます。 ぜひ私とそんな学習を一緒にしてみませんか。