優しく、面白く指導いたします!

優しく、面白く指導いたします!

青山学院大学文学部英米文学科 卒 あきこオンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次

Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


初めまして。
「優しくて、面白い先生」のあきこです。
この言葉は私の以前の生徒が、彼らから見る私のイメージを一言で表現したものです。
「優しくて」は私の教師としての生徒に対する姿勢を、「面白い」は私の教え方を、子供らしく正直に伝えてくれています。

私は30年以上、小学生から大学生まで多くの生徒に英語を教えて来ていますが、その間「優しく、褒めて伸ばす」という姿勢を貫いて来ました。ですから「英語は苦手」という生徒さんもお任せ下さい!

「面白い」と言われる教授法ですが、大学で学んだ、外国語習得と脳のメカニズムに関する知識を活かし、「記憶しやすく、忘れ辛い方法」を取り入れています。

そのうちの一つが「記憶定着アップのために出来る限り多くの五感を使う」というものです。
イラスト付きカード。音読、音書、シャドーイング等々、30年間で蓄積されてきた記憶定着に有効な方法が沢山あります。
耳慣れない「音書」ですが、これは英語の発音と書く作業を同時並行で行う練習法で、手指の触覚を使うという意味で大変有効です。
これら五感をフルに使ったテクニックは、面白いと同時に驚くほど記憶に定着していきます。

「英語が好き」さらには「英語が得意科目」と言ってもらえるように、優しく、面白く指導いたします。
お問い合わせ、お待ちしております。