知識と技能が頭から抜け落ちることがなくなります!

知識と技能が頭から抜け落ちることがなくなります!

芝浦工業大学システム理工学部電子情報システム学科 卒 星山オンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


一方的に「わかりやすい」授業はしません。
私の授業では、「わかった」よりも「できた」を大事にしています。

例えば勉強をしていて、こんな経験はありませんか?
「あの先生の授業、わかりやすいのに頭に残らない」「公式が多過ぎて嫌になる」「暗記科目だから嫌い」・・・

これらは全て、「理屈」が頭に入っていないからこそ起こる成長のブレーキです。
授業の場では習ってすぐに似たような問題を演習するので、なんとなく「わかった」ような気になってしまう、
しかし宿題では少し問題の形が変わっただけで「できなく」なってしまう。

こんな状態を防ぐために、私の授業では双方向のキャッチボールを大切に進めていきます。
ただ一方的にわかりやすい授業をするのではなく、本当に理解ができているのか、
自分の言葉で「説明」ができるまでとことん突き詰め、
頭から抜けない知識と技能の定着を目指します。

そしてもう一つ、できないこと、わからないことは恥ずかしいことではありません。
できないことに対して叱ることは一切しません、むしろ果敢にチャレンジしてくれたことはとにかく褒めて伸ばします。
1対1の授業だからこそ、ここでだけはとことん間違って、その分成長できる喜びを噛み締めましょう。

本当の意味で「できるようになる」経験をぜひ一緒に積み重ねていきましょう。