生徒さんの学習の伸び代をどんどん広げていくことができます!

生徒さんの学習の伸び代をどんどん広げていくことができます!

慶應義塾大学大学院法学研究科前期博士課程修了 たくやオンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次

Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは。
みなさま、どうしたらお子様の学力が上がるか、成績が上がるか、いろいろお考えのことと思います。
私の答えはずばり「ディープ・ラーニング」です。

「ディープ・ラーニング」とは何か。それは、コミュニケーション重視型の学習方法です。

教師が一方的に話して、生徒さんはただ聞いているだけ、といった一方向の指導ではありません。生徒さんとの会話を通じて、生徒さんの反応をみながら、学習内容の理解を徐々に高めていく方法です。


この方法は、勉強が苦手な生徒さんにもピッタリで、生徒さんの学習の伸び代をどんどん広げていくことができます。そしてさらに勉強が楽しくなれば、最終的には、学んだことを人に教えられるくらいになるかもしれません。

たとえば、私は、何かを勉強した後、生徒さんに先生の役をお願いし、私が生徒になる、というロール・プレイングをすることもあります。こうしたコミュニケーションを通じて、生徒さんはわかったつもりだったけど実はそうでもなかった、応用されるとわからなくなった、というご自身の弱点がよくわかるようになります。そして、その弱点を一つずつつぶしていくことが、学力アップ、成績アップの鍵となります。

このように、学びのプロセスのなかに、インプットとアウトプットを織り交ぜてみること。これが私の考える「ディープ・ラーニング」です。

お子様の学校での成績を上げたい、さらに高いランクの学校に進学させたい。みなさま、さまざまな目標をお持ちのことと思います。
ぜひこの「ディープ・ラーニング」の効果を授業で体験してください。