授業以外の時間の学習機会を増やす工夫が大切です

授業以外の時間の学習機会を増やす工夫が大切です

英国イースト・アングリア大学 大学院 開発学部 卒 かおりオンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


皆さんこんにちは!
かおりと申します。

私は実家も塾を経営しており、教育の現場の中で育ちました。海外の開発団体に勤務した後、教育の道に進んで、指導歴は20年以上になります。現在は海外で、国語、英語、日本語コミュニケーションを専門に教えながら、現地公館の通訳や日本の文化行事に携わっております。

私が指導の中で大切にしているのは、生徒さんが、授業以外の時間に、どれだけ学習機会が持てるか ということです。

そのために、まず生徒さんと私が一緒に目標を明確化し、その達成のために必要な課題を、ひとつひとつ、日常生活の中にブレイクダウンして、日々、実践する工夫づくりを行います。

具体的には、箇条書きブレイクダウン法、compulsory listening method
などの実践です。国語や英語は、なんといっても「コミュニケーション」を目的とした教科なので、会話か文書かに関わらず、大きく見て、相手の意図を的確に理解し、こちらの意図を正確につたえるという「流れ」を作ることができれば、確実に伸びます。

私は海外のビジネス、教育、両分野で経験を積んできたので、コミュニケーションの流れをつかみ、流れをつくるという、骨太なサポートができると思います。

その喜びを感じてもらえるお手伝いができると嬉しいです。
よろしくお願いします。