生徒さんの苦手を炙り出していきます!

生徒さんの苦手を炙り出していきます!

立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 卒 あみオンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次



Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは。講師のあみと申します。
みなさんは、単語を覚えられない、暗記が苦手と思った経験はありますか。
正直、暗記、覚えるという行為が英語のみならず勉強においてはかなり大事です!
そして、暗記は正しい方法で行えば、誰でも覚えられるようになります。

覚えることをインプット、覚えた知識を使うことをアウトプットと言いますが、暗記にはアウトプットが大事です。
私は、とにかくアウトプットの反復演習を大事にしていきます。
毎回冒頭に確認テストを実施し、定着度をはかっていくのと同時に、生徒さんの苦手を炙り出していきます。

確認テストは5分くらいを目安に、単語、文法など生徒さんの勉強の進度やニーズに合わせてオリジナルのものを作成いたします。
また、授業の最後に、授業の中で解けなかった問題・間違った問題を解き直ししていただく時間も設けます。
暗記は、覚えるー忘れるー思い出すーまた忘れるを繰り返す中で身についていきます。そのため私のほうでは、1ヶ月前に間違えた問題や
2週間前に解けなかった問題などを蓄積し、繰り返し解いて定着するための反復演習カリキュラムを作ってフォローしていきます。


このように、正しい反復法を身に着ければ、別の言語の学習や資格の勉強など、目的が変わっても一生使うことができます。
暗記が苦手だなと感じている生徒さんは、暗記が得意になれますので是非一緒に頑張ってみませんか。