「わからない」と「できない」の違い分かりますか?

「わからない」と「できない」の違い分かりますか?

東京大学文学部 卒 長谷川オンライン家庭教師にインタビューを行いました!


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは!東京大学文学部を卒業し、現在はミュージシャンをやっている、異端の家庭教師、長谷川と申します。

私は、指導する時に大切にしていることがあります。
それは、「自分の『わからない』と『できない』を明確にすること」です。

ここで注意しないといけないのは、「わからない」と「できない」は全く異なる状況であるということです。
「わからない」というのは、勉強の内容に対する理解が足りていないということで、これを解決するには、改めて教師による丁寧な説明が必要です。

一方、「できない」というのは、内容は理解しているが解き方が身についていないということで、これを解決するには、演習量を増やし、繰り返し類題を解くことが必要になります。
このように、「わからない」と「できない」はその原因も解決方法も全く異なるのですが、残念ながら、勉強で伸び悩む多くの生徒がこの2つをごっちゃにしています。この2つをごっちゃにしてしまうと、自分が何がわからなくて何ができないのかをちゃんと把握することができず、非効率で無駄の多い勉強をすることになってしまうのです。

したがって私の授業では生徒が「何がわからなくて」「何ができないのか」をしっかりと区別した上で明確にし、一つ一つを見逃さずに解決していくことを徹底して行います。ぜひ一緒に頑張りましょう!