「アウトプット」を意識した英語の勉強が大切です!

「アウトプット」を意識した英語の勉強が大切です!

慶応義塾大学SFC大学院博士課程退学 独ハイデルベルク大学 博士課程修了 櫻井オンライン家庭教師にインタビューを行いました!


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


はじめまして、櫻井と申します。ヨーロッパにある大学の講師および国際学術ジャーナル編集長をしております。これまで、大学、研究所、出版社、NPOなど様々な機関で英語に携わる仕事をしてきました。

さてみなさん、「英語の勉強」というとまず何を思い浮かべますか? 「英文法」、「英会話」、「英文読解」、「和訳英訳」などを想像されるかと思いますが、英語を実際に使って、「アウトプット」を意識した英語の勉強をやっている方は多くないと思います。

実は日本の学校では、未だに「喋る」ということに重点が置かれていません。ですので、発音練習や単純な英語コミュニケーションに時間を掛けるのは効果的な勉強方法ではありません。むしろ、重要なのは、「アウトプット」を意識して確実に「英文法の基礎」、「英文読解」、「英作文」等の能力を身に付け、それらを使って、最終的に「プレゼン」ができるように着実に準備をしていくことです。

ちなみに私は海外の有名大学で学位を取りましたが、疑いなく「プレゼン能力」は学位を取る上で最も重要なものでした。「プレゼン」どころか「英語5文系」も何もかも、もちろん私も初めは何もわかりませんでした。

「アウトプット」を意識した勉強法で、同じようにみなさんも必ずできるようになります。最終的に「英語プレゼン」を
目指して、私と一緒に楽しく英語を学んでいきましょう。