高い目標を持つ生徒を圧倒的A判定!

高い目標を持つ生徒を圧倒的A判定!

東京工業大学大学院生体システム専攻 退学 中俣オンライン家庭教師にインタビューを行いました!


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは。中俣と申します。難関大・医学部生専門でやっています。
私は、「学習習慣をつけてほしい」、「苦手を克服したい」といった要望にお応えすることは得意ではありません。
「受かるためなら何でもします」という生徒と、高い目標を持つ生徒を圧倒的A判定、合格を手繰り寄せるお手伝いをすることが得意です。

そもそも難関大・医学部に向けての競争では必ず大量の問題を解き、難問も解ける力が必要になります。
時に躓き、うまく脱せなかったり、誤解、暗記で乗り切る場合もあります。
しかし、それは合格を遠ざけます。

ある生徒とそのご両親との面談にて、力はつけたが、取りこぼしが多く精度で差をつけられ、最後の模試でE判定を
出した生徒との面談でお父様がおっしゃった一言が印象に残っています。
「(人がどうこう言ったとしても)、俺は受かってやる』と言ってほしい」
この一言に生徒も奮起し、無事に現役合格を勝ち取れました。

難関大受験は悩みも多いです。
もしかするとみなさんも同じように悩んでいるかもしれませんが、
無事に合格を勝ち取ることができた生徒たちをたくさん見てきました。何が何でも合格したい方をお待ちしています。