プロを指名できるオンライン家庭教師

小さな成功体験がやがて大きな差へと

小さな成功体験がやがて大きな差へと

加茂オンライン家庭教師 名古屋大学工学部 卒

「できる」 という発見から「ちょっと楽しい」に変わって勉強を続けていく原動力を生み出すよう心がけています。



Q.まずは自己紹介をお願いします


こんにちは!
オンライン家庭教師として活動しています加茂と申します。

私の受験経験についてまずお話ししていこうと思います。
私の初めての受験は高校受験でした。中学校までは運動部に所属していましたので部活一本調子でした。私自身、正直あまり勉強は得意ではなかったんですけれども高校受験を機に否応なしにに勉強することになりましたので勉強始めたんですね
ただ、なかなか勉強が得意じゃなかったので最初は苦戦したんですけども、まずは一番苦手な数学を何とか克服しようと思いまして学校の先生に毎日放課後に教えてもらうことにしました。厳しいながらも親身に指導してもらったおかげで克服することが出来、現在では数学を毎日教えるぐらいに好きになりました。

無事に高校受験を成功させることができ、私の中でこれが小さな成功体験になりました。高校に入ってからもやれば出来るというこの成功体験を保つことができ、勉強を継続することができ無事に現役で名古屋大学工学部に入学しました。

大学卒業後は自動車部品メーカーに入社しました。そこでは製品の評価であったりとか図面を書いたり等、そういった業務を行っていました。家庭教師自体は大学時代から始めていまして「教える」ということ、生徒さんが伸びるということが純粋に楽しい・好きということもあり、大学卒業後の社会人になってからも並行して指導をしておりました。

2019年からは、メーカーを退職しまして、現在は予備校の講師をしながら並行してオンライン家庭教師としても活動しています。
予備校の方では主に、数学・化学・物理などの科目を医学部を志望する生徒さんや国公立を志望する生徒さんに教えております。

Q.指導スタイルを教えて下さい


私が教える科目は主に理系科目になりますが、理系科目というと難しい・苦手な科目といいったイメージを持っている方も多いかと思います。ただ、理系科目は基本的には基礎がとても大事であり、まずは基礎を徹底することが大切だと考えています。

基礎というのは相手に説明するための言葉とそして問題を解くための道具、この2つになります。この2つが無いと問題を解くことができません。まず言葉についてですけども理系科目の言葉というのは計算力になります。そして道具というのは基本的な解法になります。よって私の指導スタイルとしては1、2に計算力のアップ、3、4に問題の解法を反復練習、そして5番目に応用演習です。

この3本立てで、理系科目の指導を行っております。

Q.大切にしている指導方針を教えて下さい


私の大切にしている指導方針についてお話しします。

私の指導方針まず1つ目は、力を引き出す学習ということです。指導をしていると時々、詰め込み教育の方が効率がいいんじゃないの?と言われることもあるのですが、詰め込みですと確かに成績は一時的に上がるかもしれないですが「なぜこうなるのか?」といった点がが抜け落ちています。この「なぜこうなるのか?」が抜け落ちてしまうと応用問題になると手が止まってしまうんですね。
そのため、その「なぜこうなるのか?」といった点をしっかり理解・土台を固めてその上で応用問題に向かう必要があるかと私は考えています。

2つ目が小さな成功体験を積み重ねてもらうということです。私自身も昔は勉強があまり得意ではありませんでしたから気持ちはわかります。私の場合は高校受験を無事に成功することが出来たことが小さな成功体験になったので、その後も勉強を続ける推進力になりました。どんな小さな成功体験でも、例えば前よりテストの点数が上がったとか、周りの先生に褒められたとか、どんな小さないことでもそれが後々大きな差へなっていくと信じています。なのでこの小さな成功体験を私の生徒さんへも積み重ねてもらえるようにしたいと思っています。

Q.オンライン家庭教師の良いところは何ですか?


この時代にはインターネットを利用されている方がほとんどだと思います。オンライン家庭教師はインターネットを使っていつでもどこでも指導をを受けることが出来ます。まず1つ目に時間に制約されない点です。
生徒さんは、部活動が終わって帰宅後にご飯を食べてお風呂に入ったあとなど、少し遅い時間でも授業を受けることが出来ます。

2つ目に、場所を選ばない点です。私は関西に在住していますが、北海道の生徒さんへも指導を行っています。
このように周りの先生から探す以外の選択肢がある点ですね。

そして3つ目に、通学の手間がない点ですね。塾通いをしている生徒さんですとどうしても通う必要がありますよね。
また遅い時間に終わるとどうしても夜道を帰る必要があり少し危ないですよね。そういった点では家で1対1で受けれる点はメリットかと思います。

Q.逆にオンライン指導で注意している点はありますか?


オンライン家庭教師の場合はカメラと音声の2つになりますので、全てを100%見ることはできません。
しかし、生徒さんの表情だったり、手元の進捗具合などを把握することは出来ますので、そのあたりに気を配りながら
対面指導と同じレベルのものを提供するようにいつも意識しています。

Q.最後に1言メッセージをお願いします


私は主に高校生の理系科目の指導を得意しております。特に数学・物理・化学を医学部志望の生徒さんや難関大の生徒さんに指導を行っております。なのでそういった生徒さん・ご家庭がおられましたらお気軽にご連絡ください。

小さな成功体験を積み重ねながら一緒に頑張っていきましょう!

-加茂先生、本日はありがとうございました!-

加茂オンライン家庭教師のプロフィール/指導依頼はこちらから▼
https://manalink.jp/teacher/2860