大きく伸びるきっかけを掴んだケースを多く見ました!

大きく伸びるきっかけを掴んだケースを多く見ました!

東京大学大学院理学系 物理 後期課程修了 大月オンライン家庭教師にインタビューを行いました!


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは、大月です。
数学、物理を担当しています。方針としては、まず興味を持ったことを中心に学習をすすめながら、徐々に周りの理解へと視野を広げていく、という方法の有効性を実感しております。

また、テストの点は取れるものの、数学・物理の面白さがわかっておらず、最終的には伸び悩む生徒の姿を度々拝見しました。面白さがわかった時点で、さらに大きく伸びるきっかけを掴んだケースも多く見ました。

授業では、必要に応じて既存のカリキュラムに必ずしも囚われない解説も交えながら、学習される皆様と数学・物理の面白さを共有することを目指します。学習者本人の自発的
意欲が一層高まるように、働きかけながらも基本は待ちます。

土壇場で踏ん張れるかどうかは、少しでも内容に興味を持ち続けて学習に臨む経験の蓄積が本人にどれだけ出来ているかに掛かっている、と感じております。
高校生・大学生の学習環境が様々な制約下に置かれていることも承知しておりますが、数学・物理の奥深さをお伝えし、その面白さが理解できるお手伝いが少しでも出来れば、と思っております。