良い癖をつけることを大事にしています

良い癖をつけることを大事にしています

明治大学 理工学部 情報科学科卒 おおすみオンライン家庭教師にインタビューを行いました!


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


指導歴8年目、塾講師時代には教務主任として、勉強が苦手小学生から、大学受験まで、幅広く一緒に勉強してきました。
私自身は決して勉強が得意ではなかったので、高校生時代には学年300人中下から5番だったところから、1位になった経験があり、今、生徒さんに伝えていることの基盤です。

そんな私が、大切にしていることは「最終的に私がいらなくなるほど 生徒さんの 自学力をきたえること」です。テスト当日、私はいませんし、みなさんが過ごす時間は私と一緒にいない時間の方が多いはずです。なので、みなさんの自学力を鍛えることが目標達成に1番効率がいいと考えています。そのために、良い癖をつけることを大事にしています。

・定期テストはいいけど、模試は悪いなど、勉強に壁を感じている
・勉強以外のことを頑張りたくて、勉強を効率よく行いたい

こんな方はいませんか。

壁感じている子は、その原因は、科目の内容の理解が甘い、ではなく、知識のしまい方の場合があります。そのために私の授業では、解説を読み込んで、要素を抽象化し、1問学んで、複数の問題が解けるように知識をしまいます。

その抽象化する力を生徒さんに伝え、自分で、理解する、応用する、自学力の向上を目指します。そうすることで、壁を越えることができます。効率よく勉強したい生徒さんは、ぜひ、この力を早めから身につけてください。

こうした小さな癖が習慣になると、大きな能力になります。お問い合わせお待ちしております。