「対話」で本当に成績が上がります!

「対話」で本当に成績が上がります!

早稲田大学文学研究科社会学コース修士課程 在籍中 永島オンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次

Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


「勉強の意義が見出せない」「やる気がなかなか出ない」「学校が向いていない」という方は是非動画を最後までご覧ください。

私、永島は、勉強を「対話」だと考えています。つまり、「生徒がどのようなことを、どのような方法で学びたいのか」をしっかり聞いた上で、勉強を進めるということです。生徒の興味関心から出発して、成績を上げる、志望校に合格することは可能です。

多くの場合、勉強は「先生から一方的に教えられるもの」かもしれません。だから、生徒は「先生の言う通りの方法」で勉強するのが当たり前だ、と。

でも、生徒にとってそれは「楽しい経験」でしょうか?生徒自らが勉強の意義を見出せなければ、勉強は苦痛となります。勉強が苦痛になれば、成績を上げることは難しく、したがって志望校合格も難しくなります。もし、「対話」を通して、生徒自身が「なぜ勉強するのか」「それがどのように自分の将来と繋がるのか」を理解できれば、勉強は必要なもの、楽しいものになるはずです。

世の中に勉強の苦手は人はいません。もし勉強が苦手だと思っているのなら、それは勉強の意義をまだ見つけていないからです。私のコースでは、生徒との対話を通して、生徒自身に勉強の目的を見つけてもらい、自ら進んで勉強ができるようにサポートします。

「対話」で本当に成績が上がるの?と思う方、是非無料体験を申し込みください。ご期待を裏切りません。