憧れの英語の先生になれました!

憧れの英語の先生になれました!

富山大学人文学部英米言語文化コース 卒 菊池オンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい

はじめまして!菊池と申します。

実は高校生の時に英語は苦手だったのですが、英語の先生になることができました。
オンライン講師をする前は、中高一貫校で教員をしていました。
英語の先生になりたいと思ったきっかけは、中学生の時、英語の先生がALTと話しているのを見てかっこいいと思ったからです。

中学生の時は英語が大得意でした。
ところが、高校生になるとその意欲は半分くらいになり、授業もあまり楽しいと思えなくなってしまったのです。
テストの点数も平均くらいだったと思います。
それでもやっぱり英語の先生になりたいという気持ちはずっとあったので、「このままではだめだ」と一念発起しました。
まずは、徹底的に自分の苦手を分析するために、模試の結果ときちんと向き合いましたが、とても苦労して、また英語を嫌いになりそうな瞬間がありました。
私の生徒さんには、そういった経験を絶対にしてほしくないので、徹底的にサポートしたいと思います。

重要なのは、自分の苦手と向き合う方法と、それを解決する力です。

一人で向き合うのははじめはなかなか大変だからこそ、わたしが力になります。

勉強に限らず、社会に出てからもこの「問題解決力」は役に立ちます。
最終的には、レッスンの中で分からないことや苦手なことを自分で解決していく力を身につけてほしいと思います。