生徒さん自身で小テストを作成してもらい、生徒さん自身で解説!

生徒さん自身で小テストを作成してもらい、生徒さん自身で解説!

九州大学大学院 生物資源環境科学府(農学) 溝端オンライン家庭教師にインタビューを行いました


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは。マナリンク家庭教師の溝端です。
私は塾講師業を2011年からしております。
定期試験勉強、結構頑張っているのに、学校のワークもしっかりやっているのに点数が伸びない。
範囲が狭い定期試験はできるのに、実力テストや模試になると思うように点数がとれない。

そんな方いませんか?

原因としては、試験の出題ポイントが押さえられていないことが考えられます。
そこで、私の授業では、授業の理解度や定着度の確認をする手段として、
生徒さん自身で小テストを作成してもらい、生徒さん自身で解説するという手法を取り入れています。
テスト問題を作るという作業は「どれがテストに出やすいか」を判断する力を身につけることができます。
そして、解説をすることで、学習内容の定着の近道にもなります。

そうして作ってもらったテストに対して私の方でアドバイスを入れていきます。
実際のテストは問題集の中からランダムに出題されるので、問題を見たときに「これは〇〇という単元の問題だ」と瞬時にわかることが試験問題を解くのに大事なことなんです。

試験で120%の力が出せるよう、毎回のテストで解答力をつけていきましょう!
そのような形で、教師と生徒、両方が問題を出し合って、楽しみながら実力を伸ばす。
興味を持っていただいた皆さん、体験授業をお待ちしております!