「お父さん」的な存在として共に目標を目指します!

「お父さん」的な存在として共に目標を目指します!

近畿大学理工学部機械工学科 卒 ヤマシロオンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


はじめましてヤマシロです。

元々大阪市で10年間中学校教師をつとめ、奄美大島でも小学校講師を経験し、
怖そうやけどホンマは優しい、マッチョ先生と生徒からは言われていました。

私を一言でいったら、良いことダメなことをキチンと伝えて導く存在です。
教師生活の10年間で、子どもたちの勉強での悩み、学校生活での悩みなど色んな状況の子どもたちを支援•指導してきました。
子どもたちの日々のちょっとした空気(雰囲気)の違いを感じ、さりげなく話を聞いて、息抜きだけで足りないならアドバイスを伝えるような「お父さん」的な存在でした。

こちらの画像は、転勤時に生徒からプレゼントしてもらった似顔絵です。

教師の経験上、学校は家庭学習の習慣化を家庭でやってほしいと考えています。ですが、親だけの負担にするととても大変です。そういった保護者様の大変さは同じ親として理解できます。

お子様自身が目的、目標、到達点を明確に理解するために、保護者様が望むお子様の姿をヒアリングし、お子様本人とすり合わせします。

まずは、普段の何気ない話や趣味の話など気を張らない会話で、無理強いすることなく、勉強の習慣化を目指します。

習慣化を目指すと同時に、勉強と息抜きのメリハリを大切にしながらテストの点数目標はクリアできるよう指導します。

最終的に、保護者様の望む到達点へと優しく丁寧に導きます。

10年間の教師経験で、お子様自身が将来・進路を見据えて学びに向かえるよう、指導します。目標に向かって共に進みましょう。