大学受験、そしてその先グローバル人材として活躍できることも見据え、楽しく勉強していきましょう!

大学受験、そしてその先グローバル人材として活躍できることも見据え、楽しく勉強していきましょう!

イギリス大学院修士課程修了 河上オンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次



Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは。
慶応義塾大学卒業、イギリス大学院修士課程修了
元国連職員の河上と申します。

私が指導で1番大切にしていきたいことは、
科目を好きになってもらうことです!

私は実は、最初からいい成績だったわけではありません。
中1の時の成績は中。英語についてはちんぷんかんぷんでした。
成績がよくなった人生のターニングポイントは、中学3年生のときにアメリカに短期留学させてもらったことでした。私のつたない英語で現地の方と会話を交わす中で、初めて英語って楽しい!と思いました!

帰国後、英語=楽しい、に変わりどんどん成績が伸びました。

英語にひっぱられるように他の科目も勉強して理解することに楽しさを覚え、うなぎ上りに成績がアップしました。
最終的には国連の職員としてアフリカ、アジアなどで世界中から来ている同僚と共に、英語やフランス語を使って仕事をしました。

国連で色々な国籍の人と仕事をする中で、国際的な舞台で活躍していく上での日本人の強みと弱みを知りました。日本人は他の国の人に比べて最も時間や約束に忠実、仕事が丁寧、といったいい点があります。弱みとしては、やはり英語でコミュニケーションをとることが苦手ということです。したがって英語を武器にできるようになれば、日本人として国際的な舞台で最大限に能力を発揮していくことができると確信しています。

大学受験、そしてその先グローバル人材として活躍できることも見据え、楽しく勉強していきましょう。