スモールステップを意識した無理のない指導方法を選定します!

スモールステップを意識した無理のない指導方法を選定します!

別府大学短期大学部専攻科初等教育専攻 卒 ありかオンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


はじめまして。元小学校教諭のありかといいます。

私は一言でいうと、生徒さんや保護者様からは「ありか先生は優しい」と
口をそろえて言っていただけるような先生です。

特別支援学校の免許と、
現場での支援級や療育の経験、
フリースクールでの不登校の生徒さんの指導、
そして自分自身も長期間不登校、
障がい児兄弟であるため、
「発達障がい」や「グレーゾーンと言われるお子さん」
「不登校」指導を得意としています。

その経験を踏まえ、
生徒さんとは個々の苦手も
ひとつずつクリアできる内容から

無理なく「できた」の体験を増やし、
基本は褒めるように意識しています。


また中には、どうしてもお話を聞いてほしい、
自己肯定感を高めないとモチベーションが上がらず
学習になかなか手がつかない生徒さんもいますが、

その場合は保護者様と相談・確認後、お話タイムの時間を取るようにして、

学習とのメリハリをつけたいと思っています。

宿題については、保護者様のご希望がある場合のみ出しています。


更に、ワーキングメモリーが低くて悩んでいる生徒さんには、
間違い探しや点つなぎなどのコグトレをはじめ、
様々な学習対応が可能です。

保護者様には、お子さんの頑張った点や良い面を伝え、

保護者様の悩みに寄り添いながら
お子さんの成長につながるよう、

無理のないスモールステップを意識した
ご納得のいく指導方法を行っていきます。
ご連絡をお待ちしております。