突破力となるのは、法則や公式を裏付ける『理論』に対する理解です

突破力となるのは、法則や公式を裏付ける『理論』に対する理解です

東京大学 工学部機械工学科 卒 カタヨセオンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次



Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


みなさん、始めまして。
カタヨセと申します。

私は、プログラマーとして様々なWebシステムの開発をおこないながら、
専門学校でエンジニアを目指す学生や
学習塾で中高生を対象に、
20年以上にわたって数学や物理などの学習指導にたずさわってきました。

さて、みなさんの中に、
『教科書の練習問題は解けるのに、
模試などの実戦的な問題になるとつまづく』
という人はいないでしょうか?

それはきっと、『理論』がちゃんと身についていないのだと思います。
私が主に指導している数学や物理には、たくさんの『定理』『法則』『公式』がありますが、
それらには裏付けとなる『理論』があり、その理解なしに使いこなすことはできません。
つまり『なぜそうなるのか』が判るような勉強をしないと、力がつかないのです。

しかし、公式や『問題のパターン』を暗記するという勉強の仕方をする人は多くいます。
それはそれである程度は問題を解けるようにはなるのですが、
入試問題のように高い応用力や理解力を試される場面では、
解き方の暗記だけでは対処できない問題が多く出題されます。

そのような問題に当たった時の突破力となるのは、
法則や公式を裏付ける『理論』に対する理解です。
そのため、授業では、厳選した問題をじっくりと解いていくという
演習を行うことが多くなると思います。
問題の数をこなすよりも、少数の問題をより深く理解することが成績アップの近道である、
と私の20年以上の経験から自信を持って言えます。

難関校狙いだけではなく、学校の通常授業で躓いてしまっている場合でも、
ちょっとした『理解』によって壁を突破できることはよくありますので、
そのような方からのご希望にもお応えしたいと思います。

お問い合わせをお待ちしております。