プロを指名できるオンライン家庭教師

暗記と記憶の違いって分かりますか?

暗記と記憶の違いって分かりますか?

筑紫女学園大学 文学部 英語学科卒 吉川オンライン家庭教師にインタビューを行いました!


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


みなさんは暗記と記憶の違いって分かりますか?
例えば今回のテストの成績は良くても、期末テストでは下がっていたということはありませんか?

それはその場限りの「暗記」をしているからです。
暗記とは、暗記しようと思ってするものですよね。
一方で記憶とは、身について長く続いていくものです。
記憶はしようと思ってするものではなく、結果として覚えている状態のことを言います。
記憶するうえで大切なことは、全身で取り組むことです。頭で考えるのはもちろん、目で見る、声に出す、耳で聞く、手で書く。そうすると、体のどこかが覚えていて反応するようになります。
この方法は、きちんと内容を理解していないと進みません。

そこで、ちゃんと理解しているか否かがわかるわけです。
ただの暗記ではなく、長く続く「記憶」にしてしまいましょう。

「わかる」って、とても楽しいことなんです。
わかるとできるようになり、できると好きになり、好きになると楽しくなります。

楽しいに勝るものはありません。
これは自分一人ではなかなか続きません。とはいえ親御さんとだと、身近すぎて反発してしまうこともありますよね。
恥ずかしがらず、苛立たず、全身での勉強が習慣となるよう、コミュニケーションを深めながら共に歩んでいきたいと思います。