どんなに苦手意識の高い生徒さんでも問題に向かうことができます!

どんなに苦手意識の高い生徒さんでも問題に向かうことができます!

東京学芸大学教育学部理科専攻 卒 まりこオンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは。マナリンクのまりこです。理系科目を担当し、教員歴は13年になります。
理科や数学が苦手で手も足も出ないという方はいらっしゃいませんか?

そんな生徒さんの力を劇的に伸ばしてくれるアイテムがあるのをご存知でしょうか?

そう、電卓です。私の授業では、『超電卓学習法』で学力をぐんぐん伸ばしていきます。
電卓を使うなんて、逆効果ではと思っている方、いらっしゃいますよね。

こちらの図をご覧ください。理科や数学の文章問題を解くためには、大きくこの2つの壁を越えなければいけません。1つ目の壁は『文章問題を読み解き、式を立てること』2つ目の壁は『正確に計算すること』なんです。理系科目の授業では、短時間にこの2つをこなしていきます。でも、これは苦手意識の高い生徒さんにとっては相当な負担です。

私の授業では、まず、①のトレーニングを行っていきます。問題文にマーカーを引きながら、読み解く練習をしていきます。式が立てられたら、次は電卓の出番です。どんな風に電卓を使用するかは、ぜひ体験授業でお試しください。

また、基礎的な計算力をつけるトレーニングも並行して行うのでご安心ください。

スモールステップで目標を立てていくことで、どんなに苦手意識の高い生徒さんでも問題に向かうことができます。学校で指導経験があるからこそ、きめ細かな指導には自信があります。

ぜひ、理科や数学の苦手をなくしていきましょう!一緒に頑張りましょう!!