まずは体験授業で、御自身の癖を発見してみませんか?

まずは体験授業で、御自身の癖を発見してみませんか?

早稲田大学 社会科学部 卒 みどりオンライン家庭教師にインタビューを行いました!


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは。英語と現代文担当のみどりです。
私は早稲田田大学在学中4年間、学習塾にて集団授業の講師をしておりました。性格も、習熟度も十人十色の、様々な生徒様と関わって参りました。

そんな経験をもとに、私が1番大切だと思うことを皆様にお尋ねします。
突然ですがみなさん ご自身の“勉強の癖”を知っていますか。
実は勉強をするうえでもそれを知っているか知らないかでは、日々の結果が大きく変わってきます。

勉強の癖というのは、勉強をするうえでよくやりがちな思考・行動パターンのことです。
たとえば、綺麗なノートを作ることに時間をかけがちで、そのノートの中身を見たらいつも同じような時制やスペルミスなどをしている。そして、本人はその間違いに気づけていない。

文章を全部読みきることに集中し、肝心のポイントが何かをつかむことが出来ず、同じところを何度も繰り返しよんでしまう。そして時間内が足りなくなって、問題を全部解ききれない。こういったこと、のことです。

私の授業では、生徒様と沢山会話をしてコミュニケーションをとります。時には勉強以外のことも会話をし、生徒様の考え方・勉強の癖を理解致します。

そのうえで個々人に応じた目標設定を毎回の授業の前に行い、授業後にはその目標が到達できたかどうかを生徒様と一緒に振り返ります。また、改善点等をまとめた丁寧なフィードバックもお送り致します。

授業内でのインプット・アウトプットは勿論のこと、フィードバックを活かしながら宿題に取り組んで頂き、次の授業で前回の授業の確認テストを行う。このサイクルを繰り返し継続し出来る事を確実に増やしていくことをお約束致します。


まずは体験授業で、御自身の癖を発見してみませんか。
ご連絡お待ちしております。