間違いをできた!に変えていきます

間違いをできた!に変えていきます

神戸市外国語大学 卒 久美オンライン家庭教師にインタビューを行いました!


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


こんにちは。オンライン家庭教師の久美です。公立中学校での英語教師を経て、個別指導塾で小中高生への英語指導をして8年目になります。同時に日本語教師としても指導にあたっています。

授業で大切にしていることは「気づき」です。学校の授業は分かる、でも定期テストでは思ったほど点が取れないということはありませんか。それは分かるができるにつながっていないからです。

原因の一つは演習不足です。そしてもう一つは学習に「気づき」がないからです。自分で気づいたことは習得効果を促進します。例えば、私の授業では間違いを訂正しません。

ポーズを入れたり、「もう一度。。。」と促したりして、自ら間違いがあったことに気づいてもらいます。そして段階的にヒントを与えて自ら正答できるように導きます。自分で気づいて訂正したことはより記憶に定着しやすくなります。間違いをできた!に変えていきます。

その小さな成功体験の積み重ねが自信となり英語が好きになっていきます。良い連鎖が起こり英語が得意科目になった生徒さんがたくさんいます。日本語学習でも同じです。

さらに、定期テストを作成、採点してきた経験を生かした定期テスト対策を行い、まずは次のテストで得点アップを狙いましょう。目標は何点ですか?

答えは授業で聞かせてください。