苦手な国語も受験の得点源の科目にします!

苦手な国語も受験の得点源の科目にします!

佛教大学大学院修士課程修了 佐伯オンライン家庭教師にインタビューを行いました!

目次


Q.指導の上で大切にしていることを教えて下さい


はじめまして。「国語を得点源にする!」佐伯です。18年間、進学塾や中学校で国語教師として務めてきました。
私は、文章題の量と質、特に文章題の解答の作り方とその根拠については徹底してこだわります!

例えば、選択肢や書き抜きの解答でも、「なぜその答えになるのか」、本文に基づいた根拠を示せて初めて理解していると判断します。本当に分かって答えているか、答の理由として、「本文の〇行目に▢と書いてあるから、答は☆になる」と明快な論理を求めます。

試験ではどのような文章題が出るかわかりません。どの文章にも通用する読解力をつけるためには、解答の根拠を把握し、それを私に説明するという訓練が1番効果的です。
私の指導を受けることで、国語は苦手だったけど、受験の得点源の科目にできた!という声を多くいただきました。

このことは、教師になった当初から一貫して行っており、18年間指導経験を通しても、やはり国語の一番の土台であると確信しています。
国語という科目は、継続してコツコツ頑張る必要があるため、前向きな気持ちでしっかり取り組める生徒さんを歓迎します。

私はこれまでの進学塾や学校では宿題が多いことで有名でした。
宿題は
①授業での解説・解析のための準備
②文法・言葉を定着させるための反復として出題しますので、必ず取り組んでください。