その他の科目

9月に、高校3年生に起こりうる気持ちのゆらぎ TOP3【第2位】

1

2021/9/15

今回は、


「9月に、高校3年生に起こりうる気持ちのゆらぎ TOP3」


について、お話ししていこうと思います。


【前回のお話はこちら】

https://manalink.jp/teacher/10656/blog/446



◎9月に高校3年生の学生さんに訪れる

【気持ちの揺れポイント】TOP3



2 夏休み明け最初の模試・テストで揺れる



夏休み明けって、実は毎月模試があります。

毎月どころか、週ごとにある場合もあります。


当然、自己採点や見直しをしたタイミングで

「できてないじゃん…」とか

「あの問題見たことあるはずなのに…」とか

感じてしまいます。


それもそのはず。


だって、基本的に夏休みに勉強したことが

「定着している」状態の方が珍しいんだから。


この夏休みで、

問題集を3周出来た人って

どれくらいいるんだろう…?


教科書を10回読み込めた人って

どれくらいいるんだろう…。


1周やりきれて「やった~!」って思ったり

1周やり切れなくて「足りなかった…」と思ったり。


要は「量をこなして定着していく」段階まで

まだ入れていなかった人が多いはずなんです。


だから、

9月の模試で「点数が爆発的に上がる」なんてこと

なかなか起こりません。


けど、たくさん頑張ったはず。

周りと比べて、ではなく、今までの自分よりも

たくさん頑張ったはず。


なのに、点数が伸びない…。


落ち込むのも

気持ちが揺れてしまうのも、当然です。




そして、基本的に夏休みの勉強って

「できるようになるための実践練習」じゃないんです。


「できないことを潰す」ための勉強だったり

「習っていない部分を先に学ぶ」目的の勉強だったり


マイナスをゼロに近づけていく


ための勉強だったのだから。


だから、


自己採点や見直しでは手応えがあったとしても


結果が返ってくると、

「意外と偏差値が上がっていないな…」

「意外と志望校判定がよくなっていないじゃん…」



そんな思いに、なりがちなんです。



これは、学生さんだけじゃないです。



保護者様も同じです。


もしかしたら、

保護者様ご自身に受験の経験がある方が

お子様のマイペースさが気に障ったり

先が見えていて、焦ってしまったり


学費や塾代や家庭教師代を払っている分

思ったより効果が出ないことに苛立ちを覚えることも

あるかもしれません。



保護者様の方が、焦り始めてしまうことも

この時期多いんです。


それがきっかけで

ご家庭の雰囲気が悪くなったり

喧嘩や口論に発展してしまうこともあります。


「受験にメンタルは大切」



メンタルを大切にできない時間が訪れてしまう

なんて状況に、陥ってしまいがちなんですね。


だからまずは、

「テスト・模試で気持ちが揺れるのは普通」ということと

「学生だけじゃなく、大人だって気持ちが揺れる」ということを

知っておくことが大切なんですね。



◎こうやって対応しましょう😊


今回は、学生さんも保護者様も、

次の3つを意識してみてはいかがでしょうか?


① ”夏休みの勉強「だけ」では成績は上がらない”と覚悟しておこう


逆にいうと、

夏休みにしっかり勉強してきたならば

「成績が上がるのはこれから」です!


マイナスをゼロにするための努力


が今までの努力だったのだから


これからは「ゼロをプラスにしていく」ための努力が必要です。


過去問演習をする

類題を解く


ことで、できるようになっていきます。


今までやっていた勉強は

「基礎を作る」段階だと思ってください。


家を作っているとイメージしてください。


土地がならされて、

基礎ができただけなのに

「まだ全然家が建ってないじゃないか!!」

「今まで大工さんは一体何をしていたんだ!」

って怒ると思いますか?


そんな人、いないと思うんです。


むしろ

「これからどんな家が立つんだろう?」

「完成が楽しみだな~」と

心躍らせるんじゃないでしょうか?


今あなたは、そういう時期です。


「これから成長する自分」を想像して

努力してみてください!



② 課題を見つめる


気持ちが揺れるのって

「何をすればいいかわからない」ときだったりします。


夏休み頑張ってきて

自信もついて、やる気も最高潮だったのに、

結果が出なかった…。


そりゃ、落ち込みますし

気持ちも揺れます。


けど、それって実は

「何すればいいかわかれば」解消するものでもあるんです。


冷静に現状と課題を分析して

次に何をすればいいか考えて実行する


実は、普通で地味なことが、一番大切だったりするんですね。



③ 相談してみる


「冷静になって!」

そう言われても、冷静になれないから、

気持ちが揺れたり、悩んだりしてしまうんですよね。


そんなときは、逆説的ですが、「洗いざらい話してみる」ことで

解決したり、新しい視点を持てたりします。



学校の先生でも、ご家族でも、大丈夫です。

安心してください。

大人は、頑張る子どもの味方ですから。


ぜひ腹割って話してみてくださいね😄



今回は「9月に、高校3年生に起こりうる気持ちのゆらぎ TOP3」

の第2位を発表してまいりました。


ご参考になれば幸いです。


次回は、第1位を発表していきたいと思います。

次回更新をお楽しみに!!


お読みいただき、ありがとうございました‼️



*************************************************************************

私、若田部は、マナリンクにて、

【受験カウンセリング】コースを開講しております。


元塾講師の現役カウンセラーならではの視点で

お悩みの解決をサポートしています。


ご興味いただけましたら、

お問い合わせお待ちしております😊

**************************************************************************


1

この先生の他のブログ