プロを指名できるオンライン家庭教師
理科

中規模撹乱

1

2020/12/18

高校生物でも学習しますが、『中規模撹乱説』というものがあります。

生物の多様性の話なのですが、撹乱が大規模だと、生態系が破壊され、バランスが崩れて多様性は失われる。撹乱が小規模だと、種間競争に強い特定の種だけが生き残り、やはり多様性は失われる。しかし、撹乱が中規模だと、それぞれの環境に応じた、多様な種が共存するようになり、多様性が増大する。という説です。


我々は普通に生活していると、無意識に昨日までと同じことをしてしまいます。

朝コーヒーを飲む人は、とくに気にせず毎日コーヒーを飲む。

丼ぶり屋さんで、カツ丼を頼む人は、とりあえず今日もカツ丼を頼む。

帰宅するルートは他にもあるけど、とりあえずいつも通っている道で帰る。

など。これ自体は全然悪いことではありません。


しかし、これは過去の習慣から無意識にやってしまっているのにすぎず、実は最適解(ちょっとこの言い方は語弊がありますが)があるのにも関わらず、みすみす見逃してしまっている可能性があります。なので、私は意図的に普段とは違った選択肢を取るようにしています。

パン屋さんに入ったら食べたことがないパンを買う。(そもそも行ったことがない新しいパン屋さんに入る)→実は自分が知らない、もっとおいしいパンがあるかもしれない。

たまには違う道で帰宅する。→いいお店があるかもしれない。実はそっちの方が近道かもしれない。

普段は地味な服しか着ないが、たまにはあえて派手な服を買って着てみる。→恥ずかしいと思うのは自分だけで、周りから見れば全然普通かもしれない。

など。


これは撹乱の規模でいうと中規模(小規模に近い)ですが、例えば、

大規模撹乱:FXで100万投資する、街で素っ裸になる(犯罪ですが)、家を出て山奥で悟りを開く→やりすぎで、人生が崩壊する恐れがあります。

小規模撹乱:髪を少しだけ短く切る。寝る時間を10分早める。普段使っている鉛筆をHBからBに変える→実感できない程のごくごく小さな変化しか起こらないでしょう。

となり、メリットがありません。


私は最近は、格闘技と和服に興味を持ち始めました。

格闘技は子供の頃にK1(アーネストホーストやボブサップが全盛の時代)を見るのが好きでしたが、今更ながらまた観るのが楽しくなり、自分自身も鍛えるようになりました。

和服は自分は将棋が好きで、将棋のプロ棋士の方はタイトル戦という大きな対局では和服を着られる方も多いのですが、それを見てかっこいいなあと思い、自分も買って着てみようかと思っています。(まだ買ってない)

将来は、『筋肉系将棋youtuber(和服を着て、ラップを口ずさみながら対局する)』でもやってみようかな(笑)

これからも生活の至る所で、意識的に『中規模撹乱』をしていこうと思います。


※ 筆者にとって、このブログを書くこと、マナリンクでオンライン講師を始めたことが中規模撹 乱です。

1

この先生の他のブログ