#10 土台づくり

1

2022/7/27

こんにちは!不安定な天気が続きますね。

またコロナも再流行しています。

低気圧で体調を崩すこともありますから、しっかりと休息をとりましょう!


さて、今日のトピックは「土台づくり」です!


これは私の実体験&実際に今までの生徒さんでよくあるパターンです!


まず私の実体験からお話しします。

中学時代、数学が好きで社会は苦手でした。そのため、勉強の熱量の差がありました。

高校受験の際も、とにかく社会をカバーするために数学を頑張って勉強した記憶があります。


しかし、高校に入っても「現代社会」や「世界史」「日本史」など、まさに私が苦手とする科目が沢山ありました。


社会の苦手が高校まで続くとは思っていませんでした…。というのも、数学は中学時代に基礎をしっかり固めてから進学できたのに、社会は「とりあえず覚えれば良い」という考えで乗り越えてきてしまったのです。そのため、正しい勉強法が身についていませんでした。


一番驚いたことは…高校1年生の最後の定期テストです。

現代社会が勉強したのにこの点数?と思うことがしばしば。

一方の数学は、冬休み期間は課外授業に参加し、さらに冬休み明けの学習の予習もしていました。

冬休み明けから定期テストまでの1ヶ月間、現代社会を中心に頑張って勉強しました!

勉強のやり方を一新したのです。

我流では得点につながらないということで、担当の先生から配られたプリントを1枚やってはチェックを受け、2枚…3枚…数えること7枚!

結果的に92点という点数を取れました!

一方の数学は、「貯金」があったため、ある程度復習していけば大丈夫だろうと思い、結果93点(現代社会より上だったので93点以上なのは確実)でした!


このように、我流では勉強しても得点につながらないことが多いのです。

これまでの指導でも、社会が伸び悩んでいる生徒さんの共通点は、土台ができていなかったことでした。


社会は暗記ではなく理解。これを徹底すれば必ず伸びます!


では、どうしたら伸びるのか?

これについて明日また書きます!それではまた!

1

この先生の他のブログ